改葬の手続きの流れ、申請書や費用、案内について

引っ越しなどの事情でお墓を別の場所に移したいときやお墓をまとめたいとき、

一体どうすれば良いのでしょう?

実は、お墓=遺骨を勝手に移動することは法律で禁じられており、

所定の書類と手続きが必要です。

ここではお墓の引っ越し「改葬」の流れや方法をわかりやすくお伝えするとともに、

お墓から遠く離れても維持・管理する方法について紹介していきます。

お墓を移す理由

お墓を移す理由にはいくつかありますが、以下のケースのいずれかが該当するでしょう。

①承継者の移転・変更などに伴うお墓の引っ越し

承継者(お墓の後継ぎ)が転勤などで遠く離れると日頃の管理が難しくなるので、

居住地近くの墓地への引っ越しを決断することがあります。

お墓を丸ごと移動させるケースや、それを機に立て直すケースがありますが、

遺骨を別の墓地に移すので、いずれの場合も改葬となります。

②契約している墓地の移転

お墓は公営・民営の霊園や寺院と契約して土地を借りて建てています。

ところが、区画整理などによって霊園や寺院が移転することになり、

すべてのお墓ごと引っ越しすることになる場合があります。

この場合、管理者は個々の契約者の承諾を得てからお墓を移動(改葬)します。

引っ越しの費用などは管理者側が負担することがほとんどですが、

墓地面積が増減する場合もあるので承諾する前に確認しておきましょう。

③合祀

合祀とは別々のお墓に納められていた遺骨を一つのお墓にまとめて祀ることを指します。

例えば、

  • お墓を複数所有しているので1つにまとめる
  • 長男長女同士の結婚により両家の墓を1つにまとめた“両家墓”にする
    (どちらか一方を改葬することになる)
  • 承継者がいないなどの理由で“墓じまい”をし、血縁者以外の遺骨が多数納められている“永代供養墓”に改葬する

などの理由があります。

例え自分が所有するお墓であっても、

納骨したお墓から取り出して移す場合は改葬の手続きが必要なので注意しましょう。

④分骨

合祀とは対照的に、今あるお墓はそのまま残し、

そこに納められている遺骨の一部を取り出すことを分骨と言います。

墓地から離れて生活する人が、生活圏内で供養したいと考える場合に多く見られます。

分骨した遺骨は手元供養する場合もありますが、多くは別の墓地に納骨(改葬)します。

分骨に際しては墓地の承継者(名義人)の承諾が必要だったり、

管理者に“分骨証明書”を発行してもらったりなどの手続きが必要です。

⑤改宗

今までの信仰と異なる宗教・宗派に変更することを“改宗”といいます。

お墓は宗教と深く結びついているため、

墓地によっては宗教・宗派を限定していることも少なくありません。

特に寺院墓地はこの傾向が強く、宗派が異なると納骨できないケースも多々見られます。

こういった場合、宗教・宗派を問わない墓地に先祖ごと引っ越す必要があります。

墓石に宗派の題目などが刻まれている場合は、

改葬と同時に新しい墓石に建て直すこともあります。

ただし、改宗した人が新たに墓地を契約してお墓を建てる場合は、

従来のお墓はそのまま残せるので、改葬の必要はありません

なお、墓じまいや永代供養墓については

こちらの記事で詳しく紹介していますので、ご参照ください。

お墓の相続の流れとは?税金や維持費、相続放棄について 永代供養の費用相場とは?タイプ別の解説、および手続き方法

改葬の流れ

それでは改葬が必要になったとき、どのように手続きしていけば良いのでしょうか?

遺骨の移動が犯罪と無関係なことを証明するためにも

改葬の際には「墓地、埋葬等に関する法律」に則した手続きが必要で、

一般的な流れは次のようになります。

改葬の流れ
 

  1. 新墓地(改葬先)の確保
  2. 「埋葬証明書」の入手
  3. 「受入証明書」の入手
  4. 「改葬許可申請書」の提出と「改葬許可証」の入手
  5. 「改葬許可証」の提出
  6. 「閉眼供養」と遺骨の取り出し
  7. 「開眼法要」と納骨
  8. 旧墓地の返却

それでは“どこで”・“どのように”手続きを行えばよいのか、具体的に見ていきましょう。

墓地所在地が遠い場合は二度足を踏むことがないように、

事前に必要書類や記入項目を確認し情報を集めておくことをおすすめします。

手数料については別項をご覧ください。

①新墓地(改葬先)の確保

現在のお墓から取り出した遺骨を新たに納める墓地を決めます。

既に所有しているお墓に合祀する場合は問題ありませんが、

それ以外は墓地を探して管理者と契約を交わし、新しいお墓を建てるか移築します。

契約時には新規建立であっても改葬であることをきちんと伝えておきましょう

墓地の探し方やお墓の建て方はこちらをご覧ください。

お墓の購入の流れとは?場所や時期、手続きについて

なお、契約者は“名義人”となり、新しいお墓の供養をしていくことになります。

②「埋葬証明書」の入手


入手先:現在の墓地管理事務所
方法 :管理者(住職)への改葬の告知

改葬の際、受け入れ側へのへ告知はもちろんですが、

引っ越される側にも同時進行で伝えることが大切です。

現在のお墓の管理者にお世話になってきたことの礼を述べ、

改葬を行うことを伝えて許可をもらいましょう。

管理者に無断で改葬の手続きを始めることは絶対にやめましょう

そして、墓地管理時事務所にて、

そのお墓に間違いなく遺骨が納められている証書「埋葬証明書」を発行してもらいます。

なお、その墓地が所在する自治体によっては、

後述する「改葬許可申請書」の中に埋葬証明欄が設けられていて、

管理者にその部分を記入してもらうことで替えられる場合もあります。

③「受入証明書」の入手


入手先:新規契約墓地(改葬先)管理事務所
方法 :受入証明書の発行申請用紙に記入・提出する

遺骨やお墓の引っ越し先が決まったら、

移転先の墓地管理者が改葬を承諾した証となる「受入証明書」を発行してもらいます。

発行には申請書の提出が必要で、管理事務所に所定の書式のものが置いてありますが、

公営墓地や大規模な民営墓地ではホームページからダウンロードできることもあります。

申請書に記入する主な項目は、

  • 改葬を申請する者の氏名・現住所および捺印
  • 改葬する遺骨(故人)の氏名・本籍・住所および申請者との続柄
  • 現在のお墓の墓地・霊園の名称・住所

であることが多いです。

なお、受入証明書は「永代使用承諾書」など別の名称の場合もあります。

また、有効期限が設けられていることがあるので、注意してください。

④「改葬許可申請書」の提出と「改葬許可証」の入手

改葬許可申請書

入手先:現墓地がある市区町村役場
方法 :窓口で申請書を受け取り・記入後、現墓地の管理者に署名・押印してもらう
    (埋葬証明証で代用できる場合あり)
※ 遺骨一体につき1枚必要

埋葬証明書・受入証明書の手配ができたら、

現在あるお墓の所在地の市区町村役場へ行き、「改葬許可申請書」を入手します。

記入項目は市区町村によって異なりますが、およそ次の通りです。

  • 故人の本籍・住所・氏名・性別・死亡年月日
  • 埋葬又は火葬の場所・年月日
  • 改葬の理由・場所
  • 改葬者の住所、氏名、故人との続柄、墓地使用者等との関係

記入に悩む項目がある場合は“不明”とすることもできるので、

窓口担当者に相談してみましょう。

改葬許可証

入手先:現墓地がある市区町村役場
方法 :記入・押印済みの「改葬許可申請書」に「受入証明書(と埋葬証明書)」を添えて窓口に提出する
※遺骨一体につき1枚必要

改葬許可申請書を記入し終わったら、

同じ市区町村役場の窓口に提出し「改葬許可証」を交付してもらいます。

「改葬許可証」は遺骨一体につき1枚必要なので、

交付にあたっては遺骨人数分の「改葬許可申請書」、「受入証明書」、

場合によっては「埋葬証明書」も必要です。

なお、発行には1週間ほどかかる自治体が多いようです。

⑤「改葬許可証」の提出

役場から交付された改葬許可証は新しい墓地(改葬先)の管理者に提出します。

改葬許可証を提出できれば、事務上の改葬手続きは終了です。

具体的な改葬の段取り…つまり、現在のお墓から遺骨を取り出し、

引っ越す日程や石材店の決定、法要を行う僧侶の手配などをしていきましょう。

詳しくは次項をご覧ください。

⑥「閉眼供養」と遺骨の取り出し

墓石には魂が宿っていると考えられています。

このため、お墓から遺骨を取り出す際には墓石から魂を抜く「閉眼供養」が必要です。

日程を調整し、法要を行う僧侶と遺骨を取り出す石材店を手配しておきましょう。

可能であれば自分で遺骨を取り出しても問題ありません。

立ち合い時の服装はダークカラーのスーツやワンピースが適しています。

 
取り出した遺骨は骨壺ごと改葬先に運びましょう。

運ぶ際は骨壺を風呂敷で包み、人目に触れる場所ではバッグに入れるなど配慮します。

飛行機や電車・タクシーなど交通機関の多くは手荷物扱いで持ち込むことが可能です。

一方、宅配便では遺骨の配送を引き受けない規約の業者が多く

郵便局のゆうパックは受け入れ可能となっていますが、

大切な遺骨なので万が一に備え、できるだけ自分で運ぶことをおすすめします。

高齢など、どうしても配送したい場合は必ず骨壺のフタを開け、

中に水が入り込んでいないか確認しておきましょう。

できれば配送前に乾燥させ、残った水がしみ出さないように布で包んで送りましょう。

なお、永代供養墓や両家墓など合祀する場合は「墓じまい」、

寺院墓地で分骨以外の改葬の場合は檀家であることをやめる「離壇」を行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

お墓の相続の流れとは?税金や維持費、相続放棄について

⑦「開眼法要」と納骨

墓石ごと引っ越す場合は改葬先の墓地で組み直して納骨できる状態にし、

閉眼供養で抜いた魂を再び宿すための「開眼法要」を行います

新しくお墓を建立した場合も同様です。

開眼法要は祖先の家を新しくするという祝い事にあたるため、

僧侶を呼び、供え物をして経をあげてもらいます。

法要に参加できる親族がいれば招くと良いでしょう(別項参照)。

閉眼供養時と同じように服装は落ち着いた色調のもので構いませんが、

合わせて四十九日法要や一周忌法要を行う場合は喪服を着るようにしましょう。

納骨は石材店に依頼しても良いですし、自分で行っても構いません。

管理者へ無事に改葬が終わった報告と挨拶をしておくと良いでしょう。

⑧旧墓地の返却

墓地は購入した土地ではなく、管理者から永代使用する権利を得て借りていたものです。

そのため、契約時の土地の状態に戻して返却しなければなりません。

閉眼供養が終わったら、墓石を解体し、

更地またはコンクリートの基礎のみといった状態になるまで撤去します。

多くの場合、石材店で解体・撤去・墓石の処分を一括して行ってくれるので、

墓石を改葬先に運ばない場合はまとめて処理してもらうと良いでしょう。

最後に管理者へ挨拶をして、改葬は終了となります。

費用やお布施について

改葬の費用は墓地の広さや周囲の環境などにより差が生じます。

墓石を吊り上げるクレーンの設置スペースや墓地への動線などの条件でも

価格が変動するからです。

また、これ以外にも事務手続きなどの手数料もかかりますが、

自治体や管理者により金額は異なります。

参考までに改葬にかかる費用の目安を見ておきましょう。

《 現在の墓地でかかる費用 》
支払先 内容 相場
墓地管理者 埋葬証明書300~1,500円
市区町村窓口 改葬許可証0~1,000円
石材店 墓石処分・区画整理100,000~150,000円(1㎡)
遺骨の取出し(依頼時のみ) 0~30,000円(1体)
墓石の運搬 200,000~800,000円
僧侶 お布施(閉眼供養料)10,000~50,000円
離壇料(檀家をやめる場合) 50,000~100,000円
《 改葬先でかかる費用 》
支払先 内容 相場
墓地管理者 新墓地の契約墓地により異なる
受入証明書 無料
事務手数料 数千円
石材店 埋葬費用(納骨:依頼時のみ)0〜30,000円(1体)
僧侶 お布施(開眼法要料)30,000~50,000円

改葬先の墓地の契約費用はお墓の種類によって大きな差があります。

お墓を建てるのか、供養塔に合祀するのか、

あるいは納骨堂のような墓石以外の墓地の形態にするのかなど、非常に様々です。

立地条件によっても差がありますので、ニーズに合ったところを探すようにしましょう。

お墓のタイプや費用についてはこちらの記事をご覧ください。

お墓の購入の流れとは?場所や時期、手続きについて

また、閉眼供養・開眼法要のお布施の包み方や僧侶への対応については、

こちらの記事で詳しく触れています。

お墓の修理・建て替えの流れ、費用や時期

なお、寺院墓地に改葬する場合、檀家になるための入壇料や、

戒名を持たない遺骨には戒名料が必要になることがあります。

寺院により異なりますが、入壇料の相場は入檀料は10万~30万円ほど、

戒名料は戒名の位により幅があります。

戒名の位と相場についてはこちらの記事をご覧ください。
戒名(法名・法号)の付け方、位や例、料金について

改葬の案内について

「引っ越し祝い」を贈るように、お墓の引っ越しにあたる改葬もおめでたいことなので、

開眼法要には親戚が集まってお祝いをすることがあります。

しかし、内々だけで済ませるにしても、

そのお墓に縁がある人がいる場合には、改葬した旨を案内する必要があります。

案内状を発送するタイミングは閉眼供養または改葬後が一般的です。

その時までに下記の事項を盛り込んだハガキを準備しておくようにしましょう。

改葬案内状の内容

  • 改葬(墓じまいをした場合はその旨も)の日時
  • 新しい墓所(改葬先)の名称・場所
  • 改葬した理由

手紙は時候の挨拶で始め、相手を労わる文章で締めくくるのがマナーです。

次の例を参考に作成してみましょう。


若葉のまぶしい季節となりました。
皆さまご健勝のこととお慶び申し上げます。
去る〇月〇日、かねてより懸念でありました○○寺の墓所を
△△県△△市の△△霊園に改葬しましたことをお知らせいたします。
(改葬先の住所、区画番号など書き添えても良い)
以前は墓所より遠く離れていたため、お参りもままならず気がかりでしたが、
△△霊園は我が家より近いため折に触れてお参りができ、
ご先祖様にも喜んで頂けるかと思います。
間もなく梅雨を迎えますが、体調など崩しませぬようご自愛くださいませ。

なお、改葬時の開眼法要に参列してもらいたい場合は詳細な案内が必要です。

一周忌や三回忌の法要のような規模ではありませんが、

開眼法要後に会食の席を設けることもありますので、

下記記事を参考に準備や心づもりをしておくと良いでしょう。

仏教の法事でやることは?日程や案内、服装や会食について

墓参り代行

このように改葬には様々な手続きや多額の費用がかかります。

そのため、改葬せずに現在のお墓を維持していきたいと考える人も少なくありません。

しかし、遠方に住んでいたり高齢で通えなかったりなど、

自分でお世話をしたくても現実的に難しい場合がありますね。

このような場合は「墓参り代行サービス」の利用を検討してみましょう。

先祖のお墓を人任せにすることに気が引ける人もいるかと思いますが、

お墓が荒れてしまうのも気の毒なことなので、

日頃の管理に利用してみるのも良いと思います。

サービス内容

墓参り代行サービスの運営母体は墓石や葬儀のプロである石材店や葬儀社のほか、

掃除専門業者や家事代行サービス・便利屋の場合もあります。

また、専門教育を受けた自社スタッフが代行する場合と下請けに回す場合があり、

アルバイトや副業で行っている人もいます。

依頼する内容によって使い分けるのも良いかもしれませんね。

サービスの内容も様々なので、代表的な例を見てみましょう。

墓参り代行サービスの例

  • サービス前後の写真撮影(報告用)
  • 線香・花のお供え
  • 清掃(範囲は業者やプランによって異なる)
  • 草むしり・落ち葉拾い
  • 除草剤散布
  • 墓石のクリーニング・磨き上げ(プロ仕様)
  • お参り(合掌)

これらをいくつかのコースに分けて料金が設定されているので、

利用者はニーズに合ったものを選んで依頼します。

供える線香やお花は料金に含まれる場合とオプション扱いの場合がありますが、

実費を負担すればグレードアップ可能なところが多いです。

ただし、業者によって、

  • 清掃の範囲・グレードが異なる
  • エリアが限定されている
  • 墓地が広い(大きい)と割増になる
  • 交通費の負担がある

などがありますので、サービス内容をよく確認してから申し込みましょう。

特に清掃に関してはプランによって差が大きく

最も簡単な「花立て・香炉のみ」から一般的な「墓石の汚れ落とし(手洗い)」、

プロ並みの「水垢落とし」「磨き上げ」など色々と用意されています。

墓石の状態に応じて依頼すると良いでしょう。

料金

料金は清掃のグレードによって決まることが多いので幅がありますが、

下記の相場を参考に検討してみると良いでしょう。

《 墓参り代行サービスの例 》
プラン内容相場
現状確認 3,000~5,000円
一般的なお墓参り
(墓石の水洗い、線香、お花のお供え、代行者による合掌)
10,000~20,000円
上記の清掃をグレードアップしたもの 20,000~50,000円

なお、「現状確認」とは例えば台風や洪水などの災害時に

遠方で駆けつけられない場合に代理でお墓の様子を見てくるというものです。

ハイグレードのプランを申し込むべきか悩むときの見積もり代わりにも利用できますね。

また、業者によっては年数回分のコースを設けているところもあり、

命日やお彼岸・お盆など定期的に利用したい人は割安になることもあります。

注意したいこと

大切なお願いをするわけですから、信頼できる代行者を選ぶことが一番です。

心を込めてお参りしてくれるところを探しましょう

最近ではアルバイトや副業にしている人も多く見られますが、

石材店や清掃業の経験者もおり、見事な仕事ぶりを発揮してくれることもあります。

こういった良心的な代行者を見つけるのは難しいので、

インターネットの口コミや料金比較サイトを利用するのもおすすめの方法です。

くらしのマーケット 
ほっとライン 

また、お参り前後の写真を撮って報告してくれる業者は比較的安心です。

中には詳細な報告書を添付してくれるところもありますよ。

 
なお、墓地によっては第三者の立ち入りを禁じているところがあります。

不要なトラブルを防ぐためにも、

代行業者が墓地へ行く日時を必ず管理者へ連絡しておきましょう。