仏式における葬儀や通夜の服装について

慣れない弔事に参列するときは、何をどう準備したらよいのか悩む人も多いと思います。

服装はもちろん、小物や子どもはどうすべきかなど、わからないこともあるでしょう。

また、喪服が用意できない場合、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、弔事での服装にまつわるマナーや悩みについて詳しくお伝えするとともに、

通夜や告別式以外の法事・法要における服装についても解説していきます。

大人の場合

弔事では身内・友人・近隣住人としてだけでなく、会社関係や代理での出席など、

様々な立場での参列があります。

一般参列者の場合、基本的には下の表にあげたような服装と身だしなみをしていれば、

遺族に対して失礼に当たることはありません。

しかし、格式を重んじる場合や時代の変化などもあり、

細かく見ていくとこれに該当しないケースもゼロではありません

「昔はダメだったけれど今は良い」というものや、

「今ではこれが普通だけど、弔事ではマナー違反」となるケースもあるということです。

また、正式な喪服だからといって、遺族よりも格上の服装をするのもマナー違反です。

この辺りを含め、男女別に詳しく見ていきましょう。

 

《 通夜・葬儀・告別式の服装と身だしなみ 》
 服装・靴 身だしなみ
男性上下黒のブラックスーツと白のワイシャツ
ネクタイ、靴下、靴(エナメルは避ける)はいずれも黒
髪やヒゲは清潔感があるように整える。
結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けない。
女性上下黒のスーツ又はワンピース
(夏でも長袖が基本.
ジャケットがあった方が良い)
ストッキングは肌色が基本だが黒でも良い。
靴は金具などのない黒のパンプス
(エナメルは避け、ヒールは低めに)
薄化粧にする。
結婚指輪・パール以外のアクセサリーは身に付けない。
髪はまとめる。
マニキュアはしない。

男性の服装の例

女性の服装の例

男性

参列するときは弔事にふさわしい礼服と、

それに見合った小物などを身に付けていきます。

和装・洋装とありますが、

参列する側であれば洋装の喪服または略式礼装で良いでしょう。

服装

一般的な弔事の場合、

漆黒のブラックフォーマルスーツを着用していれば問題ありません。

中にはブラックといっても慶事で着る色が薄め(少しグレーっぽい)のものもあるので、

注意しましょう。

ジャケットのボタンタイプは、ダブルでもシングルでも問題ありませんが、

これに合わせるワイシャツ(ボタンダウンは避ける)は白、

ネクタイは黒でなければなりません。

ただし、仮通夜の場合は急いで駆け付けたり、会社から直接行ったりすることもあるので、

ダークスーツが望ましいでしょう。

喪服は用意していたかのような印象を与えてしまうので、かえって失礼にあたります。

小物類

弔事ではネクタイピンはしない方が良いでしょう。

カフスボタンも派手なもの・金属のものはしないようにします。

ポケットチーフも不要です。

腕時計も気になる人は外してしまいましょう。

靴下は黒の無地、靴もエナメル以外の黒の革靴にします。

もちろん、金具など光るものがついていないシンプルな靴を選びましょう。

 
ベルトを締める人も多いと思いますが、バックル部分には金属が使われているため、

気にする人もいるかもしれません。

しかし、式場ではジャケットを脱ぐことはないので、

ベルトが人目に付くことはまずありません。

地味なものを選んでおけば、問題ないでしょう。

 
また、会社帰りなどバッグ類を持参する場合は、

無地で金具の少ない地味な手提げタイプにします。

肩掛けや背負うタイプのバッグはカジュアルすぎて、

厳粛な葬儀の場にはふさわしくありません。

 
また、帽子に関しては賛否両論があり、確かに礼装では黒の中折れ帽を被るものですが、

仏式の場合は不要とされるのが一般的です。

もし被るのであれば、男性は室内で脱帽するのがマナーということを

忘れないようにしましょう。

女性

男性に比べると選択肢の多い女性の礼装ですが、

どれを選ぶかはファッション性よりも格式で考えましょう

弔事は個性を尊重する場ではなく、厳粛に故人の冥福を祈り、別れを告げるものです。

迷ったときは余計なものを身に付けず、黒のシンプルな服装で出席しましょう。

服装

まず洋装・和装とありますが、一般参列客なら洋装の方が適しています。

さらに、洋装の中でも格があり、皇族の方々が身に付けるような

「ブラックフォーマルに帽子・手袋・ベール」といった服装は最上級にあたり、

弔事で言えば喪主や遺族の服装となります。

したがって、一般参列客はこれよりも格が下の服装を心掛けるのがマナーです。

漆黒のスーツか長袖ジャケット付きのワンピースで、

スカートの丈は座っても膝が隠れる長さにしましょう。

ただし、スーツの場合はスカートだけでなくパンツスタイルもありますね。

できればスカートの方がフォーマルですが、

年配の方などは足さばきが良く、冷えにくいパンツでも問題ないでしょう。

女性のブラックフォーマルには、慶事で着るラメの入ったものや

ボタンが華やかなもの・金属製のものなどもありますが、

いずれも弔事には適していませんので注意してください。

 
そして、これらにストッキングを合わせます。

色は肌色が好ましいとされてきましたが、

最近は黒のストッキングの人も増えています。

夏場の暑いときであってもできるだけ露出を抑えるのがマナーですから、

素足やノースリーブなどは厳禁です。

必ずストッキングをはき、長袖にしましょう。

 
また、通夜など会社帰りに直接行くときはダークスーツであれば問題ありません。

男性同様、仮通夜の時は喪服よりもダークスーツや地味な服装の方が適しています。

小物類

女性の場合、靴の選択肢も広いのですが、

いちばんのおすすめはシンプルな黒革のパンプスで、ヒールが3㎝程度のものです。

光沢のあるエナメル素材や金具のついたものは、避けましょう。

また、低いヒールはカジュアル、高すぎるヒールは華美な印象を与えてしまい、

遺族に対して失礼にあたります。

ただし、年配の方がヒールの低い靴や歩きやすいシューズを履くのは、

やむを得ないでしょう。

 
また、女性はバッグを持参することが多いと思います。

靴と同様に、黒で金具のないタイプが弔事にふさわしいバッグといえるでしょう。

さらに、バッグの場合、エナメルだけでなく皮革自体が殺生に結びついてしまうことから

弔事では敬遠される傾向があります。

和装に草履を合わせていた時代は皮製品を身に付けていませんでしたが、

現在では革靴が主流のこともあり、気にしない人も増えています。

でも、マナーを重んじるなら革製以外のバッグで参列しましょう。

布製のものなら5000円くらいから購入できますし、

ホースヘア(馬の毛)のバッグは高級ですが上品な装いにふさわしいものです。

なお、ショルダーバッグやトートバッグはカジュアルな印象を与えるので

ハンドバッグ(手提げタイプ)を選び、

香典袋が無理なく入る横長のものが使いやすくおすすめです。

 
また、服装の項でも触れましたが、一般参列者であれば帽子は不要です。

弔事での帽子は「トークハット(トーク帽)」と呼ばれる“頭に載せるタイプ”のもので、

一般的な“かぶるタイプ”とは異なります。

顔全体や半分ほどを覆う黒いレースやベールが付いているものもあり、

正式には手袋もしますが、こういった喪服スタイルを洋画などで見て、

素敵に思う女性もいると思います。

しかし、女性の洋装の場合、帽子は第一礼装となり、喪主や遺族が身に付けるものです。

遺族以外が第一礼装やそれに準じた服装をすることは大きなマナー違反となりますし、

まして仏式の葬儀であるならば帽子は不要と心得ましょう。

装飾品(メガネ、アクセサリーなど)

意外と悩む人が多いのが「メガネ」です。

伊達メガネを除けば、メガネは視力のサポートを目的とした正規の医療器具ですから、

メガネをかけたまま参列することは何の問題もありません

ただし、最近ではメガネにファッション性を持たせたものも多く、

オシャレで個性的なものも増えています。

弔事は厳格な場ですから、普段愛用しているものではなく、

自己主張のないメガネをかけていくようにしましょう。

フレームが金属、黒、茶、紺など落ち着いたシンプルなものが適しており、

赤・黄色などの原色系や白は避ける方が無難です。

また、シンプルなフレームであっても、

太すぎたりデザインが真四角・真ん丸だったりすると

カジュアルな印象を与えますから注意しましょう。

シンプルなメガネを持っていない場合は、

参列するときだけ外しておくというのも一つの方法です。

サングラスも視覚障害がある方を除けば、外していくのがマナーです。

天候により必要なもの

 

雨や雪の日は傘、寒い日はコートや手袋など、天候によって必要な持ち物もありますね。

必ずしも必要なものではないため、弔事用として持っていない場合もあると思います。

 
まずは傘ですが、地味で無地のものを持っていきましょう。

具体的には黒・紺・濃いグレーの無地のものがベストですが、

ワンポイント程度であれば大丈夫です。

折りたためなくても良いのであれば、無色透明のビニール傘も問題なく使えます。

 
また、コート・手袋などの防寒具も地味なものを身に付けるのが基本です。

コートはダークカラーで無地が望ましく、皮や毛皮製品・アニマルプリントのものなどは

殺生を連想させるので弔事の席にふさわしいものではありません。

金属類の装飾品が付いたものも避けましょう。

多くの場合、コート類は会場の受付に預けることが多いので、

裏地が派手なものも避けた方が無難です。

手袋も皮革製品は避け、ダークカラーを選びましょう。

女性ものは装飾が付いているものや柄物も多いですが、

会場が屋内などで待ち時間なども寒くないのであれば、

到着する前にはずしてしまうという手もあります。

マフラー・ストールも同様に、できるだけシンプルで無地のものを選んでおきましょう。

冬場の屋外の受付は非常に冷え込みます。

防寒対策として喪服から見えないようにセーターやカーディガンを着込み、

使い捨てカイロを貼り付けていくようにしましょう。

最近ではスーツの下にも着られる薄手のダウンジャケットや、

足の裏に貼れるカイロなども売られていますので、用意できれば安心ですよ。

身だしなみ

服装は喪服に着替えれば問題ありませんが、

身だしなみの中には簡単に変更できないものもあります。

できるだけ弔事にふさわしく、シンプルかつ清潔感のあるものにしていきましょう。

髪・ヒゲ

髪は人の印象を大きく左右するものです。

特に弔事ではお辞儀をする機会が多いので、長髪の人は耳より下で髪を束ね

邪魔にならないようにしましょう。

女性なら低めに結い上げる方が適切ですが、余計な装飾品は付けないようにします。

男性はヒゲも清潔感があるように整えておきましょう

無精ヒゲ風の場合は剃ってしまった方が無難です。

 
また、ヘアカラーなどで明るい髪色になっていると、

弔事の席では非常に目立つものです。

市販のヘアマニキュアやスプレーなどを使って、暗めの髪色にしておきましょう

帽子をかぶるという方法もありますが、男性は式場内ではかぶらないのがマナーですし、

女性の場合は脱帽しなくて良いのですが格が上がってしまいますから、

適切な対応とは言えません。

化粧・マニキュア

女性の場合は薄化粧をして出席するのがマナーです。

ナチュラルメイクをして、マスカラなどは控えめに、

眉もきつく描きすぎないように気をつけましょう。

ノーメイクや派手なメイクはマナー違反となりますから、注意してください。

 
また、香典を渡す際や焼香のときなど手元は意外と目立ちますから、

マニキュアは落としていきましょう

ジェルネイルの場合は簡単に落とせないので、ベージュのネイルを重ね付けするか、

100円ショップなどで売っううているテーピングテープを巻いていくと

目立ちにくくなります。

手袋で隠す方法もありますが、

仏式の場合は焼香があるのではずさなければなりませんから、向かないでしょう。

子どもの場合

大人と違って子どもは喪服を持っていないことが多いので、

参列するとなると悩む人も多いと思います。

子どもの場合は年齢によって服装が異なってくるので、

下記を参考に準備してくださいね。

中学生・高校生

多くの中学・高校では指定の制服があります。

弔事には校則で定める通りの制服を着用していきましょう。

例えリボンやネクタイが赤など明るい色味であったとしても、

それを含めて「制服=正装」となりますから、全く問題ありません。

気にしてはずしていく人もいますが、大人でもノータイはマナー違反ですから、

制服の場合も同様と考えましょう。

また、校則で白の靴下やスニーカーが定められているのであれば、

そのまま出席して大丈夫です。

ただし、スニーカーは汚れを落としていくのが礼儀です。

もし持っているなら、靴はローファーなど学生らしい革靴を履いた方が

よりフォーマルに近づけられるでしょう。

小学生・乳幼児・制服なしの学生

 

子どもの服装には大人ほど厳格な決まりがないため、

制服を持っていない場合は悩む人が多いと思います。

しかし、地味でシンプルなものを選ぶのが弔事の基本です。

無地の黒い服があれば最も適していますが、

なければ紺・グレーなど控えめな色のものを合わせていきましょう。

 
男の子なら長ズボン・半ズボンどちらも可ですが、

半ズボンの場合は長めのソックスを合わせる方がフォーマルです。

女の子はワンピースでもスカートでも大丈夫ですが、

園服の場合を除き、半ズボンは避けた方が良いでしょう。

これらに白のシャツやブラウスを合わせ、さらに飾りの少ないブレザーやジャケット、

なければカーディガンなどを羽織れば万全です

靴下は黒や紺のソックスまたはハイソックスが良いでしょう。

くるぶし丈のスニーカーソックスや、膝上丈のニーハイタイプ、

ルーズソックスは厳禁です。

 
幼稚園に制服がある場合はそれがフォーマルになりますので、着用して出席できます。

ただし、帽子はかぶらないのがマナーです。

赤ちゃんの場合は黒にこだわる必要はありませんが、

白・水色・ベージュなどのシンプルなベビー服を選んで着ていきましょう。

襟付きのものやボレロなどの羽織物があるとフォーマル感が出るのでおすすめです。

 

法事・法要での服装

厳密には、法事は「読経などの供養を行う“法要”と、

それに併せて行う食事会などを含めたもの」を意味します。

しかし明確な区別なく、法事または法要と使われることが多いようです。

 
儀式としての法要は、

亡くなってから7週間のあいだ、7日ごとに供養する(追善供養)のが正式ですが、

1週目の「初七日」と7週目の「四十九日」に行うのが一般的になっています。

「四十九日」の法要が終わると“忌明け(いみあけ)”となり、

その後は一年後の「一周忌」、二年後の「三回忌」が比較的規模が大きく、

最長で三十三回忌まで法要が営まれることもあります。

ここでは、これらの法事・法要における服装について触れていきましょう。

初七日・一周忌・三回忌

最近では葬儀・告別式を終え、火葬して遺骨を迎えた後に続けて初七日の法要を行うのが

一般的になっています。

三回忌までの法事・法要は葬儀・告別式と同様の服装が良いとされていますので、

いずれもきちんとしたブラックフォーマルで出席しましょう。

なお、「平服にてお越しください」などの案内があった場合は、

ブラックフォーマルなら間違いありませんが、

濃いグレーや紺のスーツ・ワンピースなどにしても問題ありません。

七回忌以降

三回忌を過ぎると次は七回忌となりますが、

これ以降は遺族でなければ平服で問題ありません

平服といってもラフなもの・派手なものは避け、

男性ならダークスーツ、女性ならワンピースやスカートなど

落ち着いた服装を心掛けましょう。

 
小物類には厳格なルールはありませんが、服装にあったものを身に付けましょう。

わからなければ、年配の出席者に聞いてみると安心ですよ。

喪服がないとき

喪服を持っているものの、たまにしか着ないので

「サイズが合わなくなっていた」、「虫食い、汚れなどができていた」、

あるいは「社会に出て間がないので、まだ買っていない」など、

着られる喪服が手元にないといったケースも考えられます。

こういった場合には、次にあげるどちらかの方法で乗り切りましょう。

代用品で通夜に参列する

どうしても喪服が用意できないと告別式に出席することができません

なぜなら告別式は正式なセレモニーであるため、

“喪服”というドレスコードがあるからです。

ですから、喪服がないのであれば告別式ではなく、通夜に参列しましょう。

通夜は、もともとは訃報を聞いてすぐに駆け付けるべきものでした。

そのため、現在では喪服の着用が一般的になっているものの、

平服での参列も失礼にはなりません

普段着でも問題ありませんが、

良識の範囲としてダークカラーのスーツやリクルートスーツなどを

着用する方が望ましいでしょう。

ネクタイも黒か柄が少ないダークカラーのものを選び、

女性は胸元が開かないようボタンなどをしっかり留めましょう。

靴やバッグなどの小物は、前述の通りシンプルな黒いものを合わせていきましょう。

 
なお、若い人は告別式でも略礼装で問題ないとされています。

男性ならダークスーツに黒ネクタイ、

女性なら地味なスーツやワンピース、夏場はブラウスに地味なスカートでも大丈夫です。

しかし、周囲が黒一色なので、目立ちたくなければ喪服を用意しましょう。

レンタルを利用する

どうしても告別式に参列しなければならないときは、喪服を調達しましょう。

もし家族や友人から喪服が借りられるなら、それを着るという方法もあります。

それも手配できないなら、業者から喪服をレンタルしましょう。

多くの葬儀社ではレンタル喪服を取り扱っていますので、

連絡すれば用意しておいてもらえます。

また、最近ではインターネットでも簡単に喪服のレンタルが利用できます。

都内であれば注文後2時間で受け取れるシステムの業者もあり、

サイズやデザインも非常に豊富です。

マタニティサイズなどの特殊な喪服も5000円くらいから借りられますし、

バッグと靴のセットなどもあり、

全部まとめてレンタルしたいという人にもおすすめです。