墓じまいの方法、費用の相場と手続きについて

先祖代々の墓を無縁仏にしないための、たった一つの方法が墓じまいです。

墓じまいをすることに罪悪感を感じてしまう人もいるようですが、その必要は全くありません。

むしろ放置してしまうことの方が、ずっと罪深いと言わざるを得ないというのが真実です。

ここでは墓じまいの費用相場や手続きなどについて詳しく解説します。

疑問点などの解決に、ぜひお役立てください。

墓じまいとは

墓じまいとは、今あるお墓を撤去することをいいます。

遺骨はその後散骨したり、永代供養墓や新しい墓地などに改葬したりします。

墓じまいの費用内訳と相場

墓じまいの際必要な平均的な相場を紹介します。

墓じまいに掛かる平均的な費用は1㎡あたり10万円から30万円といわれています。

墓のある場所に重機が入れるか、石の量や墓地の広さ、必要な人手や日数などで大きく変わってきます。

まずは事前に見積もりを取りましょう。

ではお墓の撤去以外に必要な経費を紹介します。

墓じまいで必要なお布施

墓じまいをする際は、最初に閉眼供養を行います。

菩提寺の住職などにお願いし、お経をあげていただき、魂を抜いていただく作業です。

閉眼供養をすることで、墓石はただの石になります。

閉眼供養のお布施は1万円から5万円が相場です。

またお墓をしまうということは、お寺の檀家であることも辞めるという事ですから、離檀料が必要な場合があります。

離檀料の相場は3万円から20万円といわれています。

ただし、お寺によっては全く受け取らないという事があったり、逆に高額の離檀料を請求されたりします。

予め菩提寺の住職に墓じまいをすることを伝え、墓じまいの方法や離檀料などを相談することをお勧めします。

自分本位に事を進めることなく、先祖代々お世話になったお寺に感謝の意を持って、まずは人間関係をより良いものに保つことが大切です。

墓じまい後に改葬する場合の費用

遺骨を新しい墓地に改葬する場合、開眼供養という魂を入れるための供養をしていただきます。

魂入れの供養にお渡しするお布施は3万円前後が相場です。

遺骨を納骨堂に納める場合は、システムの違いによって10万円から100万円ほどと大きく変わってきます。

共同墓のタイプは5万円から30万円、樹木葬は1区画20万円前後の費用が必要になります。

墓じまいの手続き

遺骨はご遺体の一部であるとみなされるため、それを勝手に撤去したり移動したりすることはできません。

墓じまいには、以下のような手続きが必要になります。

 

  1. 墓地の管理者に墓じまいをしたい旨を伝える
  2. 「埋葬証明書」と、改葬先の「受入れ証明書」「改葬許可申請書」などを自治体に提出し許可を得る
  3. 改葬許可証が無いと墓じまいを認められない事態が起きる事があります。
    散骨を考えている場合も、改葬理由欄に「自宅で供養」と書いて改葬許可証を発行して貰うようにしましょう。

  4. 改葬の場合は新しい墓地の手配をする
  5. 閉眼供養を行う
  6. 離檀の手続きを行う
  7. 墓地の管理者によって手続きは異なります。

  8. お墓の解体・撤去を行い墓地を更地に戻す
  9. 遺骨をそれぞれが決めた方法で改葬または散骨する

霊園墓地の場合も更地に戻して返還する事が多いですが、後でトラブルにならないよう事前に契約書で確認をしましょう。

石材店などにお願いする墓石の撤去ですが、お寺が紹介してくれた石材店しか墓地に入れない事があります。

こちらも事前に菩提寺の住職にアドバイスをお願いしておいた方が無難です。

墓じまいの代行業者について

最近は墓じまいを行う人が増えたこともあって、専門の代行業者も多くなってきました。

本来は祭祀権を持つ人が墓じまいをするというのがあるべき姿ですが、様々な理由でそれが出来ないことも多々あるでしょう。

そうした時は、代行業者にお願いするというのも一つの方法です。

墓じまいの代行をどこまでしてもらうかで、費用は大きく違ってきます。

墓じまいの代行をしてくれる業者の種類を紹介します。

  • 行政手続きのみ代行で依頼するなら行政書士や弁護士
  • 墓石の撤去・処分・更地に戻すなどを代行して貰う石材店
  • 墓じまいの一切を代行してもらうなら専属の行政書士がいる代行業者
  • 墓じまいの一部を代行して貰える代行業者

墓じまいの一部を代行して貰う場合など、どこまでを依頼したいのか明確に伝えましょう。

費用については、依頼内容で大きく変わります。

見積もりをお願いし何度も相談しながら、信頼できる業者かを確認する必要があります。

また可能であれば、業者が墓地で作業をしている時に経過を確認するとトラブル回避に繋がる事が多いようです。

墓じまいと永代供養の違い

墓じまいは、あくまでも今あるお墓の魂を抜き遺骨を取り出し更地に戻すという作業をいいます。

墓じまいの後に、遺骨を故人の思い出の場所に散骨したり、新しい墓地に改葬したりなど、供養の方法を選ぶことができます。

一方、永代供養は供養や管理など全てを霊園や寺院に一任するという形式です。

後から供養の方法を変えることはできません。

自分の意志で永代供養を選ぶことで、残された遺族の手を煩わせることなく、また無縁仏になるリスクも回避できます。

墓じまいの後、遺骨を永代供養の方法で改葬することも一つの方法です。

墓じまいと永代供養は、まったく別のものだと認識してください。

墓じまいについてのまとめ

墓じまいは昔から行われてきた、先祖の魂を無縁仏にしないための唯一の方法です。

墓じまいについて紹介した事をまとめてみます。

  • 墓じまいとは墓地を更地に戻す作業全般を言う
  • 墓じまいの費用は納得できる見積もりを取ることが大切
  • 墓じまいの手続きには自治体の許可が必要
  • 墓じまいを代行業者に依頼する時は「何をして欲しいのか」を明確にし見積もりを取る
  • 永代供養は無縁仏になるリスクを排除できる供養の方法である

思った以上に手続きが多いとか、予想より費用がかかりそうだとか、墓じまいを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、お墓の事を気に病んで悶々とした日々を送るより、墓じまいを決断することで晴れやかな気持ちになって欲しいと思います。

そうした決断の一助となる事ができたら、幸いです。2478