キリスト教の法事でやることは?日程や案内、服装や会食について

法要(法事)はそう頻繁に行われるものではないので、

主催する側も慣れていないことが多いものですが、

仏教と比べるとマイナーであるキリスト教の法要については

さらにわからないことが多いのではないでしょうか。

しかし、キリスト教にはそもそも「供養・法要」という概念がないので、

厳格な儀式がありません。

したがって、知識がなくてもあまり身構える必要はありませんので

安心してください。

ただ、最低限の知識があると何事もスムーズに進み、

過度に緊張することなく故人を心から偲ぶことができますので、

この機会にぜひキリスト教の儀式についての知識を学んでみてはいかがでしょうか。

このような知識は教養の一つしても大変意義があります。

キリスト教の法要について

仏教の法要の目的は、

故人の成仏と死後の幸福(これがいわゆる冥福です)を願うために行われ、

これを供養とよびます。

一方、キリスト教ではこの供養に該当する概念がありません

なぜならばキリスト教の考えでは、

クリスチャンにとって死は神様のもとへ行くことを意味するので、

忌むものではないのです。

したがって、そもそも四十九日や一周忌などの法要自体も本来はありません。

しかし、故人の「召天を記念する」という意味での儀式が存在します

この儀式はカトリックとプロテスタントで若干の違いがありますが、

行う内容はほぼ変わりありません。

両宗派とも仏教ほど厳密な決まりなどはないので、

仏教式に慣れている方からすれば少々アバウトな印象を受けるかもしれませんが、

これも先の説明の通り、死の定義が異なることと、

供養の概念がないことを考慮すれば納得がいくことでしょう。

ポイント

  • キリスト教には供養・法要の概念がない
  • クリスチャンにとって死は忌むものではない

以上のことをふまえ、

カトリックとプロテスタントの儀式について以下に説明していきます。

ここでは便宜上、儀式を法要と表現します。

キリスト教の法要

キリスト教の教えにおいて、死は嘆き悲しむことではありません。

「神に召された」ととらえますので、そのことを記念しつつ、

故人を偲ぶ儀式であると考えてよいでしょう。

具体的には以下のような法要が行われます。

カトリックの法要とは

カトリックの形式によって行われる法要を追悼ミサといいます。

追悼ミサは故人が亡くなった日から

3、7、30日目などの区切りで行われることが多いようです。

その後は特に決まったものはなく、これ以降ミサを行うかどうかは

遺族に任されています。しかし、命日など関係なく、

すべての死者のために祈りを捧げる「万霊節(オールソウルズデー)」

毎年11月に教会で特別ミサが行われますので、

このミサで故人を偲ぶ機会を年に一回は持つことになります。

プロテスタントの法要とは

プロテスタントでは故人の死後1カ月目の召天記念日(亡くなった日)に

遺族、牧師をはじめとする故人の関係者が集まって

記念式とよばれる式を行います。

「記念」という言葉が使われているのは

故人が神様に召されて旅立ったと考えるからです。

この召天記念日以降は特に礼拝などありませんが、何年かに一度、

節目の年などの命日に記念式を行うことがあるようです。

 

上記説明の通り、

キリスト教には亡くなって数日、または一カ月経ってから行われるもの以外、

特別な式などはありません

つまり今後、遺族が故人のために何らかの集い(つまり法要)をしたいと考えた場合、

自ら企画を立てるなければなりません。

いつ、どこで、誰を招いて行うかを遺族が率先して計画し、

教会の牧師や神父に相談することになります

ポイント

  • カトリック:故人の死後3、7、30日目などに追悼ミサを行う。毎年11月は教会で死者に祈りを捧げる万霊節がある
  • プロテスタント:死後一カ月目の命日(召天記念日)に記念式が行われる。以降は特にない

ミサ・式の内容

追悼ミサ、または記念式で行われる内容はほとんど変わりありません。

遺族、牧師または神父を中心に教会や自宅などに集まり、

讃美歌(カトリックでは聖歌)を歌い、祈祷・説教の後、

茶話会(さわかい)で菓子、軽食などを食べながら

参列者と故人との思い出などを語らいます。

法要の準備の流れ

日程を決めたら教会へ連絡し牧師や神父の都合を問い合わせましょう。

具体的な日時・場所が決まったら、招待する方に招待の連絡をします。

招待の仕方についても決まったものはありませんので、

普段から教会に通われている方を招待する場合には

口頭でお誘いしても構わないでしょう。

ただ、その場合でも式を行う場所の広さや、

茶話会でお出しする飲み物や食べ物のを準備する関係上、

大体の人数を把握することを忘れないようにしてください

茶話会で何を出すかについてもこの時点である程度は考えておくと後が楽です。

以下は招待状の例文です。郵送などで招待状を送る場合の参考にしてください。


妻の〇〇が神様のもとに召されからもうすぐ1カ月が経とうとしています。
葬儀の際はご参列いただきまして、誠にありがとうございました。

この度、〇〇が神に召されたことを記念しまして、△月△日に××教会にて召天記念式を行うことになりました。
大変お忙しいとは思いますが、ぜひ――様にご来席いただきたく本招待状を送らせていただきます。

記念式の後は軽食をご用意しますので、ご都合がつくようでしたらお越しいただければ幸いです。

キリスト教の法要での服装

最初の追悼ミサや記念式は喪服を着用しましょう

これ以降のミサや式では色を抑えた平服でも構いませんが、

迷う場合には喪服を着用した方が無難でしょう。

これはカトリック、プロテスタントともに共通です。

自分で判断できない場合は教会に相談してみてはいかがでしょうか。

ポイント

  • キリスト教のミサや式においても喪服着用が基本

謝礼について

キリスト教の式(法要)においても祈祷を執り行っていただいた神父・牧師に

ある程度のお礼をすることが一般的のようです

仏教でのお礼は「お布施」という形になりますが、

キリスト教では「寄付」としてお礼をお渡しすることになります。

お礼の相場金額

いくら程度をお礼の額ついては非常に多くの方が悩まれる点ですが、

キリスト教の式でのお礼は概ね5000円~5万円が相場のようです。

表書きの書き方

封筒に入れたお礼を「こちらは今回のお礼です」と言って手渡すことは

失礼にはあたりませんが、できれば表書きをした方がよいでしょう。

その際には封筒の表の中心に、以下のような表書きをします。

表書きの例

  • 御ミサ料(カトリック)
  • 記念献金(プロテスタント)
  • 献金(カトリック・プロテスタント)

また、神父や牧師個人にお礼を渡すことは自由ですが、

相手にとって負担にならない額にするようにしましょう。

お渡しする際の表書きは「お礼」などで構いません。

ポイント

  • お礼の相場は5000円~5万円
  • 封筒には「献金」などの表書きを
  • 神父・牧師個人へのお礼も可能

香典返し(返礼品)について

キリスト教の法要には香典返しはないが…

キリスト教の式には香典返しの習慣がありませんが、

香典やお花をいただいたままだと、何となく心苦しいと思う方もいることでしょう。

実際はキリスト教の式であっても香典返しとして返礼品を贈ることが一般的なようです

また、キリスト教には「忌明け」がありませんので、

追悼ミサや記念式の終了後にお渡しすることになります。

香典返しの相場

香典返しの相場は葬儀の際にいただいた額の半額~3分の1程度だとされていますので、

この程度の金額の返礼品をお渡しします。

この点については仏教の法要の場合と同じです。

ポイント

  • 香典返しについては仏教の場合と同じ

キリスト教が日本に伝わってから460年以上経ちますが、

それでもキリスト教の式で葬儀をする方はそこまで多くはなく、

仏教式と比べると不慣れなことが多いのが現状です。

また、故人だけがクリスチャンで、遺族は無宗教だった場合、

準備に手間がかかるのは仕方のないことでしょう。

しかしそのような場合でも、教会の神父・牧師をはじめとするスタッフの方に相談すれば

快く応じてくれるものです。

準備で困ることがあれば遠慮せずに教会に相談しましょう。