お墓の修理・建て替えの流れ、費用や時期

頑丈な石で作られたお墓も、長い年月が経てば傷みが出てきます。

でも、どのくらいの傷みが生じたら修理や建て替えをするべきなのでしょう?

また、どのようなタイミングや流れで行い、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここではお墓の修理・建て替えに必要な基礎知識と、

実際の流れについて詳しくお伝えしていきます。

お墓の建て替えの基礎知識

お墓を建て替えるといっても、ただ墓石を取り換えれば良いというわけではありません。

必要な手続きや供養もあります。

実際の流れは後述しますが、まずは基本的な情報を知っておきましょう。

お墓の建て替え基礎知識

  • 立て替えられるのは名義人のみ
  • 親族・管理者・石材店への相談・連絡は必須
  • 閉眼供養・開眼法要を営む(仏式の場合)

では、それぞれ見ていきましょう

立て替えられるのは名義人のみ

お墓には継承者である名義人がおり、墓地の管理者に届けられています

他にお墓の面倒をみている人がいても、

建て替えできるのは登録された名義人だけなのです。

そのため、何らかの理由で名義人が建て替えなどに対応できなくなった場合、

名義人を変更しなければなりません。

名義人変更の手続きは墓地の管理事務所または寺院で行うことができ、

次の書類が必要となることが多いです。

名義人変更に必要な書類

  • 墓地使用権承継申請書(墓地によって名称は異なる)
  • 永代使用許可書
  • 戸籍謄本など(名義人との続柄を確認できるもの)
  • 住民票
  • 実印
  • 印鑑証明書

詳しくはこちらをご覧ください。
お墓の相続の流れとは?税金や維持費、相続放棄について

親族・管理者・石材店への相談・連絡は必須

名義人が建て替えしたいと思っても、親族がいるのなら必ず相談しましょう。

別項で述べますが、お墓の建て替えには100万円ほどの費用がかかるため、

分担して支払う可能性があるならば了承を得ておく必要があります。

すべて名義人が自己負担で行うのであれば、

連絡を入れるだけで問題ないかもしれませんね。

 
一方、墓地の管理者・石材店とはスケジュールを含め細かな打ち合わせが必要です。

新たな墓石を注文する石材店とはもちろんですが、

墓石を建て替える間、遺骨を預かってもらったり工事車両が立ち入ったりする関係上、

管理者にもきちんと話を通しておくようにしましょう。

閉眼供養・開眼法要を営む

仏式の場合、お墓を建立したときに墓石に魂を入れる「開眼法要」を行っています。

このため、お墓を建て替えるには墓石から魂を抜いて元の石に戻す閉眼供養」をし、

新しい墓石には改めて開眼法要」を行わなければなりません。

供養は菩提寺の僧侶に営んでもらうのが一番ですが、

墓地が寺院の敷地にない場合は建て替えの話を伝えて日程を調整する必要があります。

また、菩提寺がない場合は墓地の管理者や石材店に僧侶を紹介してもらいましょう。

お墓の建て替えまでにすべきこと

縁起が気になるお墓の建て替えですが、タイミングに良し悪しはないとされています。

建て替えは祖先の家をきれいにすることになるので、

むしろ思い立った時がタイミングともいえるでしょう。

しかし、建て替えを決断するまでには悩み事も多いものです。

ここではお墓を建て替えるまでについて触れていきましょう。

修理?立て替え?

丈夫な石で作られたお墓も何十年という時を経れば艶が失われ、

傷やひび割れなどが生じてきます。

これらは石質や施工当時の技術によっても左右されますが、

気候の変化が原因で起こる自然な劣化が多いので、ある程度仕方のないことです。

しかし、こういった損傷を見つけたとき、気になるのは修理するか建て替えるかですね。

 
まずは施工した石材店に連絡し、お墓の状態を確認してもらいましょう。

特に代々引き継いできた古いお墓は内部の状況まで判断することが難しいので、

プロに見てもらうことをおすすめします。

通常、大きい傷やヒビ割れは何らかの対策が必要になることが多いです。

なぜなら、そこから雨水などが染み込み、内部にまで傷みが広がってしまうからです。

軽度であればパテで傷を埋め、

石の色に合わせた塗料を塗って目立たなくなるように修理をします。

ただし、パテは石のように耐久性があるわけではないので、

剥がれてきたら再度補修が必要です。

傷が複数あったり補修が度重なったりして気になるのであれば、

建て替えた方が良いかもしれません。

また、墓石自体の傷みが進み、欠けるなど損傷が激しい場合は修理では補いきれず、

倒壊などの危険も考えられるので、建て替えが必要と判断されることもあります。

 
一方、「墓石が傾いた」「土台にすき間ができた」などの状態は処置が必要です。

内部に水が入り込んだり、バランスが崩れたりして

将来的に破損や倒壊につながったりする可能性が高まるからです。

こういった事例は施工のミスや技術の問題・地盤の変化により生じることが多く、

傾きだけならばお墓を組み直すことで改善できます。

ただし、原因が地盤にある場合は組み直しても再発してしまいますから、

お墓を解体してから土の増減や突き固めなどの作業が必要になることもあります。

 
また、隙間が生じる原因として、

ひと昔前まで目地に使用されていたセメント剤の劣化によるものが多くあります。

この場合、現在主流となっているシリコーン製のコーキング材を使用して補修します。

ただし、内部に入り込んだ水分によってカビやコケが発生したり、

石に傷みが生じたりした場合には組み直しや建て替えが必要になることがあります。

いずれの場合も石材店によく相談して、費用と併せて善後策を練りましょう。

できれば3社ほどから見積もりを取って業者を選定し、

親族との協議時(次項参照)にはその見積額を元に話し合うと良いでしょう。

 
なお、お墓をきれいにしたいけれど予算がない…という場合、

目立った損傷がなければ「クリーニング」という選択肢もあります。

石の表面を研磨し専用の洗剤で清掃すると、経年劣化によって失われた艶が戻り、

コケなどの汚れが取り除かれて、見違えたようにきれいになりますよ。

親族との協議

お墓は名義人が管理するものなので、

基本的に親族の同意がなくても建て替えることは可能です。

でも、お墓は名義人やその家族だけのものではありません。

次の継承者問題も絡みますので、

そこに眠る人の縁者に話を通さないと、トラブルに発展することも少なくないのです。

特にお墓の建て替えには100万円前後の費用がかかります。

これを親族にも負担してもらうのであれば、事前の相談は必須です。

次の点を明示して、理解を求めると良いでしょう。

親族との協議のポイント

  • なぜお墓を建て替えるのか
  • いつ工事するのか
  • どんなお墓にするのか
  • 施主・承継者は誰か
  • 費用の分担はどうするか

 
まずは「お墓を建て替える理由」を説明しましょう。

お墓はあるが満杯で納骨できない、たくさんあるのでまとめたい、

傷みが酷いので新しくしたい、倒壊しそうで危険…など率直に伝えます。

破損があるのなら写真を用意するとわかりやすく、納得も得やすいでしょう。

 
お墓の修理や建て替えは前述の通り日を選びませんが、

工事をする時期には配慮するようにしましょう。

できれば誰かの法要に合わせてきれいなお墓を披露できるといいですね。

お墓に行く機会が少ない人も、法要を兼ねていれば都合がつきやすいはずです。

そして、お盆やお彼岸などお墓参りをする人が多い時期は避けて設定する方が無難です。

併せて工事期間も伝えておきましょう。

知らずにお参りに行ったら、解体されていてお墓がなかった…

ということがないよう、親族には漏れなく伝えておくようにします。

 
また、「新しいお墓の完成図」についても話しておきましょう

特に伝統的な和型から洋型・デザイン型の墓石にするのであれば、

イメージが大きく変わるので、きちんとした説明が必要だと思います。

もしかしたら親族の中にも「線香の火が消えやすい」「高すぎて威圧感がある」など、

今までのお墓に不満を感じていた人もいることでしょう。

付け加えたいアイディアが出るかもしれませんね。

こういった要望を織り交ぜることで納得してもらいやすくなることもあります。

 
そして、「施主と新しいお墓の継承者は誰か」「費用の分担をどうするか」

併せて相談しておきましょう。

施主には現在の継承者がなるのが一般的で、

お墓の建て替えに必要な石材店との交渉や僧侶の対応など一切を担います

大変な役割ですが、施主を明らかにした方が話をまとめやすく、

トラブルを回避できることもあります。

また、お墓の継承者は代々その家の長男が引き継いでいくのが慣習で、

法的な規制はありませんが、多くは墓地管理者が定める範囲で継承するのが一般的です。

ほとんどの場合、建て替えを提案した継承者の家の子どもがなるでしょう。

そのため、費用は親族で等分するよりも、

提案者かつ次期継承者のいる現継承者の家が多く負担する方が

スムーズに話を進めることができます。

しかし、最近は少子化による墓地の継承者問題も深刻で、

継承者の子どもが引き継ぐとは限りませんから、

その場合は現・次期継承者の両家で多めに負担するなどして

条件に合わせつつ割り振ると良いでしょう。

なお、継承者などお墓の相続については、こちらの記事で詳しく触れています。
お墓の相続の流れとは?税金や維持費、相続放棄について

建て替えの流れ

それでは具体的に、お墓の傷みが気になってから修理や建て替えまでの

一般的な流れを見ていきましょう。

①現状確認・見積もり依頼

前述の通り、劣化の度合いは素人では判断が難しいため、

石材店にお墓を見てもらい、修理か建て替えかを判断してもらうと良いでしょう。

施工した石材店がわかっている場合は同じ店に依頼した方が、

墓石や建立時の情報を持っているので良いと思います。

施工店がわからないなど、新たな石材店にする場合は

数社に依頼して見積もりを取ることをおすすめします。

見積もりをよく確認し、不明な点は必ず確認してから依頼しましょう。

現状確認の際は立ち会った方が話を詰めていきやすいですが、

無理な場合は墓地名・住所・区画番号を伝えると、石材店が出向いて調査してくれます。

②石材店との打ち合わせ・契約

石材店が決定したら、詳細の打ち合わせをしていきます。

墓石の材質、型、文字の書体、花立てなどの付属品、

墓碑や外柵は残すのか新たに設置するのか…など、一つずつ確認していきましょう。

お墓の構造についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、ご参照ください。
お墓・墓石の種類、選び方とは?デザインや文字、石質について

設計が終わると、石材店がCADや3Dを使って

イメージしやすい立体的な完成図を見せてくれます。

敷地に合成した写真を用意してくれる業者もありますよ。

修正してほしい箇所があれば、この時点でしっかりと伝えておきましょう。

問題がなければ契約を結びます。

③閉眼供養

お墓を移動したり建て替えたりする場合は、

墓石の“竿石”に宿っている魂を抜く「閉眼供養」を僧侶に行ってもらいます

宗旨や宗派によって「御魂抜き」「お精抜き」「遷仏法要」などの呼び名がありますが、

目的は同じです。

菩提寺があればそこの僧侶に、

なければ石材店か墓地管理者等に紹介してもらうと良いでしょう。

閉眼供養はお墓の継承者を中心とした少数の身内だけで行っても大丈夫です

喪服を着る必要はありませんが、

色味を抑えたスーツやワンピースなどの服装が適しているでしょう。

また、読経などの供養をしてもらうので、お布施を用意しておきましょう。

菩提寺との付き合いなどにもよりますが、相場は1万~5万円くらいと言われています。

石材店の紹介なら担当者に尋ねる方法もあります。

お布施は白い無地の封筒に入れ、表書きは「御布施」または「閉眼供養料」とします。

僧侶に交通機関を利用して足を運んでもらう場合は、

お布施とは別に「御車代」も包んでおきましょう。

相場は3千~5千円くらいですが、距離に応じて渡すようにします。

なお、工事期間中はお骨を寺院や管理事務所で預かってもらいます

④施工(修理・解体工事・基礎工事・据付工事)

隙間の修理などお墓を建てた状態でできるものは、

周囲に防護シートなどを設置してその場で作業を行います。

一方、傾きの修繕や建て替えの場合はお墓の解体が必要です。

組み直すだけの場合でも石と石の接合面を研磨し直すことがあるため、

墓石を移動することがあります。

さらに、傾きの原因が土壌にある場合には、

土を掘り返して基礎固めを行うなどの基礎工事が必要になります。

⑤引き渡し

すべてが完成・終了したら、引き渡しとなります。

必ず立ち会い、図面や契約事項などと照らし合わせながら、

間違いがないか確認しましょう。

多くの場合、引き渡しと同時に開眼法要・納骨を行います。

⑥開眼法要・納骨

閉眼供養をして工事を行っていた場合は、

墓石に魂を入れる「開眼法要(かいげんほうよう)」を行います。

同じ僧侶に依頼するのが良いでしょう。

法要時には墓前に祭壇を設置し、供花・供物や法具なども必要なので、

石材店や僧侶に相談し準備しておきましょう。

通常は開眼供養に引き続き、納骨も行います

 
ただし、ここで注意したいのは閉眼時とは異なり、

開眼時はお祝い事にあたるため、法要として親族を招き行うのが一般的です。

このため、納骨や周忌法要などと同じタイミングで行うと、人が集まりやすいでしょう。

法要後に参列へのお礼の意味を込めて会食の席を設け

僧侶にも同席してもらうこともあります。

会場は霊園内の施設や近くにあるホテルなどの料亭を利用すると良いでしょう。

また、招かれた人がご祝儀を持参する場合があるので返礼品を用意することもあります

 
なお、開眼法要の謝礼として僧侶へはお布施を渡します

相場は3万~5万円ほどですが、

僧侶が会食を辞退した場合はその分を会食代として渡すようにします。

お布施は紅白の水引が付いたものか白無地の封筒に入れ、表書きは「御布施」とします。

会食代・お車代の表書きはそれぞれ「御膳料」「御車代」とし、

白無地の封筒で用意しておきましょう。

参列者の服装は落ち着いた色調のスーツ・ワンピースなどで構いません。

ただし、四十九日の納骨や一周忌など

死後間もない人の周忌法要を併せて行う場合は喪服の方が適切です。

お布施の袋も弔事を優先し、紅白の水引は使わないようにしましょう。

修理・建て替えの費用

修理・建て替えには相応の費用がかかりますが、

依頼する石材店や状況によって大きく異なります

これは、お墓と石材店との距離(出張料)や、

お墓周辺の環境(搬入出経路、クレーン設置の可否など)によって変わるからです。

そのため、複数社に見積もってもらうことをおすすめします。

しかし、費用の見当が付かないのも不安ですから、

下表を参考に検討してみると良いでしょう。

最近では地震による倒壊を防ぐための「耐震加工」も需要があります

また、単独工事よりも共通工程があるものをまとめて行うと割安になるので、

石材店に相談しながらどの範囲で行うか決めることをおすすめします。

《 修理・建て替え費用の相場 》
種類 内容相場
クリーニング高圧洗浄
15,000円~
墓石の研磨 25,000円~
修理 目地の補修~5万円
ズレの修正
・組み直し
竿石 約1万円
柴台 約5万円
全体 約30万円
土壌から 約100万円
植木などの撤去 5,000~20,000円
付属品交換
(花立て・香炉・灯篭など)
5,000~200,000円前後
建て替え・現在の墓石の撤去・処分費用 15万~50万円
 (立地による。新しい墓石の設置費に含むこともある。)
・新しい墓石代と加工・設置費 約120万円〜175万円
 (全国平均)
その他 耐震加工竿石のみ 1万円
全体 5万~7万円

石材店への支払いは完成後に全額支払う場合と前金制の場合があります。

分割払いやクレジットカードの使用が可能かどうかも確認すると良いでしょう。

なお、お墓を建ててから5~10年以内であれば保証期間内である可能性が高いため、

確認することをおすすめします。

ただし、災害は適用外のことが多いので、

墓石用の地震保険や天災に対する補償サービスへの加入を検討しても良いでしょう。