デジタル遺品とは トラブルを招かない処分の方法を紹介

デジタル遺品を正しく処分しなかったばかりに、トラブルを招いてしまったという事例が最近増えてる事を知っていますか?

デジタル遺品について、その種類や処分方法を知ることは、今後益々重要な事になってきます。

そしてデジタル遺品については年齢層に関係なく、全ての人が意識し知識を持つことが大切です。

デジタル遺品のリスクを避けるための方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

デジタル遺品とは

デジタル機器を持たない人の方が希少だといえるほど、現代には沢山のデジタル機器が存在します。

パソコン、スマホ、デジカメなどが一般的に所有している率が高いデジタル機器となります。

その中に入っている様々なデータが、デジタル遺品と言われるものです。

デジタル遺品といわれるものの種類について、詳しく説明します。

デジタル遺品の種類

これから紹介するデジタル遺品の種類は、年齢性別に関わらず持っている可能性が高いものになります。

  • 画像
  • SNSやブログ
  • 自分や友人たちの住所やメールアドレス
  • クレジットカードや電子マネーの情報
  • ネット銀行やネット証券
  • 仮想通貨
  • FX(外国為替証拠金取引)

画像

スマホやデジカメで撮った画像は、概ね害のない思い出の一コマが殆どでしょう。

しかし、万が一見られたくない画像などがあったりしませんか?

遺族にショックを与えるような画像があると、それも負の遺産の一つになってしまいかねません。

SNSやブログ

利用者が亡くなった後アカウントを放置したままでいると、乗っ取りやなりすましなどの被害にあう事があります。

気が付かないうちに、ネット上で被害を拡散させてしまう元凶になってしまわないよう、アカウントの削除が必要です。

またブログの中には、有料のものも沢山あります。

早めに契約を終了し、無駄な引き落としが発生したり、運営側とトラブルになったりするのを避ける必要があります。

自分や友人たちの住所やメールアドレス

パソコンやスマホに、知り合いの住所やメールアドレス、ラインの履歴などを保管しているというのは、現在では当たり前の事になりました。

しかし、これらの削除が不十分なままリサイクルショップなどに売った場合など、個人情報の流出が懸念されます。

クレジットカードや電子マネーの情報

通販で買い物をするにも、コンビニで買い物をするにも、クレジットカードやクイックペイなどの電子マネーは無くてはならないものになりました。

こうした情報がスマホやパソコンにそのまま残っていると、悪用される可能性があります。

早急に対処しなければいけないデジタル遺品の一つです。

ネット銀行やネット証券

口座の開設が簡単なこと、振り込みなどの手数料が安いなどの理由から、ネット銀行を利用している人も少なくありません。

株の売買もアプリの方がスムーズに行えるため、便利に活用している人も多いでしょう。

しかしIDやパスワードが分からないと、解約をすることもできません。

株などの証券関係は、放置しておくと多額の負債を抱えてしまう可能性もあります。

仮想通貨

一気にブームになったり、流出などの事件が多発したりと、騒がしい仮想通貨ですが、保有しているという人もいるでしょう。

まだまだ安定したとはいえない仮想通貨ですから、どんなトラブルになるか分かりません。

仮想通貨は二段階認証によって厳重にロックされているため、遺族が簡単に対応することができません。

エンディングノートなどで、遺族に迷惑が掛からないような配慮が必要です。

FX(外国為替証拠金取引)

ハイリスク・ハイリターンの代表ともいえるFXですから、こちらも早急に確認する必要があるデジタル遺産です。

例えマイナスだったとしても、遺産を放棄することで多額の負債を被る被害を避ける事ができます。

デジタル遺品の処分の仕方

デジタル遺品は、相続することが可能です。

家族に渡しておきたい大切なデータなどは事前に整理をして、家族が引き継げるように準備しておきましょう。

データを相続できるのは、法定相続人(配偶者や子供)に限られています。

配偶者や子どもがいない場合は、親や兄弟など個人に一番近い親族が法定相続人となります。

法定相続人以外の人にデジタル遺品を贈与することもできます。

ただし、遺言書などに無償で贈与するなどの文言が必要です。

相続や贈与などではなく、デジタル遺品を処分廃棄したい時の方法を紹介します。

パソコンの処分

パソコン自体にロックが掛かっていて開くことが出来ないという、始めの一歩から前に進めないというのが最初の壁になるかもしれません。

本来は、エンディングノートなどに各種のログインIDやパスワードを明記しておき、遺族の手間を省くというのが一番ベストな方法です。

パソコンには便利なソフトもあります。

「死亡時自動削除ソフト」「僕が死んだら・・」「死後の世界」など、無料でダウンロードできるものも沢山あります。

パソコンの所有者が亡くなったあと、家族がパソコンを起動すると、亡くなった方の遺言が表れ、それを開くとハードディスクに残っているデータまで削除できるもの。

自分がパソコンを起動させずに〇時間が経過したら、自動的にデータを削除してくれるソフトなど、様々です。

スマホには、まだまだこうした対応ソフトがないのが残念です。

SNSアカウント削除

ツイッターは、プライバシーフォームに利用者が亡くなった場合のアカウント削除について解説があります。

インスタグラムはアカウントを追悼アカウントに更新することで、凍結または削除が選べます。

フェイスブックは追悼アカウントの申請ができます。

どの場合も故人のIDとパスワードが必要です。

ブログもログインできればブログの削除という操作ができます。

ID・パスワードなどの情報が無い場合は、運営側に連絡し、利用者の死亡を証明する書類と故人との関係を証明する書類を提出して、アカウントを削除してもらうことができます。

デジタル遺品を業者に任せる方法と費用について

デジタル遺品を取り出したり削除したりする業者に依頼するときの方法、注意点、費用相場を紹介します。

 

  1. 依頼したい内容を決めます
  2. 見積もりを数社から取り寄せます
  3. 信頼できると思える業者に依頼します

依頼したい内容とは、パソコンのロックを外すだけなのか、もっと細部に渡って検証して欲しいのか、画像などは別途取り出して欲しいとか、依頼する範囲を決めるということです。

業者も多様化していますから、見積もりは必須です。

見積もりは無料、ロックの解除が出来なければ無料という成功報酬型が多い傾向にあります。

基本料金だけの提示で安いと思ったら、オプションが沢山あって結果的に高額になってしまったというトラブルがあるのも事実です。

自分だけでは見積もりの詳細が余り理解できないと思ったら、周りの人に助けをお願いしても良いかもしれません。

悪質な業者に個人情報を悪用されないよう、慎重に進める必要があります。

費用の相場は、依頼内容で大きく差がでます。

パソコンのロック解除だけなら2万円前後からというのが多いようです。

スマホのロック解除は、ショップに持って行ってもしては貰えません。

顔認証や指紋認証の場合は、デジタル遺品を専門に取り扱う業者でも、ロック解除はできないと思ってください。

そのためにも、元気な内に事前の準備をしておくことが大切です。

デジタル遺品についてまとめ

デジタル遺品という言葉が新しい言葉なので、耳にしたことが無いという人も多いかもしれません。

しかし自分のパソコンやスマホにしかない情報について、心配している人も沢山いるはずと推察します。

何度も繰り返しになりますが、デジタル遺品については、事前に紙ベースのリストを作っておくことが重要です。

遺族に多大な迷惑を遺産として残してしまわないように心がけたいものです。