キリスト教の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

日本のキリスト教徒の人口は、文化庁の調査によると約294万人、

日本人の1%程度といわれています。

結婚式を教会で挙げる仏教徒はいても、

信仰に深く基づいて行われる“葬儀”をキリスト教式で行うのはほぼ信者だけとなり、

したがって葬儀に参列する機会は低いといえるでしょう。

ここでは、不慣れなキリスト教式の葬儀に参列する際のマナーについて、

式の内容とともに、服装、香典、供え物や座席についてなど詳しく解説しています。

キリスト教とは

日本では少数派のキリスト教徒ですが、世界的に見れば最も信者の多い宗教です。

教義は非常に奥深いものですが、簡潔にまとめるならば、

唯一の神と、その預言者であり子である“イエス・キリスト”を信仰し、

その教えによって、人間が生まれながらに持つ罪(原罪)の赦しを請い、

後に来る神からの裁きから救われる道を説いたもの

となります。

仏教のように宗派はあるものの、共通する教えの源は「旧約聖書」と「新約聖書」で、

日本国内に限定すればキリスト教徒のほとんどが

カトリック」か「プロテスタント」に属しています。

カトリックとプロテスタントの違い

ニュースで耳にする“ローマ教皇”はカトリックの長ですが、

プロテスタントには長となる人は存在していません。

このように、両者には異なる点も存在しますから、

まずはその違いを理解しておきましょう。

教会や儀式にも関係してきますので、予備知識として知っておくと良いですね。

 

《 カトリックとプロテスタントの主な違い 》
 カトリック プロテスタント
職名司祭 牧師
呼び掛け 神父 先生
十字架 イエス・キリスト像が含まれる。
ロザリオを用いる。
十字架のみ
聖母マリア 信仰が篤い 重く用いない
聖歌讃美歌
亡くなること帰天召天

“死”の捉え方

どんな宗派のキリスト教でも“死”に対する基本の考え方は同じです。

それは、

死とは肉体から霊魂が解き放たれ、地上での罪を許されて神のもとに召され、

永遠の安息を得ること

なので、決して悲しみ一色のものではないのです。

葬儀の意味もこれを反映して、

故人が地上での罪を許され、天国へ向かうことを祈る儀式

となります。

キリスト教徒は葬儀に際して、ある種の喜びを感じているとも言えるでしょう。

 
さらに仏教との違いを明確にするならば、「輪廻転生」はなく、

この世の命とは一度限りのものと考えます。

また、死者が仏や神になるといった神格化もありません。

このような死や死後に関する概念は、葬儀やその際の挨拶などに関係してくるので、

心の隅に留めておくと良いでしょう。

仏式の葬儀との違い

キリスト教の葬儀には、教義や概念が仏教と異なるために

独特の儀式や言葉があります。

ここでは仏教と比較しつつ、違いを解説していきましょう。

なお、断りがない限りはカトリックとプロテスタントによる違いはありません。

葬儀の流れ

一般的に、カトリックでは儀式を重んじた葬儀となる傾向が強いため、

所属している教会で式を行うことも多く、

教会によっては洗礼を受けていない人は招かないというケースもゼロではありません。

プロテスタントでは故人の意向を重んじる傾向があるので自由度が高く、

信者でなくてもキリスト教式の葬儀を挙げられることがあるほどです。

ただし、どちらも偶像崇拝は禁止ですのでご注意ください。

葬儀の流れにはカトリックとプロテスタントで違いがありますので、

それぞれ見ていきましょう。

なお、儀式で行う歌や献花については別項をご覧ください。

通夜にあたる儀式

もともとキリスト教に通夜はありません

しかし、我が国では日本の風習に合わせた独特の通夜が行われるようになりました。

その通夜にあたる儀式もカトリックとプロテスタントでは呼び名が異なっています

どちらも教会で行われることが多いですが、

中には司祭や牧師を招いて葬祭会館などで行うこともあります。

式の流れを見ていきましょう。

カトリックの「通夜のつどい」「通夜の祈り」

一般的な場合、遺族を含めた参列者は着席して司祭の到着を待ちます。

司祭が入堂するときは聖歌を斉唱し、参列者は起立して迎えますが、

聖歌斉唱の代わりに黙祷を捧げることもあります。

そして、司祭による聖書の朗読と説教が行われ、祈りに続いて“献香”が行われます。

献香とは司祭が行う儀式のことで、柩に聖水をかける“撒水(さんすい)”をしながら、

柩や祭壇の周囲をまわって香を振りかけるものです。

この後、別項で述べる「献花」が行われるのが一般的ですが、

代わりに仏式のような「焼香」が行われることもあります。

カトリック教会にはもともと香を焚く習慣があるので、

これと日本の風習を重ね合わせて焼香が取り入れられたと言われています。

最後に祈りが捧げられ、遺族が挨拶をして式を終えることが多いようです。

なお、式の後に軽食などが用意され、故人を偲ぶ場を設けることもあります。

仏式の通夜振る舞いのようなお酒は出ません。

プロテスタントの「前夜祭」「前夜式」

プロテスタントの場合は明確な決まりがないことが多いのですが、牧師に来てもらい、

オルガンの演奏や讃美歌を斉唱するところから始めるのが一般的です。

参列者は起立して迎えましょう。

続いて聖書を朗読し、牧師が祈りを捧げますので、その間は軽く頭を下げて黙祷します。

再び讃美歌を斉唱し、牧師による死に関する説教や故人を偲ぶ感話が行われてから、

もういちど讃美歌を斉唱し、献花をして終了します。

その後、故人を偲ぶ場として茶話会が催されることが多いようです。

葬儀・告別式にあたる儀式

本来、キリスト教には仏式の“告別式”にあたる儀式はありません

しかし、通夜のように日本の風習を取り入れて告別式を行うのが、

日本独特のキリスト教式葬儀となっています。

カトリックの「葬儀ミサ」「告別式」

カトリックの葬儀は「入堂式」「ミサ聖祭式(葬儀ミサ)」「赦祷(しゃとう)式」の

3つの儀式から成り立っています。

 
まず、オルガンなどで聖歌が演奏される中、

十字架と司祭が先導する形で棺が聖堂に運び込まれます(入堂式)ので、

参列者は頭を軽く垂れて迎えましょう

司祭と参列者が交互に祈りの言葉を唱えた後、祭壇と棺に撒水し、

司祭が“開式の辞”にあたる「入祭」の言葉を述べます。

 
故人が洗礼を受けたカトリック信者である場合は、

続いて「ミサ聖祭式」が行われます。

司祭が“死者のためのミサの祈り”を唱え、

参列者の中の信者も唱和してキリストへの感謝と故人の安息を祈る「言葉の典礼」と、

遺族が祭壇にパンと葡萄酒を捧げる「感謝の典礼」が行われます。

聖体拝領」も行われますが、

これは祭壇の前で司祭から聖体(パン)を受けるもので、故人が復活の神秘にあずかり、

永遠の命を得るようにと祈る、葬儀の中で重要な儀式です。

参列していても信者でない場合は、静かに見守っていましょう

 
ミサの終了後、司祭は祭服を着替えるために一度退場しますが、

再入堂すると「赦祷式」が始まります。

赦祷式とは故人の赦しを神に請い、永遠の安息が得られるように祈る儀式です。

まず、司祭の祈りの後、聖歌斉唱を行います。

続いて香炉と聖水を持って棺の前に立ってから、

聖水をかけて故人の罪を清め、香炉を振りながら棺を回る「献香」を行って、

故人の安息を祈ります。

そして司祭の祈祷のあと、聖歌斉唱をして葬儀は終了します。

 
本来はここで終わりなのですが、

日本では引き続いて「告別式」が行われることが多くあります。

告別式はカトリックの儀式ではないため、厳格な決め事はありません

しかし、一般的な流れとしてはまず聖歌斉唱をし、

司祭の言葉に続いて献香・撒水が行われます。

そして、“告別の祈り”と“結びの祈り”が捧げられたのち、司祭による献花が行われ、

司祭の退堂となります。

ここで弔辞が送られたり、弔電の紹介を行ったりし、遺族代表の挨拶がされた後、

一般参列者の献花と聖歌斉唱が行われ、出棺となります。

プロテスタントの「葬儀式」

プロテスタントの葬儀には特定の儀式がなく、告別式との区別も明確ではありませんが、

多くは次のような流れで行われます。

まず、オルガンなどで讃美歌が奏でられる中を

牧師が先導する形で喪主・遺族と入堂してきますので、

遺族でない場合は着席して待ちましょう

棺は既に祭壇に安置されている場合と、牧師の後から入堂する場合があります。

次に、牧師によって開式が告げられたあと、

聖書の朗読・祈祷が始まるので黙祷しましょう。

今度は起立して全員で讃美歌を斉唱し、

多くの場合、牧師によって故人の人柄や略歴が紹介されます。

続いて牧師による説教と故人の安息を願って祈祷が行われ、

弔辞の朗読や弔電の紹介のあと、起立して讃美歌を斉唱します。

ここで牧師が閉式の祈祷をしますので、黙祷しましょう。

オルガンなどの演奏と共に喪主の挨拶があり、この後、牧師から順に献花を行い

牧師によって閉式が告げられ、出棺となります。

火葬・骨揚げ

キリスト教では

天国にいる霊魂はやがて肉体の復活の日を迎えると地上に戻ってくる”とされています。

ですから、復活の日に備え肉体をそのまま埋葬する「土葬」が本来のスタイルです。

しかし、日本では土葬が許可されない自治体がほとんどですので、

キリスト教徒も火葬されます。

火葬の直前には、聖歌または讃美歌の斉唱最後の祈りを捧げますが、

カトリックでは撒水、撒香を行うこともあります。

骨揚げは仏式と同様に箸を用いて行いますが、二人一組になって行うことはせず、

それぞれが箸で拾って骨壺に収めていきます

ただし、プロテスタントでは箸を用いないこともあります。

骨壺は自宅に持ち帰り、後述する“追悼の儀”まで安置します。

座席

キリスト教の葬儀の多くは教会で行われますから、座席は聖堂内に設けられます。

聖堂の中には長椅子(ベンチ)タイプのイスが設置されていることが多いので、

参列者はここに着席することになります。

古いタイプですと前の座席の下部に“跪き台”が設けられていることがありますが、

かつては礼拝で跪くために用いたものなので、足などを載せてはいけません

 
聖堂内の一番奥に祭壇があり、司祭あるいは牧師がその前に立って式を進行します。

ベンチは祭壇に向かって左右に分かれていますので、

右側中央に喪主、隣やその後方に遺族が座り、

左側は世話役や友人・知人の席となることが多いようです。

一般参列者はその後ろに着席しますが、

いずれの場合も故人との縁が深い人ほど前列中央よりに座っていくのがマナーです。

ベンチタイプであるため、一度着席してしまうと出るのが困難になりますから、

トイレを含め、用事は全て済ませておきましょう。

歌(聖歌・讃美歌)

カトリックでは「聖歌」プロテスタントでは「讃美歌」と呼び、

神に歌を捧げるのはキリスト教の特徴といえるでしょう。

神を称える歌なので信者でないと知らないかもしれませんが、

歌詞付きの楽譜が配られることも多く、

どの聖歌・讃美歌も歌いやすいメロディのものが多いので、初めてでも意外と歌えます

 
葬儀では『いつくしみ深き』(カトリック聖歌集672番、讃美歌312番)、

主よみもとに近づかん』(聖歌総合版238番、讃美歌320番)がよく歌われます。

前者は小学校の音楽の教科書に『星の世界』という曲名で掲載されていますから、

歌詞は違っていてもメロディは知っているかもしれませんね。

後者はレオナルド・ディカプリオ主演映画『タイタニック』で、

沈みゆく船に狂騒する人々のために楽団員が奏でる曲として使われています。

もちろん強制ではありませんので聞いているだけでも大丈夫ですが、

できるだけ参加するようにしましょう。

献花

キリスト教の葬儀の中で仏式にないものに「献花」があります。

献花は仏教の“焼香”、神道の“玉串奉奠”にあたるもので、

祭壇に茎の長い白い花…多くは菊やカーネーションを捧げるものです。

キリスト教はもともと土葬ですから、

穴に棺を降ろしたときに参列者が穴に向けて献花をするわけですが、

日本では火葬してしまうため、この代わりとして日本独自の献花が行われています。

献花には作法があるので、参列前に知っておくといいですね。

献花の作法

  1. 遺族に一礼してから、花を両手で受け取ります。このとき、花が右手側になるようにし、右手は手のひらが上向き、左の手のひらは下向きにします。
  2. 献花台まで進み、一礼したら右手を手前に回して根元を献花台の方に向けます。今度は両手の手のひらが上向きになるようにしましょう。
  3. 献花台に花を静かに置き、黙祷します。
  4. 前をむいたまま数歩下がり、遺族や神父に一礼してから自分の席に戻りましょう。


なお、献花の順番は、

司祭または牧師 → 喪主 → 遺族 → 親族 → 一般参列者

となりますから、前の人の動きを見ておくといいですね。

香典(御花料、御ミサ料)

仏式の“香典”のように現金を葬儀に持参する風習はキリスト教にはなく

日本ではこういった風習にならった形で御花料」として持参するようになっています。

不祝儀袋、水引無しまたは花の柄が入った白い封筒のいずれかに入れますが、

蓮の花があるものは仏式用なので使えませんから気をつけてください。

一方、ユリの花や十字架があしらわれたものはキリスト教専用です。

表書きは「御花料」が一般的ですが、カトリックに限っては「御ミサ料」も使えます。

通夜または葬儀のときに持参するようにしましょう。

追悼の儀(法要)時については別項をご覧ください。

挨拶

キリスト教の“死”は、生まれながらの罪を赦され、

神のもとに召され永遠の命を得ることにつながります。

ですから、故人の死は悲しいことではあるものの、不幸ではないということです。

このため、挨拶でも

「安らかな眠りをお祈りいたします」

「さみしくなりますね」

「本日はお招きいただきましてありがとうございます」

のように故人の安寧を祈ったり、遺族の気持ちに寄り添ったり、

感謝したりする言葉が適切です。

一方で、仏式の葬儀でよく使われる“ご愁傷様”は、相手を気の毒に思う言葉ですので、

死が不幸ではないキリスト教徒にとっては不適切な言葉ですから、使ってはいけません

また、キリスト教では命は一度限りのもので、仏教のような輪廻転生はなく、

良いところへ転生できるように願う“供養”のほか、

冥土や仏の概念もありませんから“ご冥福”“成仏”も使ってはいけません

追悼の儀(法要)

通夜や葬儀のように、その後に行われる法要もキリスト教特有のものがあり、

さらにカトリックとプロテスタントでは異なっています

 
カトリックでは「追悼ミサ」といい、

亡くなった日から3日目、7日目、30日目に行うものですが、

最近では間は省略し、30日目のみ行うことが多いようです。

毎年の命日(祥月命日)にミサを行い、10年や20年の節目に盛大に催すこともあります。

いずれの場合も遺族や近親者が教会に集まり、

司祭による聖書の朗読や聖歌の合唱を行うことが多いのですが、

自宅に招いて行うこともあります。

その後、お茶会を開いて故人を偲ぶ場を設けるのが一般的です。

 
プロテスタントでは「記念式」または「召天記念式」といい、

亡くなった日(=召天記念日)から1か月目に行います。

こちらも遺族や親族などが集まり、

牧師による祈祷、説教、聖書の朗読と讃美歌の合唱を行い

終了後はお茶会を開いて故人を偲びます。

なお、教会で行う場合は単独の儀式としてではなく、

集会の一環として組み込んでもらう方法をとることが多いでしょう。

また、故人が亡くなってから1週間目や10日目にも祈りを捧げたり、

毎年の召天記念日や、3年目、7年目に

追悼の記念式を行ったりする場合もあります。

 
追悼の儀に招かれたら、カトリックでもプロテスタントでも

御花料として現金を包んで持参しましょう。

通夜・葬儀と同様の不祝儀袋や蓮以外の花・十字架のついた白い袋に入れていきます。

服装は略式の喪服か、グレー・紺などの地味なスーツなどにします。

年数が経つほどに喪の色は薄くしていっても大丈夫ですが、

教会で行う場合はある程度きちんとした服装を心掛けていきましょう。

供え物

日本の仏教や神道では当たり前のお供えも、キリスト教では一般的ではありません

キリスト教での「供え物」は生花(供花)のみと心得ましょう。

生花以外の供え物…例えばお酒や果物などは断られることもゼロではありません。

また、造花も受け取られませんので注意しましょう。

カトリックでは教会への供花も許されないこともあるため、

会場が教会の場合は確認しておくと安心です。

断られたら故人の自宅に送るようにしましょう。

 
なお、生花を供える場合、札に送り主の名前や肩書が書かれていることがありますが、

キリスト教では神以外をあがめることはタブー視されるので、

札を取り外してから供えることが多いようです。

また、偶像崇拝を禁止しているので、

花を豪華に飾り過ぎることも好ましくないとされています。

供花はシンプルなものにするのが良いでしょう。

服装

服装に関しては、仏式の場合と同様に考えて問題ありません。

男女ともにブラックフォーマルを着用するのが一般的で、

若い人であれば、ダークスーツでも大丈夫です。

靴やバッグなども金具や飾りがないものを身に付けましょう。

キリスト教では数珠は使用しませんので不要です。

なお、カトリックでは女性信者は黒いベールつきの帽子をかぶるのが正装ですが、

信者でなければ不要です。

仮に着用するとしても、遺族より格上の正装をするのはマナー違反になりますので、

シンプルなものに留めましょう。

服装や身だしなみについては下記記事にて詳しく解説していますので、

併せてご覧ください。

仏式における葬儀や通夜の服装について

なお、キリスト教の葬儀は故人の魂が天に召される記念日にもなりますので、

故人や遺族の希望により喪服以外の華やかな服装が望まれる場合もあります。

心中を察し、希望に沿うようにすると良いでしょう。