車の相続手続きについて、必要書類や税金は?

「相続財産」という言葉を聞くと預金や不動産などのを想像する方が多いですが、

自動車も金銭的な価値を持つ以上、

相続においては資産・財産の一つとして見なされます。

したがって、故人が所有していた自動車を相続人が引き継いで使用、

または売却等で処分を検討する場合は相続の手続きが必要となります。

自動車などの動産は相続する財産としての認識が薄くなりがちですが、

そこに金銭的な価値がある以上、法に則った手続きをしなければ

後々様々な不都合が生じてしまいます。

また、財産である以上、相続税の支払いも発生しますので、

相続人間と協力してきちんとした相続手続きをしましょう。

自動車の相続手続きの必要性について

前述の通り、自動車を相続すると相続税の支払い義務が発生しますので

滞りなく正確に納税する準備として相続の手続きをしなければなりませんが、

納税以外の面でも自動車の相続手続きが重要である理由があります。

相続手続きをしないと売却などの処分ができない

故人の名義のままでは処分権限がないことになりますので、

売却や譲渡ができません。相続人が引き継いで運転するとしても、

将来新しい車に買い替えるシーンで手続きが通常より複雑になってしまいます。

自動車ローン負債の存在を把握しづらい

相続の際、相続人は財産の内容を調査して相続の方法を選択する権利がありますが、

このような相続手続きに伴う調査がないと、

自動車ローン等の存在を把握しづらいことがあります

後になって実は多額のローンが残っており、

相続人に支払い義務が発生している……といった事態にならないよう、

相続が開始された時点で自動車についても調査と手続きをすることが大切です。

 

以上のように、将来のためにも自動車は一度相続手続きをしておく必要がありますので、

これから説明する手続き方法をよく確認しておきましょう。

自動車の相続方法

自動車の相続手続きとは、具体的には故人名義を相続人名義に変更することをいいます

「名義変更」というと簡単な手続きで済むかのように思えますが、

相続に伴う名義変更には法的効果が生じる分、必要書類も多く、

相続人間の合意も必要なので想像以上の手間がかかります。

相続手続きの流れ

故人名義の自動車を誰が相続するのか相続人間の話し合いで決めた後、

そのことについての記載がある遺産分割協議書を作成し、

最寄りの運輸支局に提出しますが、の他にも提出しなけれならない書類がありますので、

名義変更までにすべてそろえるようにしましょう。

具体的な手続き方法については「死亡後の運転免許証やパスポートの手続きや時期について

と「死亡後の銀行の手続き、凍結や相続税について」の記事を参考にしてください。

手数料・期限について

自動車の名義変更にかかる費用は印紙代の500円です。

また、自動車の相続手続き(名義変更)には特に期限が設定されていませんが、

相続税の申告と支払い期限が

「相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内」となっていますので、

自動車にかかる相続税の件も考慮し、この期限に合わせて

手続きのスケジュールを立てるとよいでしょう。

ポイント

  • 自動車の相続手続き=名義変更手続き
  • 相続人が複数いる場合には名義変更手続きに遺産分割協議書が必要
  • 手続きは相続税の申告に合わせて行うことが理想的

現物分割以外の相続方法

代償分割とは

自動車や土地など分けにくい財産の相続には一人の相続人が引き継ぐ現物分割と、

代償分割とよばれる相続方法があります。

上記で説明した手続きの流れは現物分割の場合ですが、

代償分割は一人の相続人が自動車の引き継ぐ代わりに

他の相続人に対して自動車の評価額の半分を支払うことで

相続人間の平等を図る方法です

具体的な例としては、1000万円相当の高級車を姉妹の姉が相続して使用する代わりに、

姉が妹に500万円を支払う、といったケースが挙げられます。

代償分割する場合の注意点

代償分割をする場合は遺産分割協議書の中にその旨を明記しなければなりません

そうしないと、代償として支払った金銭は贈与とみなされ、

代償を受け取った方に贈与税が課せられてしまいます。

余計な税金がかかることがないよう、この点は忘れないようにしてください。

代償分割の遺産分割協議書への記載例

以下はごく簡易な例文ですが、代償分割を遺産分割協議書へ記載する際の参考にしてください。


1. 被相続人〇〇名義の自動車は相続人××が相続する

2. 相続人××は1の自動車を取得する代償として、相続人△△に平成〇〇年〇月〇日までに金——円を支払う。

ポイント

  • 代償分割をする際はその旨を遺産分割協議書に必ず記載すること

ローンが残っていた場合

自動車の相続手続きを進める最中に

ローンが残っていることが判明することがありますが、

この場合には相続に伴う名義変更の必要はありません。というのも、

自動車の名義はローン完済までは担保としてディーラーのもとにあるからです

ただし、今後の支払いについては各方面と相談をしなければなりません。

もちろん、この時点で誰が自動車を相続するかが決まっていれば

債務はもその相続人に引き継がれますので、

この点を十分留意しながら今後の話を進めましょう。

ポイント

  • 自動車ローンが残っていた場合は名義変更の必要はない

原付・バイクも相続対象になるのか

以上のように、自動車が相続の対象になるということがここまででわかりましたが、

原付(原動機付自転車)やバイクなども

売却などで金銭的な利益を得られる可能性がある以上相続の対象となります。

バイクの名義変更(廃車)手続き

1 書類の準備

廃車手続きには以下のものをあらかじめそろえておきます。

準備する書類

  • 継続検査申請書(OCR第3号用紙)
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 手数料納付書

2 提出

相続人の住所最寄りの運輸支局に提出します。

運輸支局の所在地については国土交通省ホームページ内のこちらから検索できます。

原付の名義変更(廃車)手続き

1 書類の準備

準備する書類

  • 標識交付証明書
  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 廃車申告書

2 提出

書類をそろえて必要事項を記入した後、最寄りの役場窓口に提出してください。

ポイント

  • バイクと原付では廃車手続き申請をする窓口が異なることに注意

原付・バイクの相続についての注意点

原付やバイクの相続についても手続き前に遺産分割協議が必要ですので、

協議書を作成するときに誰がどれを相続するのか明記するのを

忘れないようにしましょう。

自転車の相続について

自転車も相続の対象となりますが、名義変更などができるのは

防犯登録をしている場合です

故人所有の自転車が防犯登録されていた場合は相続人が名義の変更をします。

準備するもの

  • 相続する自転車
  • 防犯登録カード
  • 相続人の身分証明書(保険証、運転免許証など)

以上のものを用意し、登録手数料500円を支払って手続きをすれば完了です。

保険の名義変更手続きも忘れずに

自動車や原付、バイクの相続手続きが終了した後、

保険の名義変更や解約手続きも忘れずに行いましょう

保険の契約者が故人のまま相続人が運転、事故を起こしてしまった場合、

保険内容によっては補償が受けられなくなることもあります

保険は自分と他者双方を守るためにも必要なものですので、

車両の相続手続き終了後は速やかに保険の内容を見直し、

名義をはじめとする各種変更手続きを行ってください。

また、すべての手続きが完了するまでは相続する車両の運転を控えましょう

ポイント

  • 自動車保険等の手続きも忘れないこと

 

自動車の相続手続きは想像以上に要求される書類も多く、

他の遺産の相続手続きと並行して行うと結構な手間がかかるものですが、

財産の一つである以上、避けては通れないものです。

実際の手続きの際に混乱しないよう、

まずは普段から車両に関する重要書類や証明書の保管場所を家族で決めておくなど、

情報を一つにまとめる習慣を実践することが後々の助けとなりますので、

これを機にご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。