離檀料の相場とは?離檀料のトラブル事例と上手な離壇について

実家のお墓が遠方にあり、先祖のお墓を自宅近くに改葬したいという人が増えています。

また、お墓の後継者がいなくなるため、納骨堂や合祀墓などの永代供養墓に改葬したい人も多くなりました。

そんな時に心配になるのが、昨今問題視されることが多くなった「離壇料」です。

離壇とは何か?相場やトラブルにならない上手な離壇の方法、トラブル事例などを紹介します。

離壇料とは

お寺にお墓があるということは、そのお寺の檀家であるということです。

そして、そのお墓を移したいということは、そのお寺の檀家を止めるという事ですから、離壇といいます。

檀家を止める際に、先祖代々お世話になってきたお寺にお礼の気持ちとして納めるお布施が離壇料になります。

離壇料の相場とは

離壇料という言葉が出てきたのも最近のことです。

お布施の一つを分かりやすく離壇料と呼ぶことにしたにすぎません。

お布施ですから、そこに相場という概念が無いのが普通ですし、常識的なお寺だと「お気持ちで」といわれます。

そういわれても、そのお気持ちを推察するのは難しいということで、一般的な相場を調べてみました。

3万円~多くても20万円というのが、離壇料の目安になっています。

受け取らないというお寺も沢山ある一方、多額の離壇料を請求されてトラブルになる事もあります。

では、受け取らないお寺があるのなら、払わないという選択肢もあるのか調べてみました。

離壇料を払わないということはできるのか

法的にいうと、離壇料を払わないということは出来ます。

唯一、お寺と墓地を契約した際の契約書に、「檀家を離れる時は〇〇円の離壇料を払うものとする」という内容の契約がある場合は、檀家に支払い責任が生じます。

ただし、多くの場合、そうした契約はないでしょうし、契約書自体無いことの方が多いでしょう。

檀家を抜けるというとは、宗教の自由という点で何者にも阻害されないことを憲法で謳っています。

理詰めでこうした内容をお寺側に伝えて離壇料を払わないことはできますが、果たしてそれで人として良いのでしょうか?

離壇料のトラブルや裁判について

離壇料に関するトラブルが近年増加しています。

墓じまいや改葬といった流れに沿ったものですから、最近の増加は自然といえば自然かもしれません。

離壇料トラブルの実例を幾つか紹介します。

ただし、裁判事例までは見つかりませんでした。

上記のように、お寺側には離壇料という名のお布施を請求する請求権を法律が認めていないため、話し合いで示談になることが殆どだからです。

事例1

高齢の女性が息子さんの家に引っ越すにあたり、お墓も墓じまいとしたいとお寺さんに話したところ、高額の離壇料を請求されました。
毎年の維持会費やお中元、お歳暮も欠かしたことなくお付き合いをしてきたお寺だっただけに、ショックは大きいものでした。

お寺側からすれば、お寺を維持するための大切な檀家がいなくなるというのが大変な痛手ではあります。

特に人口減少が著しい土地では尚更です。

弁護士を通して家庭裁判所に申し立てたところ、離壇料については根拠が不明確なため判断ができない。

双方の話し合いで解決するのが望ましいという判定が出され、弁護士が中に入って示談としたそうです。

事例2

墓じまいや改葬に必要な「埋蔵証明書」または「収蔵証明書」というものに、墓地管理者であるお寺にサインと捺印をお願いしなければならないのです。
まずは離壇料を支払った後に、サインをしますということで高額な離壇料を請求されました。

日本国憲法第20条で保証されている宗教の自由を阻害する行為です。

事例3

利檀料自体は高額なものではありませんでした。
しかし、お墓の整地代や事務処理代といった名目で別途高額な料金を請求されました。
墓じまいに伴う土地の整地は、お寺指定の石屋さんしか許可しないとのことです。

お寺としても、檀家の数が減るということはお寺として格が下がることに直結します。

また住職個人のプライドなども、関連してくるのでしょう。

こうした問題を起こさないために出来る事はないのか調べてみました。

離檀料トラブルを起こさなためにやるべきこと

トラブルの原因は、お寺からの一方的な離檀料請求ばかりではありません。

檀家側に問題があるケースもあります。

その多くが、事前連絡無しでお墓の解体と同時に埋蔵証明書または収蔵証明書に署名捺印をお寺に要求した場合です。

コミニケーションをきちんと取ってさえいれば、問題なくスムーズに事が運んだはずという事例も多いようです。

そこで、こうしたトラブルを招かないために重要なお寺とのコミュニケーションについて、伝えるタイミングなどを紹介します。

まずは親族との話し合い

お墓を守ってるのは自分だからと、自分の考えだけで離檀を考えるのは危険です。

お墓には、兄弟や親族のご先祖様も眠っています。

家族だけではなく、親族にも理解していただき同意をとってから始めましょう。

親族の次がお寺

親族の同意が得られたら次はお寺です。

離檀したい理由をしっかり伝え、お互い納得できるまで話し合いましょう。

自分の意に沿わない発言や提案があったとしても、そこは冷静に相手の話を聞くのが大切です。

話の内容をいったん持ち帰り、親族に相談するなどし、改めて親族の総意としてお寺と交渉します。

そのうえで、お互い合意ができなかった場合は、以下の方法にコマを進めてください。

離檀料でお寺とトラブルになった時の対処法

自分で何とかしようと考えると、深みにはまってしまうことが多くあります。

ここは冷静な立場の人に間に入っていただきましょう。

司法書士や行政書士など、法律に明るい人に相談することをお勧めします。

また裁判沙汰を覚悟のうえであれば、弁護士でも良いでしょう。

離檀料についてまとめ

お世話になったお寺ですから、誰しも円満に離檀したいというのが本音ではないでしょうか?

今回調べた離檀料とそのトラブルについてまとめてみました。

離檀料まとめ

  • 離檀料とは檀家を止める時に払うお礼の気持ちをのせたお布施である
  • 離檀料を支払わないというのは法的には可能である
  • トラブルを回避するには、お寺とのコミュニケーションが大切
  • お寺とのトラブルに発展してしまったら第三者に仲介を依頼しよう

寺も檀家も、結局は人と人です。

法律や憲法を振りかざすようなことをせずに、スムーズな離檀ができると有難いですね。