手元供養の種類やメリット・デメリットについて

手元供養を希望する遺族が増えている事を知っていますか?

愛する人のお骨を傍において、いつでも話しかけたり思いを伝えたりしたいという遺族の気持ちを形にしたのが手元供養です。

今では手元供養の種類や方法も増えました。

手元供養のメリットやデメリットも紹介しますので、手元供養を考えている人は参考にしてください。

手元供養とは

手元供養とは、遺骨や遺灰を自宅で管理する方法のことで、自宅供養とも呼ばれています。

現在ではその方法も多様化し、手元供養が身近なものになりました。

しかし遺骨はきちんと納骨してあげないと、仏様が成仏できないと伝えられている地域もあり、遺骨を手元に置くことに不安を感じる人も少なくありません。

仏教では、昔から分骨という考え方があり、手元供養も分骨の一つとされています。

手元供養には二つの方法があります。

  1. 遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する方法
  2. 墓地や寺院へ納骨したうえで、一部だけ自宅で保管する方法

どちらも方法を選ぶにしても、メリットやデメリットを理解し、後々のトラブルを招かないよう事前の準備が大切です。

手元供養のメリットとデメリット

遺族の個人的な想いに主眼を置いた場合、メリットが大きい手元供養ですが、一般的にはデメリットにも配慮が必要です。

手元供養のメリットとデメリットを紹介します。

手元供養のメリット

  • 故人を身近に感じていられる
  • お墓に出向くことなく供養ができる
  • 費用が抑えらえる

故人を身近に感じていられる

手元供養を選択する人は、故人との関係が深かった遺族であるのが普通です。

いつでも故人を身近に感じていたいという想いを実現するのが、手元供養の目的の一つです。

また、暗くて冷たいお墓は可哀そうと感じる遺族も多く、日常を過ごした自宅でという希望が叶えられます。

お墓に出向くことなく供養ができる

特に遠方お墓がある場合など、なかなか出かけられない事情もあるでしょう。

そうした時に、遺骨が自宅にあれば、いつでも供養することができます。

費用が抑えらえる

新しいお墓を建てるには100万円以上の経費が必要です。

しかし手元供養であれば、少ない費用でしっかり供養をすることができます。

手元供養のデメリット

  • 残された人の負担
  • 世間体
  • 自宅が災害にあったら

残された人の負担

例えば、妻が夫の遺骨を手元供養をするとした場合を考えてみましょう。

妻は常に夫を身近に感じる事が出来て、幸せかもしれません。

しかし残されていた妻が急逝してしまったり、ボケてしまったりした時、夫の遺骨はどうなるのでしょうか?

子供や親族、それもなければ行政のお世話になるしか手段がない事も考えられます。

こうした事を防ぐため、納骨堂を事前に手配するなど、万が一に備える必要があります。

世間体

遺骨はお墓に納骨してこそ成仏できると信じている人も少なくありません。

また単純に遺骨が家の中にある事に、不快感を持つ人も沢山います。

全てに理解を求める必要はありませんが、こうした人たちへの配慮を忘れないようにする事は大切です。

まだまだ認知度の低い手元供養ですから、自分の気持ちを押し付け過ぎず周囲の人達の気持ちも思いやる事を忘れずにしたいものです。

自宅が災害にあったら

災害列島とも揶揄される最近の日本にあって、自分だけは大丈夫と思ってい人はかなり減ったのではないでしょうか。

もし手元供養として自宅にあった遺骨が、洪水で流されてしまったら?

家事や地震で家を失った時など、遺骨も一緒に失ってしまう可能性があります。

こうしたリスクも念頭において、手元供養の是非を熟考しましょう。

手元供養の種類

手元供養の方法として、全骨安置と分骨安置があります。

それぞれの違いを解説するとともに、自宅供養のためのグッズを紹介します。

全骨安置

火葬場で火葬が終了すると、遺骨と遺灰は骨壺に納められ、骨覆(こつおおい)という金襴などで飾られた白い布を被せた状態で遺族に渡されます。

それをそのまま自宅の仏壇などに安置する方法が、全骨安置です。

現在、手元供養の中で一番多いのが、こうした全骨安置のようです。

分骨安置

例えば、遺骨を散骨した場合など、手元に少しだけ遺骨や遺灰を残す方法です。

お墓が遠方にあり供養できない時なども、同じように分骨という理念で行う安置方法を分骨安置といいます。

最近は分骨安置をする人が徐々に増えており、そのための商品も多様化しています。

分骨安置のためのグッズを紹介します。

アクセサリータイプ

遺骨から炭素を抽出し高温高圧にかけた人工ダイヤモンドを創り出す方法があります。

世界に一つだけのアクセサリーという事ですが、注意点もあります。

遺骨が手元から離れる時間があることと、ダイヤモンドになる過程を確認することが出来ないことです。

これ以外には、ペンダント、ブレスレット、ブローチなど、見た目普通のジュエリーなのですが、インナーポケットが付いており、そこに少量の遺骨を入れて常に肌身離さず持ち歩くことが出来る仕様のものがあります。

いずれにしても、自分以外の人が気が付きにくいという利点があります。

手元供養用の骨壺

自宅に遺骨を置いておきたいという場合、骨覆のままでは人の目が気になります。

そんな時は、オブジェのような骨壺を使うことができます。

お地蔵様だったり、備前焼きや清水焼だったり、一見して骨壺とは分からないデザインのものが増えてきました。

こうした骨壺を利用して、他の人からの非難を避けながら、自分は故人といつも一緒に暮らしているという場所を守る事ができます。

手元供養の注意点

手元供養をする際、必要な書類があります。

火葬場で発行してもらう「分骨証明書(火葬証明書)」です。

家族の遺骨を自宅に安置することは、本来違法ではありません。

しかし、自宅に安置してきた遺骨を寺院や霊園に納めようと考えた時、必ず分骨証明書が必要になります。

また、既に納骨している骨壺から分骨をする際は、その墓地の管理者にお願いして分骨証明書を発行して貰います。

人の骨は、扱いを間違うと事件となってしまう事があります。

必要書類は忘れることなく、必ず発行してもらい確実に保管しておきましょう。

手元供養についてまとめ

手元供養は、今後益々増えてくる遺骨安置の方法になってくるかもしれません。

お墓は要らないから散骨して欲しいという故人の遺言があったとしても、供養をしてあげたいという遺族の気持ちは割り切れるものでは無いからです。

今回調べた手元供養についてまとめてみました。

手元供養についてまとめ

  • 手元供養とは遺骨を手元に置いて供養する、或いは故人を常に身近に感じていたい人の遺骨の安置方法の一つである。
  • 手元供養にはメリット・デメリットがあり、それを認識した配慮が必要。
  • 手元供養専用のグッズも多様化。自分に合ったものを選びましょう。

選択肢が増える事は、決して悪い事ではありません。

周囲の人への配慮を忘れることなく、自分の想いも大切にしていきたいものです。