無縁仏にならないさせないための方法と費用について

無縁仏という言葉には、あまり良い印象がありませんよね。

死んでまで孤独って、底なしの暗さを感じる人もいるかもしれません。

自分がそんな無縁仏にならない方法、そして先祖を無縁仏にさせない方法を詳しく紹介します。

必要経費も調べてみましたので、参考にしてください。

無縁仏とは

無縁仏とされるパターンは5つあります。

無縁仏

  • 最初からどこの誰か分からない死者
  • 身元は分かっているが身寄りがない死者
  • 身元は分かっていて身寄りもいるが引き取りを拒否された死者
  • 継承管理する人がいなくなった墓地や遺骨
  • 無縁仏が眠っている墓そのもの

この中で今回私が紹介するのは、「継承管理する人がいなくなった墓地や遺骨」を防ぐ方法と、その費用についてです。

お墓を処分した後の遺骨の処理方法も紹介します。

間に合う内に、無縁仏にならないよう準備を進めておきましょう。

無縁仏にならないための手続き

自分が無縁仏にならないためには、事前に墓や埋葬方法を考え決めておくことが大切です。

葬式はどうするのか、火葬の後の遺骨はどうするのかなど、今は選択肢が沢山あります。

葬式をせずに火葬をし、骨は散骨するという方法を選ぶ人も見かけます。

先祖を無縁仏にしないための手続き

先祖代々守ってきたお墓が、自分の代で管理する人がいなくなるという問題に悩んでいませんか?

墓じまいという方法は知っていても、罪悪感があってなかなか難しいという人も多いようです。

しかし、墓じまいをしないまま放置されたお墓の末路は、荒涼としたものです。

苔むした墓石、草に覆われた墓地、気持ち悪いと苦情が出るような惨状に先祖を追いやることこそ、あってはならないことだと思いませんか?

先祖を無縁仏にしないための墓じまいについて、詳しく解説します。

墓じまいの手続きについて

墓じまいの手続きを、順を追って説明します。

墓終いの順序
 

  1. お寺または墓地所有者に墓じまいの旨を知らせる
  2. 遺骨の改葬先または処理を決める
  3. 「埋蔵証明書」または「収蔵証明書」を墓地の住所のある市町村役場から貰いお寺にサインをお願いする
  4. (この時、離檀料をお支払いするのがマナーです)

  5. 石材店に墓地の解体を依頼する
  6. お寺に閉眼供養をお願いする
  7. 石材店に墓地の解体・撤去・更地にする工事を始めてもらう
  8. 遺骨を決めた場所に改葬または、散骨などを行う

お墓から掘り起こした遺骨をどうしたら良いのか、不安な方に幾つか方法を提案します。

墓じまい後の遺骨について

遺骨は、祭祀承継者である管理者が最後まで責任を持つことが決まりです。

実は墓じまいには、それを専門に請け負っている業者がいます。

そこにお願しておくと、墓じまい後の遺骨は産業廃棄物として処理をしてくれます。

それはちょっとという人は、遺骨の一部を手元に置いて、自宅供養もできます。

費用は少し掛かりますが、合祀墓という共同墓地などに埋葬をお願いすることもできます。

他人の遺骨と一緒にはなってしまいますが、お盆やお彼岸などきちんと供養をしていただけます。

石材店にお願いして骨壺の中に溜まった水などを抜いてもらい、後は自分で乾燥させ砕いて散骨するという方法もあります。

どんな方法で墓じまいを行うか、家族や親族と話し合いきちんと合意を得てから進めましょう。

墓じまいの費用

お寺の檀家である場合は、離檀料というお布施が必要になります。

離檀料の相場は3万円~15万円程度といわれています。

次はお墓に入っていた仏様の魂を抜く閉眼供養です。

閉眼供養のお布施は、1万円~5万円程度が相場といわれています。

次は石材店に掛かる費用です。

こちらは、最初に見積もりを取る必要があります。

墓地の場所や土壌などの環境、クレーンやトラックが入れるか、手作業が多いかなどで大きく差が出てくるためです。

石材店の費用は、1㎡あたり10万円程度が相場とされていますので目安にしてください。

掘り出した遺骨を改葬する場合は、改葬先の費用やお布施がこの後必要になります。

散骨などを業者にお願いする場合など、別途費用を加算してください。

行政などに提出する手続きを専門の人にお願いすると、10万円~30万円の費用が必要です。

以上を計算すると、墓じまいを行うためには50万円~100万円の費用が掛かると推察されます。

無縁仏になってしまった場合について

色々な事情で放置されてしまった無縁仏は、どうなるのでしょうか?

1999年5月、墓地、埋葬などに関する法律が改正されました。

まず、墓地の管理者(お寺など)は、無縁仏の血縁者に対し1年以内に申し出る胸を官報に掲載し、また無縁仏の近くで見やすい場所に立札を建てて呼びかけます。

そして期日までに申し出が無かった場合、墓地の管理者はその旨を記載した書面を管轄する役所に提出します。

これで役所の許可を得て、無縁仏を改葬できるという法律ができました。

墓の撤去などに掛かる費用は、税金が当てられます。

この後、遺骨が合祀墓へ移されるのか廃棄されるのかは、得に決まりはありません。

無縁仏についてまとめ

昔から無縁仏というのは悲しい以外の何物でもないイメージがあります。

お盆など、地域によっては無縁仏を供養するためのお供え物を軒下に置くという風習があったりします。

宗教心が薄い昨今でも、無縁仏に抵抗がある人は多いのではないでしょうか。

今回調べた無縁仏にならない!させないための方法をまとめてみます。

無縁仏まとめ

  • 今回の無縁仏とは管理する人が途絶えたお墓を指す
  • 自分が無縁仏にならないための対策をすすめよう
  • 先祖が無縁仏にならないために墓じまいを考えるべき
  • 墓じまいの費用は50万円~100万円

今後益々高齢化少子化が進む日本では、こうしたお墓についても真剣に考える必要があります。

手続きに若干の面倒さは伴いますが、ぜひ検討してみてください。