お墓の購入の流れとは?場所や時期、手続きについて

自分のために買ったとしても、自分だけのものにはならないのが「お墓」です。

もしかしたら先祖代々受け継いでいくかもしれませんね。

反対に「そんな大袈裟なものはいらない」と考える人もいるかもしれませんし、

継承してほしくても後継ぎがいなくなる可能性もあります。

では、どんなお墓を選び、どのように購入すれば良いのでしょうか?

ここではお墓を購入する時期や建てる場所手続きについてなど、

わかりやすく解説しています。

「お墓を買う」ということ

「お墓を買う」と言いますが、実際に買うのは墓石やそれに付随するものだけで、

土地は「借りる」というのが正確です。

現在の法律では、たとえ自宅の庭であってもお墓を作ることはできませんから、

寺院などが所有する“墓所として認められた土地”を使わせてもらうわけです。

この「墓を建てる土地の使用権」を「永代使用権(えいたいしようけん)」、

その料金のことを「永代使用料」といいます。

つまり、「お墓を買う」ということは、

墓石そのものと永代使用を認められた土地を用意(借用)することなのです。

なお、永代使用権は後継者である子々孫々まで受け継ぐことができますが、

所有物ではないため第三者に譲渡することはできません。

契約書などをよく確認しておくと良いでしょう。

お墓の選び方

お墓は死者を弔うひとつの形で、中に入るのは故人ですが、

そこを心の拠り所としていくのは遺族や友人です。

特に残された家族は、お墓そのものを故人として扱うことも少なくありません。

このため、お墓は残された人達の共有財産と言えるでしょう。

一方で、少子化が進んだ現代においてはお墓の価値観・建て方も多様化し、

選択肢も幅広いものとなっています。

まずは広く情報を集め、自分たちにふさわしい“お墓の在り方”を考えていきましょう。

お墓について考えよう

初めに“どんなお墓を立てたいのか”をイメージしていくことが大切です。

自分が入るお墓なのか、それとも家族が入るお墓なのかでも条件は違ってきますね。

仮に自分のお墓だとしても、それを守っていくのはあなた以外の人になりますから、

家族…特に配偶者や子どもへの相談は不可欠です。

特に後述する3点に関してはよく話し合って決めた方が良いでしょう。

その上で、お墓のタイプを決めていくことをおすすめします。

《 お墓のタイプ 》
お墓のタイプ 説明メリット・デメリット
家墓 子々孫々に受け継がれていく
従来のお墓。
既に所有している場合は選べないが、次世代以降は購入の必要がない。
後継者が必要。
個人墓故人一人だけが入るお墓。 自由にお墓を選べる。
契約期間を終えると家墓などに合祀されることが多い。
費用は割高。
夫婦墓夫婦二人だけの墓。
子へと継承されない。
自由にお墓を選べる。
子世代がいる場合、新たにお墓を建てなければならない。
契約期間を終えると永代供養の合祀墓に移されることが多い。
両家墓2家族を合祀したお墓。
2つの姓が墓石に刻まれる。
長男長女同士の婚姻でお墓の後継者が不足した場合などに作る。
共同墓友人や信仰を同じくする人が
入ったお墓。
法人などの企業が建てたものや、高野山の共同墓などがある。
集合墓
(合祀墓・合葬墓・共同墓地など)
親族でない家が1つの墓石や供養塔などにまとめられた(合祀・合葬された)お墓。
納骨堂やロッカー式のものなど。
墓石を用意する必要がない。
見知らぬ人と一緒に納骨される。
永代供養墓が多いので、後継者の心配がない。
費用も安め。

また、お墓には供養や管理を寺院や管理者が行ってくれる永代供養」を

条件にしたものがあります。

例えば個人墓や夫婦墓の場合、他の人は入らないので、

供養や管理ができるのは子や孫などの代までです。

これではいずれ荒れてしまうので、永代供養契約が条件になっているのが一般的です。

“永代”ではありますが、

通常は三十三回忌・五十回忌あたりをめどに他の人の遺骨と合祀されることが多いです。

後述の「永代供養墓」は、初めから合祀するものを指すことがあるので注意しましょう。

誰と入る?誰が面倒をみる?

日本では“先祖代々の墓”に入るのが慣例でしたが、

近年では地元から遠く離れて暮らしたり血縁よりも自分らしさを優先したりと、

本家・分家の事情以外の理由で新たに墓を購入する人も増えています。

ただし、その墓に誰が入るのかは、非常に大きな問題です。

購入したお墓に入るのは自分だけなのか、配偶者や子供なども入るのか、

また、子供に配偶者がいれば、一緒にお墓に入る可能性も考える必要があるでしょう。

 
一方で、そのお墓の面倒を誰がみるのかも考える必要があります。

お墓の面倒とは墓参りだけでなく、

維持費として管理料やお布施などの支払いも含まれます。

寺院墓地であれば法事などの祭祀も行わなければなりません。

これらを負担するのは子供や孫など後の世代ですから、当事者との話し合いも必要です。

同じお墓に入る可能性がある人には打診しておくことをおすすめします。

いつ買う?

お墓購入のタイミングには「生前」「死後」がありますね。

建立には早くても1ヵ月、通常は2~4ヵ月かかりますから、考慮しておきましょう。

生前であれば自分のイメージに近い墓石や墓所を選ぶことができますし、

お墓は非課税なので節税にもなります

ただし、ローン購入で完済する前に死亡した場合は、

負債として子供などが相続することになるので注意が必要です。

また、お墓を建てた時点から管理費などを支払い続けなければなりません

身内の意見などもすべて耳に入ってくるため、

スムーズに決められなかった場合はしこりが残る可能性もあります。

また、公営墓地など生前購入ができないところもあります。

 
一方で、死後購入の場合、急いでお墓を探す必要が生じます。

すでにお墓があれば納骨は四十九日法要で行うことが多いのですが、

購入する場合は時間的に難しいので一周忌までにお墓を用意し納骨することが多いです。

この場合、納骨と開眼法要(かいげんほうよう:後述)を同時に行えるのが、

大きなメリットと言えるでしょう。

購入は身内に任せるため本人の煩わしさはありませんが、

配偶者や子供は悲しみの中で時間に追われながらお墓の検討をしなければならず、

精神的・金銭的な負担は大きなものとなるでしょう。

また、故人の希望と異なるお墓やスタイルになってしまうこともあります。

もちろん、突然の死であれば死後にお墓を用意するのは致し方ないことですが、

来るべき日に備えて家族に意向を伝えておいたり資金を用意しておいたりなど、

何らかの準備をしておく方が良いことは間違いありません。

それぞれにメリット・デメリットがあるのでどちらが良いとは言えませんが、

お墓のことが気になるのなら生前に手配しておくのも1つの選択肢です。

 
また、先祖代々の墓(家墓)があり、自分が長男やその配偶者であっても、

次男夫婦が父母と同居していた場合などは、自分たちは家墓に入らないかもしれません。

慣習と決めつけず、家族や親族に確認した方がよいこともあるので注意しましょう。

どこに建てる?

墓地を建てる場所(墓所)にはその管理者によって

公営墓地」「寺院墓地」「民営墓地」の3つがあります。

《 墓地(霊園)の種類 》
墓地の種類管理者 特徴
公営墓地(霊園) 都道府県や市町村などの自治体が運営・管理する墓地。多くはその自治体の住人であることが条件。
募集時期が決まっており、競争率が高い。
管理費は安め。
生前購入はできないことが多い。
寺院墓地(霊園)寺院が管理する墓地。
隣接していることが多い。
管理が行き届いている。
墓地のそばで法要ができる。
檀家でないと購入できず、付き合い(寄付やお布施)が必要。
宗派が決まっており、墓のスタイルの自由度は低い。
※宗教宗派を問わず、檀家でなくても購入できる場合あり。
民営墓地(霊園)民間で管理している墓地。
大規模開発・公園タイプが多い。
公営に比べると設備は行き届いているが、使用料や管理費が高いことが多い。
宗教・宗派は問わないところが一般的。
規約などは墓地によって異なるので注意。

それぞれの墓所によって違いも大きいので、

条件だけでなく、お墓と遺族の付き合い方もイメージしておくと良いでしょう。

 
また、遺族が墓参りをすることを考えると、墓所の立地も重要です。

一般的に民営墓地は都市の郊外に作られたものが多く、

古くからある寺院なら都心に墓地がある所もたくさんあります。

身内が近くに住んでいるのなら自治体の墓地は往来も楽ですね。

年配者が訪れることも考えるとアクセスの良さもポイントと言えるでしょう。

条件に合った墓地を探す

これらの点について条件を絞り込めたら、

実際に条件に合う墓地があるか資料を請求して調べていきましょう

インターネットなら条件にあった墓地をまとめて資料請求できるので非常に便利です。

寺院墓地を検討している場合は檀家としてずっとお付き合いしていくことが前提なので、

子供に相談し、できれば一緒に探すと良いでしょう。

 
資料を見て候補を絞り込めたら、実際に見学に行ってみましょう

交通の便は利用してみないとわかりにくいこともあります。

バスや電車なら日中・休日の便数やバス停・駅からの距離も確認しておきましょう。

「徒歩5分」となっていても坂道の可能性もありますから、

購入を決める前に一度は現地を訪れることをおすすめします。

併せて設備も確認しておきましょう。

郊外型なら休憩スペースがあった方が無難です。

売店があれば花や線香をその場で購入できるので、便利ですね。

敷地内になくても、最寄り駅からの道中にないかチェックしておくと良いでしょう。

一般的に、設備が整っていてアクセスのよい墓地ほど割高になりますから、

条件の優先順位を決めておくことも大切です。

また、「○○が見える霊園」といった謳い文句も見かけますが、

今はその通りでも実は周辺が建設予定地になっていて数年後には見えなくなる…

という可能性もあります。

霊園によっては指定の石材店があり、選べないこともありますから注意しましょう。

お墓購入の費用とは?

お墓は高価な買い物ですから、きちんと予算を決めておきましょう。

また、墓石や管理費以外にも必要な費用がありますから、

総額のイメージを持っておくことが大切です。

お墓購入にまつわる費用

  • 墓石本体
    墓石そのもの値段。300種類以上あり、価格も様々。
  • 墓石加工費
    彫刻代、据付工事代、付属品、消費税などを合わせた価格であることが多い。
    文字数が多いなど別料金がかかることもある。
  • ※ 墓石本体+加工費の相場 全国平均で約120万円〜175万円。

  • 永代使用料(永代供養費)
    その土地をお墓として永代使用する権利。
    立地などの条件によって異なるが、全国平均(2017年)約25万~30万円、東京23区は150万~200万円。
  • 開眼法要(別項参照)
    墓石に魂を入れる法要。
    費用は3万~5万円が相場。
  • 管理費(共益費)
    毎年支払うが、数年分まとめて支払う所もある。
    相場は公営で0~8,000円、民営で5,000~20,000円で、寺院墓地では「お布施」がこれに代わる。
  • お布施
    寺院墓地の管理費にあたる。
    相場は檀家としての付き合いにもよるが、6,000~25,000円程度。
    お布施の他に寄付金が必要になることもある。
  • 入檀料
    寺院墓地を購入する場合に必要なことが多く、新たにお寺の檀家となるための費用。
    10万~30万円ほどが相場。

上記の通り、地域差があるので一概には言えませんが、

墓石購入時に必要とされる資金は総額として150万~205万円が相場とされています。

墓石や加工費に関しては前金が必要だったり分割払いできたりすることもあるので、

あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

お墓購入の流れ

それでは、お墓の購入を決めてからの流れとポイントを見ていきましょう。

お墓の購入から完成までの流れ
 

  1. 墓地の検討
    家族や親戚にも相談して、どんなお墓をどこに建てたいのかなど、予算と併せて考えておく。
  2. 墓地の資料請求
    インターネット・電話などでパンフレットを取り寄せ、イメージに合う所を絞り込む。
  3. 墓地の見学・予約
    見学に行き、気に入ったところは予約をしておく。
  4. 墓地の契約
    最終的な決定をし、契約を交わす。
    内容については十分に確認し、気になる点があれば質問してクリアにしておく。
  5. 墓石の決定
    墓地の規定内でイメージに合った墓石や文字などのデザインを選ぶ。
    墓石の周囲(外柵・植え込みなど)も併せてオーダーする。
    石材店と提携している墓地もある。
    必ず宗派を伝える。
  6. 墓石工事の契約
    オーダーの内容や墓地の区画、墓石に刻む文字、家紋、図面、納期、支払い方法などに間違いがないか確認し、契約する。
  7. 墓石の制作
  8. 墓石の据え付け
    完成した墓石を墓地の区画に設置する。
    図面と相違ないか、戒名などに間違いはないかよく確認してから引き渡しを完了する。
  9. 開眼法要・納骨 次項参照

なお、墓石の質やデザイン、文字についてはこちらの記事で解説しています。
★★リンク №48 お墓・墓石の種類、選び方とは?デザインや文字、石質について

開眼法要について

お墓の形をしていてもこの状態では“ただの石”なので、

新しいお墓を建てたときは墓に魂を入れる「開眼法要(開眼供養)」を行います

一般的には四十九日法要か一周忌の納骨時に併せて行うことが多いです。

法要を営むのは、寺院墓地であればその寺(菩提寺)の僧侶、

公営・民営の墓地であれば委託先や石材店の紹介、

または葬儀でお世話になった僧侶に依頼して読経してもらいます。

開眼法要の費用は前述の通り3万~5万円程度ですが、この他に僧侶に対して

  • お車代(距離にもよるが5,000~1万円程度)
  • 心付け(3,000~5,000円程度)
  • も渡すことが多いです。

    弔事である納骨と同時に行うことが多いですが、開眼法要は慶事にあたるので、

    お金を包む袋は弔事・慶事用と別々に用意するか、

    どちらにも適する白無地の封筒を用意するようにしましょう。

    なお、浄土真宗では開眼法要ではなく御移徙(おわたまし)を行うのが一般的です。

    新しいお墓の在り方

    少し前までお墓と言えば家墓を指すのが普通でしたが、

    墓地の高騰や少子化による後継者問題など社会環境が変化する中で、

    お墓に対する考え方も変わってきました

    つまり、“お墓は個々の家で代々受け継いでいくもの”から、

    “自分たちが納得できればその後の世代まで引き継がなくてもいい”というように、

    「期間限定」的な要素を含んだ考え方が増えてきているのです。

    また、あまりにも金銭的な負担が大きいために、

    特に都市部ではお墓を購入するのが難しくなっており、

    お金は生きている人たちのために使いたいという現実面もあります。

    このような背景から、従来とは違った“お墓の形”も生まれたのです。

    ここでは「合祀墓」「納骨堂」「散骨」「樹木葬」など

    比較的新しいお墓について紹介していきます。

    合祀墓(永代供養墓)

    家族・親族だけでなく多数の人と一緒に入るお墓です。

    共同墓」「集合墓」「合葬墓」など様々な名称がありますが、

    いずれも管理者が永代供養をしてくれるため永代供養墓」と呼ぶこともあります。

    かつては後継者のいなくなった家墓などをまとめて合祀したものですが、

    最近では“後継者がいない”、“負担を掛けたくない”という理由で

    初めから合祀を望む人も増えています。

     
    合祀墓は塔や碑のような形をしているものが多く、

    広い納骨スペースがあり、そこに骨壺から遺灰を出して納めます

    多数の人のお骨と混ざるため、納めた後は個人個人を特定するのは不可能です。

    また、遺灰を出さず骨壺ごと納めるタイプもあり、「共同墓地」と呼ぶことがあります。

    複数の家が墓石を共有しているイメージですね。

    骨壺ごと納めても一定期間を経てから合祀する場合もあり、

    共同墓と混同することもありますから、

    検討にあたってはどちらのタイプか確認することをおすすめします。

    納骨堂

    納骨堂の多くは室内にあり、

    コインロッカーのように積み重なった区画の一つに骨壺を納めます

    一般的なお墓を戸建て住宅とするなら、納骨堂はマンションと言えるでしょう。

    それぞれに扉が付いていて、開けてお参りできるようになっており、

    ロッカー式や仏壇式などのタイプがあります。

    合祀墓と違って家ごとに明確な区分があり、骨壺ごと納められるので、

    従来のお墓に近い感覚でお参りできるでしょう。

    屋内のため、天候に左右されずにお参りができ、

    都市近郊に多いのでアクセスしやすいところも多いです。

    代々受け継げるところや、一定期間の後に合祀されるところもあります。

    ただし、維持・管理費が割高なところもあるので、

    数年間の予算で考えた方が良いでしょう。

    自然葬(散骨、樹木葬など)

    近年人気のあるスタイルで、

    墓石を用いず、骨壺から遺灰を出すので自然に還せるのが特徴です。

    自然葬には海や山に遺灰をまく散骨」のほか、

    墓地に遺灰を埋め、墓石の代わりに樹木を植える樹木葬」などがあります。

    特別な許可は不要ですが、

  • 埋葬する場合
    墓地として許可された場所
  • 撒く場合
    海なら漁場になっていない沖合、山なら他人の所有地や水源の近くでなく、自治体が禁止していない場所
  • など、他人に迷惑や不快感を与えないところで行わなければなりません。

    もちろん、供え物は持ち帰るなどマナーを守ることが必要です。

    素人の判断では難しく、後々トラブルを招くこともあるので、

    自然葬を取り扱っている業者に相談すると良いでしょう。

    なお、遺骨は粉末状でなければならないので、散骨前に砕く儀式を行う業者もあります。

    散骨は故人が望むケースも多いですが、

    特に海に散骨する場合は遺族が手を合わせる場所がないとも言えるので、

    一部だけ散骨するなどよく相談してから決断しましょう。