仏式の葬儀・告別式の流れとは?時期ややることまとめ

葬儀や告別式に参列した経験はあっても、

実際に執り行う側になるとわからないことがたくさんあると思います。

葬儀社に依頼するとしても、

遺族の希望や都合によって葬儀・告別式の内容は様々ですから、

基本的な流れを踏まえた上で故人に合った最後の儀式にする方が、

円滑に悔いのないよう進められるのではないでしょうか。

ここでは、危篤や死亡時の対応を振り返りつつ、

葬儀・告別式に関して遺族が対処しなければならないことを具体的に紹介しています。

危篤から通夜まで

もしも入院中の家族が危篤状態になった場合

病院は緊急連絡先に登録されている家族の元へ電話をかけてきます。

電話を受けた人は、容体を聞いたうえで、すぐに駆け付けるようにしましょう。

同時に、万が一に備え、臨終に立ち会ってほしい人に電話をします。

時間帯を問わず、一報を入れましょう

 
残念ながら臨終を迎えてしまったら、訃報の連絡をしなければなりません。

この場合は、仮通夜に来てほしい人、通夜や葬儀・告別式に来てほしい人、

後日伝えれば良い人の3段階に分けて、連絡を取るとスムーズです。

危篤・死亡時の連絡の方法や文例などは、こちらの記事をご覧ください。

危篤や死亡の連絡(訃報)方法について

また、病院で亡くなった場合は退院手続き

自宅で亡くなった場合は119番や110番への通報が必要です。

詳しくはそれぞれの記事をご覧ください。

病院での臨終における手続きの流れ 自宅での臨終における手続き、安置について

なお、遺体の安置(運搬、枕飾りなど)は葬儀社に依頼するとスムーズです。

早急に複数社から見積もりを取って、

自分たちの希望にあった葬儀社や内容を決めていきましょう

近年の葬儀スタイルは実に様々で、伝統的なものから個性的なものまであります。

故人や遺族の意向に沿いたいところですが、費用面の問題もありますので、
良い
下記記事を参考にイメージすると良いと思います。

葬儀の形式、費用は?一般葬や家族葬、密葬など

なお、葬儀全般の詳細を詰めるにあたって、まずは喪主を決めることをおすすめします。

遺族の代表となる喪主が決まっていれば、話をまとめやすくなるからです。

故人の配偶者や長男が務めることが多いですが、その役割は多岐にわたります。

こちらの記事で詳しく触れていますので、ご参考ください。

喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

遺体を安置する場所へ運んだら、すぐに仮通夜や通夜の準備を始めます。

葬儀社に相談しながら一つ一つ決めていきましょう。

日程の調整も大切です。

現実的には火葬場の空き具合が優先され、火葬当日に葬儀・告別式、

その前日に通夜…と、さかのぼって決めていくことが多いです。

火葬場は六曜の「友引」が定休日となっていることが多いので、

これを避けて日程を調整していきましょう。

火葬場が混雑していて数日中に火葬できない場合や

年末年始などの人が集まりにくい時期は、

遺体を安置できる施設で預かってもらうことも必要です。

遺体の安置から仮通夜・通夜までの詳細はこちらをご参照ください。

仏式の通夜の流れとは?時期や準備、会食について

なお、死亡が確認された時点で「死亡診断書」または「死体検案書」が発行されます。

これを役所に提出して様々な手続きを行わないと、火葬することもできません。

必要な手続きと流れに関しては、こちらをご覧ください。

死亡届・火葬・埋葬許可証の書き方、時期や届け出先について

「葬儀」・「告別式」とは

「葬儀・告別式」と併記することが多いですが、

本来「葬儀」と「告別式」は別のものです。

混同して使われることも多く曖昧な点もありますが、一般的な違いをまとめると、

「葬儀」は “亡くなってから火葬に至るまでの一連の「葬送儀礼」の略称”で、

死者を成仏させるための宗教儀式です。

一方の「告別式」は宗教的儀式として扱わず

故人と縁のあった人たちが最後の別れを告げる場となります。

このため、「葬儀」では僧侶が故人をあの世へと送る儀式を行いますが、、

終わると式場から退出し、続いて始まる「告別式」には出席せず、

宗教的要素を含まずに執り行うこともあります。

その代わり、別れの音楽をかけたり、参列者全員で焼香したりして、

故人を見送る会にします。

最近では葬儀と告別式を分けずに行う形式も増えています

 
また、葬儀・告別式の前に行われる「通夜」も

葬儀と同じように弔いのための宗教儀式の一部です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

仏式の通夜の流れとは?時期や準備、会食について

葬儀・告別式への準備

葬儀・告別式の準備は、仮通夜を行いながら進めていくのが一般的です。

そのため、このときまでに遺族を中心に相談すべき人に集まってもらうことが必要です。

身内といえども思わぬ禍根が残らないように調整していきましょう。

また、葬儀・告別式の開始時間は、火葬場の予約時間から逆算するのが現実的です。

火葬の後は続けて「初七日法要」を行うことも多いため、長い一日となります。

葬儀社に頼れるところはお願いして、

負担なく当日を迎えられるよう、それぞれ確認・決定しておきましょう。

僧侶への確認

葬儀は通夜と同様に故人を弔う仏教儀式ですが、

最終段階となりますので、より厳かに行われることもあります。

例えば菩提寺に僧侶が複数いる場合、格の高い僧侶は葬儀に、その他の僧侶が通夜に…、

という場合もあります。

お布施の金額が変わる可能性もあるので、

誰が読経に来てくれるのか確認しておくと良いでしょう。

また、当日、会場への送迎が必要かどうかも確認しましょう。

世話役の確認

受付係や会計係などの世話役は通夜と同じ人にお願いしても良いと思います。

しかし、受付を屋外に設置する場合、夏場や冬場は負担が大きいので、

別の人にお願いするか交代制にするなどの配慮が必要かもしれません。

 
また、告別式は宗教的要素が薄れるため、

故人や遺族の思いを反映した内容にすることも多くあります。

例えば、友人に司会進行や代表挨拶(弔辞の奉読)をしてもらったり、

音楽葬などの場合は知人に生演奏をしてもらったりするなどです。

最適な人選をして、引き受けてもらえるかお願いしておくことも大切です。

準備が必要な事柄もありますから、早めに依頼しておくと良いでしょう。

世話役についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

葬儀の「受付」を頼まれたときのマナーと対応について

世話役への心付けについては別項をご覧ください。

 
なお、世話役ではありませんが、

出棺時に棺を霊柩車まで運んでくれる人も選んでおくと良いでしょう。

遺族・親族だけでも構いませんが、人手が足りないなどの理由で友人に依頼する場合は、

当日の葬儀開式前にお願いしておくようにします。

席次の確認

席次についてのマナーは通夜・葬儀・告別式とも同じです。

最近では一般弔問客の多くが通夜に参列する傾向があり、

故人の交友関係に勤め人が多い場合は、参列しやすい通夜に集中する可能性があります。

しかし、会社の代表として公に参列する人は葬儀の方に参列することも多いですから、

席次にはそれなりの配慮が必要です。

故人が在職中だった場合は、会社の役員・上司などは上座に通すようにしましょう。

 
また、多数の参列者が見込まれる場合、焼香台を別に設けることがあります。

通夜の時点から行うこともありますが、葬儀・告別式だけ対応することもあり、

その場合は座席の配置が変わりますから、見込み人数を葬儀社と相談し、

決めていきましょう。

なお、席次についてのマナーや決め方はこちらの記事で詳しく触れています。

通夜・葬儀・告別式・法事の席順のマナーとは?

服装

葬儀・告別式では喪主は正式喪服を着用、ほかの遺族は略喪服を着用するのが基本です。

しかし、最近は葬儀が簡素化する傾向があり、服装も略式化することが増えてきました。

したがって、葬儀のスタイルや規模に併せてふさわしい方を用意すると良いでしょう。

ただし、遺族が喪主よりも格上の服装にならないようにするのがマナーなので、

注意してください。

 
略喪服の場合は洋装が主流で、弔事用の“ブラックフォーマルスーツ”にします。

略喪服(男女)

    光沢のない漆黒の上下(スーツ)、光沢や飾りのない黒の靴

  • 男性
    黒のベルト・靴下、白いシャツ
  • 女性
    黒のバッグ(光沢・飾りなし)・ストッキング
  • ※ 遺族の女性は、パンツスーツは避けた方が無難です。

一方、正式喪服は和装を選ぶ人もいますが、洋装でも格の差はありませんので、

どちらでも問題ありません。

正式喪服(男性)

  • 和装
    黒など無地の小紋の着物、黒羽二重(くろはぶたえ)の染め抜き五つ紋の羽織、白い足袋、布製で鼻緒が黒(または白)の草履
  • 洋装
    黒のモーニングコート、シングルのベスト、黒かグレーに細いストライプのシングル裾のズボン

正式喪服(女性)

  • 和装
    黒無地で染め抜き五つ紋付の着物、白い半・長襦袢、黒い、白い足袋、布製で黒または鼻緒だけ黒の草履
    ※ 季節によって生地に違いあり
  • 洋装
    光沢のない黒無地のアフタヌーンドレス、ワンピース、アンサンブルのいずれか

なお、ここで紹介した男性の洋装は日中用で、

夜間に行われる通夜の正式洋装は異なりますのでご注意ください。

服装についての詳細はこちらの記事でご確認ください。

喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

供花・供物

供花・供物には

    • 喪主が手配するもの
    • 弔問客が持参・郵送してきたもの

があります。

かつては弔意の表れとして参列者が持参したものですが、

現在では香典として現金で贈るようになっているため、

当てにしていると数が揃わない可能性もあります。

どちらも一通りの準備は喪主側で行っておきましょう

親族名義にして用意することもよくあります。

直葬などのシンプルな葬儀スタイルであったとしても、

故人の冥福を祈るために備えるものですから、少量でも用意する方が良いでしょう。

供花や供物は通夜から告別式までの間、棺や祭壇に飾られたままの状態になりますから、

通夜までに日持ちの良いものを用意しておくようにします。

葬儀・告別式のために特別に準備するものではありませんが、

通夜までに届けられたものが少なく寂しいようでしたら、

葬儀に間に合うように追加発注しても良いでしょう。

 
供花には、故人とともに棺の中に入れる花(別れ花)と、

祭壇を飾るための花があります。

どちらも花の種類は決まっていませんが、仏式の場合はキクをメインに、

白や黄色、紫などの青系の色調で落ち着いた雰囲気に整えるのが一般的です。

清楚なユリや日持ちする洋ランもよく用いられています。

しかし、最近では「花祭壇」のように華やかに仕上げるケースもあり、

故人や遺族の希望で好みの花を揃えても良いでしょう。

トゲや毒のある花は避ける傾向がありますが、バラは好きな人が多く、

トゲを落として使用することもあります。

 
また、供物は祭壇に飾るのが一般的ですが、

葬儀後に参列者と分け合う習慣がある地域も見られます。

一般的には線香のほか、

盛り籠に入れた果物・酒といった飲食物が適しています。

ただし、風習に違いがあることも多いので、

年配の親戚や葬儀社などに確認して用意すると良いでしょう。

 
一方、弔問客が届けた供花や供物は祭壇に飾るようにします。

故人の交友関係が広かったり在職中だったりした場合は、

参列できない人からもたくさん届く可能性がありますから、

飾るスペースに余裕を持たせて用意することをおすすめします。

また、訃報を受けたものの供花や供物の手配が通夜には間に合わず、

葬儀・告別式に送るという人もいますから、

通夜よりも増える可能性を考慮しておきましょう。

仏式の場合、頂いた供花や供物には送り主の名が書かれているのが一般的ですので、

見えるように飾りましょう

配置は送り主の社会的地位などを考慮して、

見栄えのよいレイアウトになるよう葬儀社に相談してください。

そして、贈ってくれた人に対してお礼をするのがマナーです。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。

いただいた弔電や供花、供物。お返しはどうすればいい?

また、弔問客からの供花や供物を辞退することも可能です。

方法やマナーなどはこちらの記事にて紹介しています。

香典や供花の辞退は大丈夫?お互いの対応について

会葬礼状・会葬返礼品の確認

葬儀・告別式に参列してくれた人にはお礼状(会葬礼状)を添えて返礼品を渡します

最近では通夜への参列者が増える傾向にあり、

葬儀・告別式用の会葬返礼品を通夜返礼品に回すことも少なくありません。

このため、通夜返礼品と会葬返礼品は別々の品にするべきものですが、

同じ品物を用意するケースも増えており、

四十九日法要に併せて手配する香典返しも関係して複雑化しています。

一般的には通夜・告別式共通のものを

通夜に間に合うように見込み数で発注しておくと良いでしょう。

なお、返礼品や準備の詳細、相場などはこちらの記事でご確認ください。
葬儀・法事の返礼品、香典返しのマナーや相場、渡し方とは?

火葬場への同行者の確認

告別式終了後、遺体は火葬され、その後に続けて「初七日法要」を行うのが一般的です。

そのため、車や料理(精進落とし)の手配が必要ですので、

火葬場へ同行する人数と、初七日法要の出席者数を把握しておかねばなりません。

遺族・親族の誰が付き添うのか、前もって決めておきましょう。

また、友人・知人に同行をお願いする場合は、

訃報や式の日時を連絡した時に併せてお願いしておきましょう。

なお、当日になって参列者が火葬場への同行を申し出ることも考えられます。

車の座席や料理には多少の余裕を持たせて手配することをおすすめします。

葬儀・告別式の流れと対応

最近では葬儀と告別式を分けずに一体化して行うことも増えていますが、

ここでは別々に執り行う基本の形式について、流れや対応を解説していきます。

葬儀の流れ

宗教儀式である「葬儀」では僧侶の読経を中心に供養が営まれます

慣れない遺族に代わって、式の進行や準備は葬儀社スタッフが行い、

喪主や遺族が関わるべき場面では声を掛けてくれますので、心配することはありません。

しかし、次のような大まかな流れを把握しておくと、

よりスムーズな対応ができるでしょう。

葬儀の準備と流れ
 

  1. 司会者との打ち合わせ 
    式次第を確認しておきましょう。
    届いた弔電や供花・供物などの送り主を紹介するときは披露するものを選び、読み上げる順番・名前の読み方なども伝えておきます。
  2. 会場の準備 
    供花や供物などの並び順に失礼がないか確認します。
  3. 世話役などへの対応 
    受付係・会計係などの世話役に挨拶をしておきます。
    弔問客に尋ねられることもあるので、席次や会場についても説明しておくと良いでしょう。
    弔辞をお願いした人にも挨拶し、式の流れを説明しておきます。
  4. 僧侶の接待
    僧侶が到着したら控室へ案内し、挨拶します。
  5. 着席 
    式が始まる15分前には遺族・親族も着席して参列者を待ちましょう。

司会者の案内で式が始まると、僧侶が入場して読経が始められ、

授戒や引導などの儀式が行われます。

焼香は遺族・親族の順で行い、この前後に弔辞や弔電が披露されるのが一般的です。

すべての儀式を終え、僧侶が退場すると、葬儀は終了となります。

告別式の流れ

葬儀後、一区切りつける場合は15~20分ほどの休憩を挟んでから告別式が始まります。

告別式の主たる目的は、参列者が故人に別れを告げることです。

参列者が焼香を行うときに遺族は返礼をしますので、

葬儀の座席のままだと遺族から焼香台が見えない場合は、

休憩時間の間にイスの向きを変えておきます。

僧侶が再び入場し読経が始まりますので、

参列者に席次の順番で焼香してもらいましょう。

遺族は一人ひとりに会釈して返礼をするのがマナーです。

 
なお、葬儀と告別式の間に休憩を挟まず、僧侶も退出しない場合もありますので、

葬儀社と相談してスタイルを決めておくようにしましょう。

それぞれの内容についてはこちらの記事をご覧ください。
葬儀や通夜、告別式のマナーについて

出棺

告別式が終わると、遺族・親族(またはごく親しい友人)で最後のお別れをします。

棺を祭壇からおろして北枕に安置し、フタを開けて最後の対面を行います。

このとき、祭壇の供花を一人ずつ故人の周りに飾ったり(別れ花)、

故人の愛用していたものを納めたりします。

金属製やガラス製のものは火葬の際に遺骨に付着してしまったり、

炉を傷めるので禁止されていたりすることがあるので、避けた方が良いでしょう。

 
お別れが終わると棺のフタを閉じる「釘打ち」を行います。

故人と縁の深い人から順に、一人2回ずつ石で釘を打ちます

最後に葬儀社が完全に釘を打ってフタを固定してくれるので、

儀式として軽く打つだけで問題ありません。

終わったら、喪主が位牌を胸に抱えて先頭に立ち、

その後ろに遺族の一人が遺影を持って並び、遺族や友人などが棺を霊柩車まで運びます

その後、喪主が遺族の代表として挨拶を行います。

遺族は位牌と遺影を胸に抱えて喪主とともに横一列に並び、

見送りのために残ってくれた参列者と向き合います。

挨拶の内容は生前の厚誼・参列へのお礼と、

今後の支援についてのお願いをするといった簡潔なもので十分です。

詳細・文例などはこちらの記事をご覧ください。

喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

また、火葬場へ向かう際には「火葬許可証」を忘れないようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

死亡届・火葬・埋葬許可証の書き方、時期や届け出先について

初七日(繰り上げ法要・繰り込み法要)

初七日法要とは故人の死亡7日後に行うものですが、

近年では親族一同が再度集まるのが難しいこともあるので、

火葬後に続けて行う方が一般的になっています。

これを「付七日(つけなのか)」といい、

本来の初七日同様に僧侶に読経してもらい、焼香を行います。

 
付七日には「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」があります。


繰り上げ初七日 : 火葬の後に初七日法要を行うこと
繰り込み初七日 : 火葬の前に初七日法要を行うこと

ただし、単に付七日といったときは繰り上げ初七日を指したり、

繰り込みのことを繰り上げと称したりと曖昧な面もありますので注意しましょう。

最近では繰り込み法要が増加しているので、その影響もあると言われています。

この背景には、

  • 火葬場に会場がない場合、初七日法要とその後に行われる会食(精進落とし)の会場へ移動したり、手配したりするのが難しいこと。
  • 火葬の待ち時間が長いので、これを有効活用すること。

などがあります。

具体的には、繰り込み法要の場合は、告別式の後に初七日法要のための読経も行って、

火葬している間に精進落としをする、という流れになります。

遺骨がないのに初七日法要を行うことになるため賛否両論ですが、

長時間の葬儀一式は負担が大きいというのも事実です。

遺族の事情もあると思いますので、よく相談して決めるようにしましょう。

なお、火葬の詳細やマナーについてはこちらの記事で詳しく触れていますので、

ぜひご覧下さい。

火葬の流れと骨上げの作法とは?時間や順番・箸の使い方

費用について

葬儀一式にはたくさんのお金がかかります。

近年は縮小傾向にありますが、それでも数十万円は負担しなければなりません。

少なくない金額ですから、こういった費用も予め用意しておくことが重要です。

葬儀・告別式の当日には納骨にまつわる費用以外は精算できる状態になりますから、

きちんと把握し、準備しておきましょう。

代金

葬儀社へ支払う代金の内訳は実に様々です。

プランによって違いがありますが、多くの場合、

葬儀全般にかかった費用と通夜や初七日などの飲食接待費を含めた金額になり、

平均は約148万円(日本消費者協会によるアンケート調査:2017年)といわれています。

支払い方法は現金による一括払い(手渡し・銀行振込)が一般的ですが、

クレジットカードや分割払いに対応している葬儀社も増えています。

期限は葬儀終了後から1週間が多いですが、中には葬儀当日までというところもあり、

依頼時に前金として半額支払う場合や分割払いが可能なところもあるので、

よく確認しておきましょう。

 
また、葬儀費用を故人が生前に貯めていたとしても、

死亡と同時に銀行口座が凍結され出金できなくなってしまうので注意が必要です。

故人の口座から引き出すには遺産相続などの手続きが終わってからにするか、

万が一に備えて引き出しておくようにしましょう。

死亡時の銀行手続きに関しては、こちらをご覧ください。

死亡後の銀行の手続き、凍結や相続税について

お布施

葬儀社とは別に用意しなければならないお金が、寺院への謝礼金「お布施」です。

お布施には読経などの儀式に関するものと、

位牌に記す戒名を授かるためのものがあります。

お布施の難しい点は故人・檀家と寺社との関係性…

つまり、どのくらい寺社に対して貢献・信心してきたかによって

金額が変わるところにあります。

一般的には総額20万~80万円くらいが相場といわれていますが、

戒名に関しては高い位を希望すると相応の金額が必要な場合もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
戒名(法名・法号)の付け方、位や例、料金について

心づけ

葬儀・告別式、その後の火葬や初七日法要で

お世話になる人への謝礼金を「心づけ」といいます。

代金ではありませんので、渡さなければいけないわけではありませんが、

準備を円滑にしてもらいたい場合のチップ替わりや、

気持ちよく故人を送れた際のお礼の気持ちとして渡すのがマナーとされています。

用意する場合は白い無地の封筒(または小さい不祝儀袋)に入れて

持ち歩いておきましょう。

渡す相手と金額の目安は下表を参考にしてください。

親しい人に渡す場合は、現金の代わりに菓子折りにしても良いでしょう。

《 弔事にまつわる心づけと金額の一覧 》
渡す相手表書き金額の相場
世話役(受付係・会計係など)
御車代5,000~1万円
世話役代表御車代1万円~2万円
送迎用ハイヤーの運転手
(僧侶など)
寸志・志など 2,000~5,000円
霊柩車の運転手
(霊柩車のランクによる)
寸志・志など3,000~10,000円
送迎用マイクロバスの運転手
寸志・志など3,000~5,000円
火葬場の係員寸志・志など3,000~5,000円
(公営の場合は不要)
火葬場休憩室の接待係寸志・志など3,000~5,000円
(公営の場合は不要)

なお、僧侶が自分で会場まで来る場合も、

御車代として2,000~5,000円(距離にもよる)包みましょう。

渡すタイミングですが、前もって渡す方が受け取った方も心情的に良いと思います。

ただし、タイミングが難しかったり、遺族が忙しかったりすることもありますので、

葬儀社に相談してタイミングを教えてもらうようにするか、

心づけをスタッフに預けて渡してもらうなどしても良いと思います。

葬儀全般にまつわる費用の内訳は、こちらの記事をご参考ください。
葬儀の形式、費用は?一般葬や家族葬、密葬など