キリスト教の通夜・葬儀の流れとは?時期とやることまとめ

世界では多くの信徒を有するキリスト教も、

日本国内では少数派で約1%といわれています。

キリスト教式の葬儀に出席する機会も少なく、

信者であっても流れがよくわからないという人もいることでしょう。

ここでは、キリスト教式の臨終から通夜、葬儀・告別式などの

儀式ややるべきことについて、時間的な流れに沿って解説しています。

キリスト教の死生観と宗派

日本では少数派ですから、

故人がキリスト教徒でも他の家族は仏教徒というケースも決して珍しくはありません。

まず大切なのは、遺族の宗教が何であれ、故人がキリスト教を信仰していたのなら、

葬儀はキリスト教式で挙げた方が良いということです。

これは他の宗教についても言えることですが、

特にキリスト教の死生観は仏教中心の日本人から見ると異なることが大きな理由です。

生を終えたこと自体は悲しいのですが、

同時にキリスト教では「罪を赦され、神の御許に行けること」であり、

やがて訪れる復活の日まで天国で過ごせることを意味します。

キリスト教徒にとっての葬儀には、

悲しみだけではなく格別の思いが込められているのです。

そして天国へと旅立つためには、司祭や牧師の導きが必要とされています。

ですから、故人の信心を優先した葬儀にする方が望ましいと言えるでしょう。

 
そして、その際に注意しなければならないのがキリスト教の宗派です。

日本のほとんどのキリスト教徒が

カトリック」か「プロテスタント」のどちらかの宗派に属しています。

この2つの死生観はほぼ共通ですが、

儀式の内容や各名称、教義の受け止め方などが異なっています。

両者の違いを簡潔に表現するならば、


カトリック   : 伝統を重んじ、教皇中心のまとまった組織体系
プロテスタント : 聖書に忠実で寛容、多くの教派が存在する

ですが、葬儀に関して特に気を付けたい違いもありますので、

表や別項も併せてご参考ください。

《 カトリックとプロテスタントの主な違い 》
 カトリック プロテスタント
職名司祭 牧師
呼び掛け 神父 先生
十字架 イエス・キリスト像が含まれる。
ロザリオを用いる。
十字架のみ
聖母マリア 信仰が篤い 重く用いない
聖歌讃美歌
亡くなること帰天召天

教会や葬儀社との関係

キリスト教の葬儀は信者を対象に行われるのが一般的ですが、

プロテスタントでは信者以外の葬儀も行ってくれることがあります。

しかし、カトリックは厳格で、基本的に洗礼を受けた信者に対してのみ執り行われます。

どちらの宗派でも信者は住まいのある教会や洗礼を受けた教会の所属となっているので、

万が一の時には所属の教会へ連絡を入れ、指示を仰ぐと良いでしょう。

前項で触れたキリスト教の死生観にあるように、

どのように死を迎えるかは信者にとってとても重要です。

詳しくは各項で述べますが、臨終が近づいたら司祭・牧師に儀式を行ってもらいます。

このため、入院中であるならば病院側にキリスト教徒であることを伝え、

可能であれば延命措置をしてもらうなども必要かもしれません。

また、臨終の後には病院または警察などで遺体に処置をすることがありますが、

仏式で行ってしまうことも多いため、

キリスト教徒であることをきちんと伝えておいた方が良いでしょう。

 
葬儀式の進行は司祭・牧師が行ってくれますが、

式や会場の準備、その後の火葬の手配や法的手続きなどを考えると、

葬儀社へも依頼した方がスムーズです。

ただし、教会が提携している葬儀社がある場合も多いので必ず確認し、

遺族が手配するならばキリスト教式の葬儀に慣れているところを選ぶようにしましょう。

また、多くの場合、病院側から遺体を速やかに搬送するように求められます。

教会が提携している葬儀社があっても、

病院からの搬送は病院の提携先の葬儀社に依頼することもできますので、

通夜まで遺体を安置する場所が決まったら搬送をお願いしましょう

なお、病院(または警察)の医師が記入した「死亡診断書(死体検案書)」を

忘れずに受け取るようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

死亡届・火葬・埋葬許可証の書き方、時期や届け出先について

遺族の準備

納棺(後述)が済むと一段落しますので、

遺族は通夜や葬儀・告別式についての詳細を詰めていきましょう。

喪主と日程決め

まず遺族の代表として葬儀社や司祭・牧師と対応する「喪主」を決めます

キリスト教の場合は仏式よりも喪主が前面に出る機会は少ない傾向がありますが、

決め方や役割についてはこちらの記事で触れていますので、参考にしてください。

喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

さらに、式を行う場所と日程を決めていきます

キリスト教では教会で式を行うことが多いので、

司祭・牧師や教会の予定などを確認していきます。

特に都市部では火葬場が混み合っていることが多く、

火葬の日程が決まらないと葬儀の日程を決められないこともあるので注意しましょう。

なお、別項の『カトリック』『プロテスタント』にて火葬の儀式を紹介しますが、

所要時間や注意点などはこちらの記事で詳しく触れています。

火葬の流れと骨上げの作法とは?時間や順番・箸の使い方

式の詳細(席順・係・返礼品など)

席順、受付や会計をお願いする人、返礼品、

必要であれば弔辞をお願いする人、通夜後の茶話会なども決めていきましょう。

故人の遺志がある場合は尊重すべきですが、

できるだけ遺族・親戚とも相談して、葬儀の詳細を決めていくことをおすすめします。

「喪主だから」「家族だから」と勝手に決めると、

思わぬトラブルに発展することもあるので気を付けてくださいね。

 
なお、キリスト教式では“席順=献花の順番”となるので、

故人との関係性や社会的地位も考慮して決めていきましょう。

席の決め方は仏式と同様ですが、教会はベンチタイプの座席が多く、

通路の位置なども規模によって異なりますので、

葬儀社・教会などと相談して決めていくのが良いと思います。

席順についてはこちらでも触れています。

キリスト教の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

また、上座に通す人など席順に関わる基本はこちらで紹介しています。

通夜・葬儀・告別式・法事の席順のマナーとは?

 
また、キリスト教には仏式の香典のように現金を贈る習慣はありませんが、

日本では「御花料」などの表書きで参列者が持参するのが一般的です。

同様に喪主側も弔問へのお礼として返礼品を贈ることも少なくありません。

式の当日、これらに対応するのは受付係や会計係となりますから、

信頼できる人に予め依頼しておくことも必要です。

喪主は係を引き受けてくれた人に式の前に挨拶し、

葬儀社とともに香典の処理の仕方、返礼品などについて説明をしておきましょう。

なお、通夜・葬儀の進行に関しては、キリスト教式では司祭・牧師が行うので、

特に依頼する必要はありませんが、告別式は遺族側が取り仕切るのが一般的です。

告別式を行う場合は、司会進行を友人・葬儀社スタッフなどに依頼するか、

喪主が行うようにしましょう。

こちらのリンクにて係や返礼品について解説していますので、併せてご覧ください。

葬儀の「受付」を頼まれたときのマナーと対応について 葬儀・法事の返礼品、香典返しのマナーや相場、渡し方とは?

また、教会や会場へお花を持参したリ届けてくれる人もいますね。

しかし、キリスト教では“故人に供え物をする”という概念はないので、

場合によっては飾ってもらえないこともあります

飾る場合でも送り主の肩書が入った札はキリスト教では外すのが基本ですので、

了承してもらうようにしましょう。

 
茶話会を催す場合は教会の別室を借りることが多いようです。

準備するものなどは葬儀社や教会に相談して決めていきましょう。

司祭や牧師が説教をすることもあり、神への感謝や故人を偲ぶことが目的ですので、

仏式のような宴席ではありませんからお酒の用意は不要です。

教会などへの謝礼

一方で、司祭・牧師、教会などへのお礼も必要です。

キリスト教の場合は仏式のような“お布施”とは言わず、

教会へは「献金」カトリックは「御ミサ料」も可)、

司祭・牧師やオルガンの伴奏などをしてくれた人には「御礼」として

現金を包みます。

白無地の封筒に表書きをして用意しておきましょう。

葬儀の翌日に教会へ挨拶に行けるのであればその時に渡すのが正式ですが、

難しい場合は当日の茶話会の折などでも良いでしょう。

また、司祭・牧師に自宅などへ足を運んでもらった場合は、

上記とは別に「御車代」も渡します。

これは後日ではなく、その都度渡す方が良いでしょう。

金額の相場は教会の担当者に訪ねるのがいちばんですが、

葬儀全般の費用と併せて下記リンクもご参考ください。

なお、遺体の搬送や参列者の移動のための車の運転手

民営の火葬場では係員などにも心付けが必要です。

葬儀の形式、費用は?一般葬や家族葬、密葬など 火葬の流れと骨上げの作法とは?時間や順番・箸の使い方

服装と身だしなみ

通夜や葬儀の場では、喪主・遺族は喪服を着用するのがマナーです。

ほとんどが教会で行われるため洋装を選ぶ人が多いので、

喪主は喪服用のブラックスーツが良いでしょう。

第一礼装までする人は少ないですが、

厳粛な儀式にふさわしい服装と身だしなみを心掛けます。

靴やバッグなどの小物類も、飾りや光沢のないシンプルなものを選んでくださいね。

特にプロテスタントは簡素であることを良しとしますから、

女性の化粧なども控えめな方がおすすめです。

一方、通夜前に自宅で遺体を安置するときは、喪服ではなく平服で問題ありません

ただし、紺やグレーなど落ち着いた色調で無地のものを選びましょう。

服装や身だしなみについては、下記記事でさらに詳しく紹介しています。

喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

 
なお、キリスト教ならではの「聖歌・讃美歌」「献花」「座席」などのマナーにも

気を付けたいですね。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

キリスト教の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

カトリックの葬儀全般の流れ

カトリックでは次のような流れで弔うのが一般的です。

カトリックの葬儀の流れの例

臨終 : 「病者の塗油」「聖体拝領」
翌日 : 通夜「通夜のつどい(通夜の祈り)」
翌々日: 葬儀「入堂式」「ミサ聖祭式(葬儀ミサ)」「赦祷式」
     告別式
     火葬
30日目: 「追悼ミサ」

なお、追悼ミサについては別項にて触れていきます。

危篤から納棺まで

危篤の連絡を受けたら、速やかに所属の教会に本人のいる場所を知らせて

司祭に来てもらいましょう

カトリックは厳格ではありますが、

遠方など事情がある場合は近くの司祭を紹介してもらうなども可能です。

併せて看取ってもらいたい人にも連絡を入れ、

病院にはキリスト教徒であることを伝えておくと良いでしょう。

臨終

カトリックでは臨終が近づいたら司祭を呼び、

病者の塗油(びょうしゃのとゆ)」という儀式を行ってもらいます。

これは枕元に白い布で覆った祭壇を作り、火を灯した燭台2本と十字架を立て、

聖油壷、聖体(パンと赤ワイン)などを置き、司祭が死に瀕する人の額に手を置いて、

顔と両手に聖油で十字架を記すものです

そして、会話が可能であれば司祭が告解を聞き、

神にすべての罪からの解放と永遠の安息を祈ります。

病者の塗油は危篤に限らず闘病中にも行われるもので、

聖油には神の恵みや、病苦と戦う力を与えるという意味もあります。

 
続けて「聖体拝領」を行います。

キリスト教ではパンはキリストの肉体、ぶどう酒(赤ワイン)はキリストの血を意味し、

パンとぶどう酒を頂くことで復活の保証を得られるというものです。

仏式でいうところの「末期の水」に相当する儀式といえるでしょう。

司祭が祈りを捧げながらパンとワインを与えるので、

居合わせたら共に祈るようにしましょう。

臨終を迎えると、司祭は祈りを唱えて罪の赦しを与え、神の加護を願います。

万が一、司祭が臨終に間に合わなかった場合も同じように執り行ってくれるので、

静かに祈りながら司祭を待ちましょう。

 
なお、病院で行ってくれることも多いのですが、

臨終のあと、遺体を拭き清め、着替えや死に化粧をしてもらいます

故人が好きだった服に着替えさせてあげましょう。

病院で行わない場合は葬儀社スタッフや遺族で行います。

搬送と納棺式

まずは通夜まで遺体を安置できるところへ寝台車で搬送するよう手配しましょう。

遺体を安置したら手を胸で組ませ、故人が愛用していたロザリオを持たせます

司祭と遺族で囲んだら指示に従って祈り、司祭の「納棺の言葉」のあと、

聖書朗読・聖歌斉唱を行って、司祭が持参した聖水を撒いてもらいましょう。

この後、遺族で納棺し、遺体の周りを白い花で埋めて棺に黒い布をかけ、安置します。

棺の上に十字架をかたどった白い花を置くこともあります。

通夜を自宅で行う場合、北枕など遺体の向きは考慮しなくて大丈夫ですが、

棺の出入りが可能で空調のある部屋を選ぶようにしましょう。

小机で祭壇を作り、十字架、復活のロウソク、遺影、生花、聖水など

司祭の指示に従って飾ってください。

 
棺を安置したら、遺族は喪主を決めましょう。

そして改めて司祭に今後の式の依頼をし、葬儀社とも段取りを確認しておきましょう。

「通夜のつどい(通夜の祈り)」の流れ

通夜までの間、遺体を自宅など教会以外で安置していたときは、

棺が教会に向かうときに「出棺式」を行います。

本来、カトリックでは通夜を行いませんので出棺式は葬儀の前となりますが、

通夜も行う場合は通夜前が出棺式となるわけです。

最近では仏式のように葬儀・告別式終了後、

火葬場へ向かう前に行うことも増えてきました。

出棺式を行う場合は、所属の教会の神父を自宅などへ招き、

出棺の祈りを捧げてもらいましょう

遺影など通夜に必要なものを忘れないように持参してくださいね。

 
教会に到着したら棺を安置し、準備を整えます。

カトリックの「通夜のつどい」は日本独自のものですので決まりはありませんが、

教会で行う場合は次のように進行することが多いようです。

「通夜のつどい」の一般的な流れ
 

  1. 参列者着席
  2. 司祭入堂 
    参列者は起立して聖歌斉唱または黙祷
  3. 司祭による聖書の朗読・説教・祈り・撤水や献香など  
    司祭によって棺や祭壇に聖水や香をふりかけます。
  4. 献花
    仏式の焼香に相当する儀式です。カトリックには香を焚く習慣があるので、これと日本で一般的な風習を合わせて焼香を行うこともあります。
  5. 祈り
  6. 喪主の挨拶
  7. (終了)

  8. 茶話会


式に関しては司祭にお任せして問題ありませんので、

すべて教会側の指示に従って行動しましょう。

葬儀・告別式の流れ

通夜での決まり事が少ないのに対し、葬儀では厳格な儀式が行われます

カトリックの葬儀は「入堂式」「ミサ聖祭式」「赦祷式」の3つから成り、

本来は含まれませんが、これに続けて「告別式」が行われるのが一般的です。

それぞれの儀式は主に次のように行われます。

入堂式

棺を聖堂に運び込む儀式のことです。

聖歌が演奏される中、十字架と司祭の先導によって棺が聖堂に運び込まれ、

祭壇に安置されます。

この間、参列者は頭を垂れて、静かに迎えます。

棺の上には花であつらえた十字架、周囲に火を灯した6本の燭台と花が飾られ、

準備を整えます。

その後、司祭と参列者で交互に祈りの言葉を唱えます。

司祭が棺や祭壇に聖水や香を振りかけたあと、「入祭」が宣言され開会となります。

ミサ聖祭式

カトリックの葬儀の中で最も重要な儀式とされています。

まず、司祭が“死者のためのミサの祈り”を唱え、参列者も唱和します。

続いて「言葉の典礼」が行われます。

これは聖書の言葉に耳を傾けながら生や死について思いを巡らせ、

神の言葉の中に慰めと希望を見いだす儀式です。

次に遺族がパンとぶどう酒を祭壇に捧げ、司祭が神への感謝の祈りをささげると共に、

故人がキリストを通して神の元に迎えられるように祈ります

これが「感謝の典礼」です。

参列者の中の信者は「聖体拝領」も行います。

ここで司祭は服を着替えるために一度退場します。

赦祷式(しゃとうしき)

再び司祭が入堂したら、赦祷式が始まります。

赦祷式とは、故人の生前の罪について神に赦しを請い、

帰天して永遠の安息が得られるように祈る儀式です。

初めに、司祭が祈り、参列者で聖歌斉唱をします。

続いて聖水と香炉を持った侍者とともに司祭が棺の前に立ち、

聖水を掛けて故人の罪を清め、香炉を振りつつ棺を回り故人の安息を祈ります。

再び、司祭の祈りと聖歌斉唱をして終わります。

告別式

日本では多くの場合、赦祷式に続いて「告別式」を行うのが一般的になっています。

ただし、厳格なカトリック教会では伝統的ではないものとして行わないこともあります。

このため、多くの場合、司会進行は喪主や葬儀社のスタッフなどが行います

もちろん、故人の友人などに予めお願いしておいても良いでしょう。

一般的な内容は概ね次の通りです。

告別式の内容

  • 故人の略歴紹介
  • 弔電披露
  • 弔辞奉読
  • 喪主の挨拶

内容は仏式とほとんど同じですが、最後にオルガンによる聖歌の演奏の中、

司祭・喪主・遺族・一般参列者の順で献花を行い、全員で聖歌斉唱して終了となります。

なお、司祭は告別式が始まる前に退場することもあります。

火葬

葬儀と告別式が終わったら、最後の対面を行い、司祭が出棺の祈りを捧げます

遺族を中心に棺を教会から運び出し、参列者もこれに続きます。

火葬場へは司祭も同行し、炉の前で最後の祈りを捧げ、撤水・撤香を行います

キリスト教は基本的に土葬ですが、

日本ではほとんどの自治体で火葬することになりますので、火葬後の骨上げも行います。

ただし、仏式で行うように二人一組で箸で拾う作法ではなく、

喪主から順に一人ずつ拾って骨壺に納めていく形式が多いようです。

火葬場に着いた時に、係員にキリスト教式で行うことを告げておくと良いでしょう。

骨壺はキリスト教用に十字架があしらわれたものなどもありますが、

骨壺を納める墓のスペースは地域によって違いがありますので、

注意して用意しましょう。

キリスト教では火葬の当日に納骨することもありますが、

一度自宅に安置し、納骨は追悼ミサで行うことが多いようです。

プロテスタントの葬儀全般の流れ

プロテスタントでは次のような流れで弔うのが一般的です。

プロテスタントの葬儀の流れの例

臨終 : 「聖餐式」
翌日 : 通夜「前夜祭(前夜式)」
翌々日: 葬儀「葬儀式・告別式」
     火葬
1か月目:「召天記念式」

伝統を重んじるカトリックと違って、

プロテスタントは自由な部分もあり、葬儀も柔軟に対応してくれる傾向があります。

故人や遺族の意向があれば、教会に相談してみても良いでしょう。

信者ではなくても教会で葬儀を執り行ってくれるケースもあります。

なお、追悼にあたる「召天記念式」は別項で触れますので、そちらをご覧ください。

危篤から納棺まで

臨終が近づいたら、牧師を呼びましょう

併せて病院などにキリスト教徒であることを伝えておくことをおすすめします。

プロテスタントはさらに数百以上の宗派に分かれており儀式にも違いがあるため、

できれば所属している教会の牧師が良いですが、カトリックほど厳格ではないので、

病院近くの牧師でもお願いすれば来てくれることが多いようです。

可能であれば、小机に白または黒の布を掛け、

火を灯した燭台と花、聖書などを置きましょう。

牧師が到着したら、パンとぶどう酒を与える「聖餐式(せいさんしき)」を行います。

聖餐式はかの有名なキリストの「最後の晩餐」にちなんだ儀式で、

召天と安息を神に祈りながら看取ります

牧師が間に合わなくても、プロテスタントでは牧師と信者は同列という考えがあるので、

代わりに信者の誰かが儀式を行うこともできます。

 
臨終を迎えたら、故人の手を胸で組み、聖書を置きます

多くの場合、病院で遺体を清拭し、着替えをしてくれます。

故人のお気に入りの洋服を用意し、死に化粧をしてもらえるならお願いしましょう

納棺前に行っても問題ありません。

病院などからは速やかな遺体の搬送を求められるので、

病院から紹介された葬儀社などにお願いして寝台車を手配しましょう

葬儀を教会で行う場合でも、通夜までの間は自宅で安置するのが一般的です。

安置するのは空調があり棺の出し入れが可能な部屋が良いでしょう。

 
牧師が到着したら、「納棺式」を執り行ってもらいます。

納棺式は牧師の開式の宣言によって始められ、

同席する遺族は牧師に従って聖書の朗読と祈祷を行い、遺体を棺に納めます。

遺体の周囲を白い花で飾り、白のガウンを掛けてフタを載せます。

その上から黒い布を掛け、上に白い花でしつらえた十字架を飾ります。

続いて全員で讃美歌を斉唱し、牧師が故人の信仰について語った後、

神への感謝を述べます。

もう一度全員で讃美歌斉唱を行い、祈りを捧げて終わりとなります。

「前夜祭(前夜式)」(通夜)の流れ

カトリックと同様、本来「出棺式」は葬儀に向かうために自宅を出る際に行われますが、

前夜祭を自宅以外で行う場合はその前に行います

牧師を招き、棺の前で参列者全員による讃美歌斉唱のあと、

牧師による聖書の朗読と祈祷が行われます。

最後にもう一度讃美歌を斉唱し、教会などへ向かいます。

なお、プロテスタントの場合、葬儀全般は教会だけでなく、

牧師を呼んで葬祭会館などでも行うことがあります。

 
また、プロテスタントには「前夜祭」という儀式があり、

これは仏式の通夜に相当するものです。

本来は亡くなった日の翌日に行うもので、

最近では納棺式に続けて行われることも増えてきています

前夜祭は簡素な祭壇をしつらえた後、次のような流れで行うのが一般的です。

前夜祭の一般的な流れ
 

  1. 全員での讃美歌斉唱
  2. 聖書の朗読・祈祷
  3. 牧師による説教(故人を偲ぶもの)
  4. 献花
  5. 喪主の挨拶
  6. 茶話会

茶話会は牧師も交じり、軽食などを取りながら故人を偲ぶ会とすることが多いようです。

葬儀式(葬儀・告別式)の流れ

プロテスタントは教義に忠実ですが、それ以外の部分は大らかで教会による違いも多く

カトリックの葬儀で行われるような厳格な儀式はありません。

「撒水」や「撒香」もなく、賛美歌と献花が式の中心となります。

また、葬儀式と告別式にも明確な区別がなく、両者を続けて行うことも一般的です。

葬儀式・告別式の流れの例
 

  1. 入堂
    オルガンによる讃美歌演奏の中、牧師に先導されて喪主と遺族が入堂します。
    棺は牧師に続いて入堂する場合と、予め会場となる教会やホールに安置されている場合があります。
    一般参列客は自分の席で起立して迎えます。
  2. 開式
    牧師により開式が宣言されます。
  3. 聖書朗読・祈祷
    牧師が祈りを捧げる間、参列者は軽く頭を下げ、黙祷します。
  4. 讃美歌斉唱
  5. 故人の紹介
    故人の略歴と信仰について牧師が朗読します。友人代表などが行うこともあります。
  6. 追悼の説教・祈祷
    牧師による説教と安息を願う祈りが行われます。
  7. 弔辞・弔電披露
    弔辞をお願いする人、弔電を紹介する順番など予め決めておきましょう。
  8. 讃美歌斉唱
  9. 祝祷(しゅくとう)
    神の祝福を願って祈ります。
  10. 閉式の祈祷
  11. 喪主の挨拶
  12. 献花
    オルガンなどによる演奏の中、牧師・喪主・遺族・親族・信者・参列者の順で献花を行います。
  13. 閉式
    牧師により閉式が告げられて終了となります。

 

なお、讃美歌を斉唱するときは全員起立して行うのが一般的です。

また、斉唱する代わりにオルガンによる演奏が行われたり、

式進行の間に讃美歌斉唱が入ったりすることもあります。

歌われる讃美歌は故人の好きだった曲を選んでくれることも多いので、

希望があれば伝えてみましょう。

火葬前式

告別式が終わると遺族や知人によって棺を霊柩車に運び込み、火葬場へ向かいます。

火葬炉の前に棺を安置したら、

その上を花や十字架で飾り「火葬前式」を執り行います。

同行した牧師によって聖書の朗読と祈りが捧げられますので、

遺族・参列者も祈りましょう

全員で讃美歌を斉唱した後、故人に最後の別れを告げ、火葬となります。

骨上げはカトリックと同じように一人ずつ箸で拾って骨壺に納めていくのが主流です。

仏式と違う方法で行うので、

火葬場の係員にキリスト教徒であることを伝えておくと良いでしょう。

 
骨上げが終わったら、喪主は骨壺を持って自宅に帰り、安置することが多いです。

葬儀後の追悼について

カトリックでは亡くなった日から3日目、7日目、30日目と、

毎年の命日に「追悼ミサ」を行いますが、

3日目と7日目は省略されることも多くあります。

一方、プロテスタントでは、亡くなった日から7日~10日目と、

1か月目に「召天記念式」を行いますが、

こちらも7日~10日目は省略されることが多いようです。

 
そのため、重要視されるのが


カトリック  :30日目の「追悼ミサ」

プロテスタント:1か月目の「召天記念式」

で、司祭または牧師・遺族・親しい友人などが教会や自宅に集まって、

聖書の朗読・説教・聖歌または讃美歌の斉唱などがなされます

故人への追悼と神への感謝が行われ、茶話会を開くこともあります。

その後の追悼にも特に決まりはありませんが、


カトリック  :3年目、7年目、10年目などに追悼祈念ミサを教会で行う

プロテスタント:3年目、5年目に召天記念式を教会や葬祭会館などで行う

というのが一般的です。

なお、カトリックでは毎年11月2日が「死者の祈念日」とされているため、

命日に行うのではなく、この日に参列することで追悼ミサに替えることもあります。

 
また、既に触れましたが、本来のキリスト教は土葬が前提であり、

香典の風習もないため、葬儀後の儀式では故人の追悼と神への感謝が目的となりますが、

日本の風習を取り入れて行われる場合は、納骨・香典返しなどを行う必要があります

その節目となるのが葬儀後30日目もしくは1か月目に行われる

「追悼ミサ」や「召天記念式」です

日本ではこのときに納骨を行い、香典返しを発送するのが一般的になっています。

特に香典返しは日本的ではありますが、

弔意を表してくれた方々へのお礼の気持ちとなるので、忘れずにお返ししましょう。

なお、最近では香典返しの仕方も多様化しており、葬儀当日の対応も様々です。

詳しくはこちらの記事で触れています。

葬儀・法事の返礼品、香典返しのマナーや相場、渡し方とは?

また、キリスト教の法事の詳細はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

キリスト教の法事でやることは?日程や案内、服装や会食について