永代供養の費用相場とは?タイプ別の解説、および手続き方法

永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。

お墓の管理を任せられる人がいなかったり、費用を抑えることが最優先だったりといった様々な事情から、

昔のようなお墓は要らないと考えている人が多いようです。

永代供養に興味はあるが、永代供養が意味することや相場、

手続きなどが分からなくて一歩を踏み出せないでいる人のために、それらを詳しく解説します。

メリットやデメリットも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

永代供養とは

永代供養とは、親族に変わって霊園や寺院がお墓を管理、供養してくれる埋葬方法です。

永代とありますが、未来永劫という意味ではありません。

多くの場合、33回忌を目処にご遺骨は合祀墓(ごうしぼ)に移されます。

霊園や寺院によっては、17回忌や50回忌など違いがありますので、契約の際に確認しておきましょう。

合祀墓へは、他人のご遺骨と一緒に埋葬されることになります。

故人の命日などの供養はありませんが、お盆やお彼岸などの供養はきちんとしていただける事が多いようです。

永代供養タイプ別の相場

永代供養のタイプも色々あります。

最初から合祀墓へ埋葬するタイプから、家族も一緒に入れるものまで様々です。

これらのタイプと、それぞれの費用相場をご紹介します。

立地やシステムにより差異がありますが、参考としてお役に立てて頂ければと思います。

合祀墓タイプ

昔でいう「共同墓地」の形で、永代供養墓とも言われます。
ご遺骨を最初から合祀墓に埋葬する形です。

墓地や霊園の一角に大きな供養塔があり、合祀墓になっていることが多いです。

供養塔の下には空間があり、沢山のご遺骨やお位牌が安置されています。

ご遺骨を骨壺などで区別できるように安置するものから、ご遺骨だけを埋葬するものなど霊園や寺院で分かれます。

相場は5万円から30万円程度になります。

納骨堂タイプ

寺院や霊園に納骨堂として建てられた建物があり、中の棚にお骨を安置するという形が一番多いように思います。

こちらの一般的なタイプの納骨堂の相場は、10万円から90万円です。

お一人からご家族で利用するタイプなど、スペースによって相場も変わります。

室内に埋葬される納骨堂ですが、一番種類が多いのがこのタイプです。

こちらも幾つかに分けて相場をご紹介します。

ロッカー型納骨堂

コインロッカーをイメージしてください。

お墓らしく装飾されていて、中に1人分のご遺骨を安置できます。

相場は10万円から20万円ほどです。

数名で利用できるロッカータイプもあります。

人数が増え、スペースが広くなると費用も増えます。

仏壇型納骨堂

仏壇に位牌を置き、花を飾ってあげることもできます。

仏壇の下にご遺骨を安置できる作りになっています。

相場は30万円から50万円になります。

機械式納骨堂

コマーシャルで見かけることも増えてきました。

カードキーを入れると、自分の目の前にお墓が表れる形の納骨堂です。

相場は50万円程度から、100万円を越えるものまであります。

停電に遭遇するとお参りできないという欠点があります。

個人墓・夫婦墓のタイプ

普通のお墓と見た目は変わりません。

墓石の購入・区画の契約・永代供養までがセットになります。

きちんとお墓に埋葬されたい、知らない人と一緒はイヤ、ペットも一緒にお墓に入りたいといった人にお勧めです。

相場は150万円から300万円と高くなります。

永代供養に必要な費用

永代供養を申しこむ際に必要な経費は2種類あります。

永代供養の費用と管理費です。

どちらも申し込みの時に、一括で支払うのが普通です。

33回忌などを機に合祀墓に移されたあとは、管理費などの費用は必要ありません。

寺院に永代供養をお願いする場合は、檀家としてお布施が必要な場合もあります。

申し込む前に、こうした諸費用の確認も忘れずに行いましょう。

永代供養の手続き

永代供養を選ぶ状況は二つあると考えます。

既にあるご先祖のお墓を墓じまいとし、永代供養にご遺骨を移す場合。

生前に自分の遺骨を永代供養という方法で埋葬しようと決めた場合です。

両方についての永代供養の手続きを解説します。

墓じまいして永代供養に改葬の場合

墓地を守っていく後継者がいない、自分が年を取ってしまいお墓の管理ができないなど、永代供養を考える人は少なくありません。

永代供養に改葬の場合
 

  1. 永代供養先を見つけます
  2. お墓のある市町村役場で「改葬許可証」を貰います
  3. 開眼供養をします
  4. 石材店などにお願いして遺骨を取り出し、墓地を更地に戻します
  5. 選んでおいた永代供養先に遺骨を埋葬します

永代供養へ改葬すると決めたら、

墓じまいをする旨をお墓のある寺院などの管理者には前もって伝えておくのが礼儀です。

永代供養先を探し始めたら、同時進行で改葬許可書の手続きを始めておくとスムーズです。

改葬許可証は、契約を済ませた永代供養先に納骨の折に提出します。

納骨が終わると、永代供養証明書が貰えます。

開眼供養はお墓のある寺院や菩提寺のご住職にお願いします。

お布施が必要になりますから、予め準備をしておきましょう。

これで墓じまいからの永代供養への改葬は終了です。

永代供養を生前契約する場合

自分のお墓を管理してくれる人がいない、残される人に面倒をかけたくないといった理由から、

生前に永代供養という埋葬を希望する人も沢山います。

生前契約の場合
 

  1. 生前予約ができる納骨堂を探します
  2. 資料などを取り寄せて比較してみましょう
  3. 現地見学にいきます
  4. 気に入れば契約書にサインし、支払いを済ませます
  5. 家族や友人に契約した永代供養先を伝えておきましょう

購入のする際は、購入金額はもちろんですが、供養の方法や利用条件なども確認しておきましょう。

少しでも不安や疑問があれば、必ず問い合わせておくことをお勧めします。

 

手続きのとき必要になる書類があります。

戸籍謄本、印鑑証明書、身分証明書などが基本です。

パンフレットなどに記載があるものを忘れず準備しておきましょう。

記載がないときは、二度手間にならないよう、問い合わせをして

準備を進めてください。

永代供養のメリットとデメリット

永代供養を選ぶ前に、そのメリットとデメリットも承知しておきましょう。

生前に永代供養の手続きをする時は、生理的に嫌だと感じることがあれば別の方法を選ばれたほうが良いと思います。

永代供養のメリット

  • 宗教宗派は問わない(ただし、寺院の場合は檀家になる必要があります)
  • 経費が安い(タイプにより大きく差は出ますが、一般的なお墓よりはかなり安いです)
  • 維持管理を全てお任せできる
  • 都市部にあることが多く、交通の便が良い

永代供養のデメリット

  • 概ね33回忌を持って弔い上げとなり合祀墓へ移される
  • 合祀墓に埋葬されたご遺骨は、取り出すことができない


 
他人と一緒になんて嫌だという人には向いていません。

むしろ、沢山の人と一緒で楽しいと感じる人にはおすすめです。

永代供養まとめ

永代供養の詳細や相場、手続きなどを紹介してきました。

今後益々こうした埋葬と供養が増えてくることでしょう。

永代供養の特徴

  • 墓地を持つより安価で管理などの手間がいらない
  • 自分や家族のスタイルにあった埋葬方法が選べる
  • 手続きも得に面倒ではない

死がもたらす概念は、時代の変遷とともに変わります。

現代もまさにそんなうねりが来ているように感じませんか?

そんな形態の一つが永代供養という方法です。

永代供養を考えておられる方の参考になれば幸いです。