友引に葬式をしてはいけない?本来の意味と関係者の配慮

友引だから葬儀が延期になりますという通知を頂くことがあります。

漠然と友引は葬式をしてはいけないものと思ってますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

友引に葬儀告別式をしないという本当の理由を調てみました。

友引が避けられる理由

友引は大安や仏滅と同じ、六曜の一つです。

友引に葬儀を行うと故人と親しかった人も連れていかれてしまうと言われているため、葬儀を避けるという風習ができました。

しかし本来の意味は、友引ではなく供引であり、何事も引き分けとなり勝負がつかない日という意味で、正午以外の時間は吉とされています。

実際供引という字が最初にあったのではという説もあります。

六曜とは

大安、仏滅、赤口、友引、先負、先勝とカレンダーにあるのが六曜です。

この六曜はそもそもは中国の天文学、占術、歴学がベースにあります。

六曜では6日をひとつの周期とし、日付にそれぞれの文言を当てはめました。

六曜の一つである友引は、前述したとおり正午以外は吉日とされ、逆に赤口は正午を挟んで吉とするなど、現代の事情には沿ぐわないものも多くあります。

記録によると室町時代ぐらいから広まったと云われています。

世の中の総体的な日の吉凶で、旧暦では正月と七月の一日は必ず「先勝」。

二月と八月の一日は「友引」。

同じく三月・九月は「先負」、四月・十月は「仏滅」、五月・十一月は「大安」、六月と十二月の一日は「赤口」と定められています。

一見定期的に順回りのように見える六曜ですが、旧暦の一日(ついたち)が定められているため、そこを起点として周回します。

葬儀告別式は友引を避けるべきか

本来の友引の意味を考えると、特に葬儀告別式を避ける理由はありません。

供に引き分けるという供引に友引という字を当てたことで、友を引くという解釈に繋がりました。

文字や言葉には言霊が宿ると信じていた日本人ならではの解釈ではないでしょうか。

仏滅と同様、友引も仏教とは何の関係もありません。

迷信ともいえるこうした内容が、長い時間をかけて定着したことで、友引には葬儀を行わない地域も沢山あります。

また例え葬儀を行ったとしても、迷信を大切にする年配者などは、参列に抵抗を感じる人もいます。

友引に葬儀告別式を行わないという暗黙のルールは、迷信以外の何ものでもありませんが、配慮が必要となる事を忘れてはいけません。

友引に通夜は問題なし

葬儀告別式に友引が避けられるのは普通ですが、通夜はどうでしょうか。

通夜を友引の日に行う事については、特に問題はないようです。

ただし、告別式が通夜にあたってしまう場合などは、それを避けるために通夜の日程が調整されることがあります。

法事・法要は友引でも問題なし

法事や法要は、命日の前にあたる週末に執り行われることが多いという履歴があります。

ここでも友引を始めとする六曜が気にされているといった事実はありませんでした。

結果、友引に葬儀をしないのは言霊を信じる日本人的迷信であり、葬儀告別式を執り行っても得に問題はないという結論になります。

友引に葬儀を行う際の注意点

友引に葬儀告別式を行わないというのは、迷信であるとは言いました。

しかし迷信も長い間信じ続けられたことで、もはや社会のルールにまでなってしまった感があります。

何かしらの事情で、どうしても友引に葬儀告別式を行う場合は、幾つかの注意点があります。

ぜひ参考にしてください。

友引に葬儀告別式を執り行う時の注意点

  • 葬儀に参列する人への配慮は不可欠
  • 葬儀社や火葬場の休みに注意

葬儀に参列する人への配慮は不可欠

友引の葬儀告別式を嫌がる人は、沢山います。

そうした人には、どうしても友引に葬儀を行う必要があることを理解いただいたり、前日の通夜のみの参列をお願いしたりなどの配慮を欠かさない事が大切です。

葬儀社・火葬場の休み

友引には葬儀告別式を行わないというのが慣例となっているため、友引はこうした関連施設も休みになっている事が多いという現実があります。

実際、葬儀社のカレンダーは友引に休みの印があるものが用いられているようです。

また通夜の翌日が葬儀となるため、友引前日の夜も通夜は無いものとして休みにしているというのが実情です。

どうしても友引に葬儀告別式を執り行う必要があるときは、こうした事も確認する必要があります。

また友引翌日の火葬場は、俗に友引開けといわれ混雑するのが普通ですから、火葬場の予約が取れないという場合もあります。

友引についてまとめ

いたる処で日本人の生活に溶け込んでいる言霊信仰。

友引に葬儀をしないというのも、そんな迷信の一つでした。

こうした迷信は、八百万の神々を祀り、自然と一体化して生きてきた日本人ならではの美徳の一つかもしれません。

葬儀や埋葬の形が変わりつつあるこれからの時代、こうした迷信も徐々に薄れていく可能性は少なからずあるでしょう。

しかしまだまだ頑なにこうした事を信じている人も少なくありません。

迷信だといって笑い飛ばすのではなく、それぞれの気持ちを思いやりつつ故人を見送る事が出来れば、それが一番良いのではないかと思います。