喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

自分の親や配偶者が亡くなったときなど、

葬儀の一切を取り仕切る「喪主」を務めることがあります。

葬儀に出席した経験はあっても、

喪主となると責任も重く、何をどうしたら良いのかわからないですよね。

中には喪主だけの特別なものがありますから、

弔問客に失礼のないようにしたいものです。

ここでは喪主になったときに特に注意したい「挨拶」と「服装」について、

具体例を交えて解説していきたいと思います。

喪主とは

喪主とは通夜・葬儀・告別式などの儀式を中心となって執り行い、

遺族を代表して弔問を受ける人のことです。

遺言で定められていればその人を優先しますが、

一般的には故人との縁が最も深い人(同じであれば優先的に男性)

喪主を務めるのが一般的です。

喪主の優先順位の例

(故人の遺言 → ) 

配偶者(夫または妻) 

→ 子ども(長男→次男…) → 子ども(長女→次女…)

→ 故人の兄弟・姉妹

 ※ 故人が子どもで配偶者がいない場合は父親(または母親)が喪主

大切な人を亡くしたばかりという悲しみの中にあっても、

喪主は葬儀を主催する側の責任者ですから下記のような多くの役割があり、

それなりに負担は大きくなります。

喪主の主な役割

  • 葬儀全体の監督
  • 親戚・葬儀の世話役・葬儀社との連携
  • 寺院(菩提寺)への連絡と僧侶の接待
  • 挨拶(通夜、告別式、出棺時、通夜振る舞いや精進落としの席など)
  • 弔問客への対応

このため、たとえ喪主の優先順位が高い立場であっても、

高齢・病弱あるいは故人の死によるダメージが大きい場合などは

他の人が喪主を務めるか、手厚いサポートが必要です。

葬儀社や親戚などと相談しながら決めていきましょう。

 
なお、故人が遺言で喪主を友人などに決めている場合や、

配偶者や血縁者がいない場合は関係のある人が引き受けることもあるので、

必ずしも家族・親戚とは限りません

こういったケースでは「喪主」ではなく

「友人代表」「世話人代表」などと呼ぶことが多いようです。

また、喪主を一人に決められないときは複数人でも問題ありません

あらかじめ役割分担を決めておけばスムーズでしょう。

喪主の服装

遺族の代表となる喪主は、正式な喪服を着用するのがマナーです。

しかし、最近の傾向や通夜・告別式での違いなどもあるため、

場違いにならないように心掛けたいですね。

詳しく見ていきましょう。

通夜の場合


男性の服装の例

女性の服装の例

昔は、通夜の席でも喪主を含め故人から三親等までの親族は

正式な喪服を着るのが普通でした。

しかし、現在では正式な喪服は葬儀・告別式のみで、

通夜は略喪服(略式礼装の喪服)というのが主流になっています。

略喪服は弔事用の“ブラックフォーマルスーツ”で、

男女とも光沢のない漆黒の上下と靴に、男性は黒のベルトと靴下に白いシャツ

女性は黒のバッグとストッキングを合わせる洋装が多く見られます

ただし、女性の場合、喪主であればスーツはパンツスタイルでなく、

スカートの方が良いでしょう。

マニキュアなどは落とし、アクセサリー類は全てはずしておきます。

結婚指輪とパールは許容範囲といわれていますが、目立つものは避けましょう。

焼香の邪魔にならないよう長い髪はシンプルにまとめるか結い上げるのが基本です。

メイクは薄く自然に仕上げましょう。

泣くとアイメイクは崩れやすいので控えめに、チークはしない方が良いでしょう。

和装の場合、略式では男性は正式喪服の羽織の紋が一つ紋か三つ紋

女性は寒色系の無地に一つ紋または三つ紋をつけた半喪服となります。

 
なお、正式喪服を着用しても問題ありませんので、

通夜の規模などを考慮して決めても良いでしょう。

ただし、洋装の場合、正式喪服のモーニングコート、アフタヌーンドレスは昼用なので、

通夜の時間帯の正装はブラックフォーマルとなります。

正式喪服については次項をご覧ください。

葬儀・告別式の場合

通夜の翌日に行われる葬儀および告別式では、喪主は正式喪服を着用するのが基本です。

しかし、最近では葬儀スタイルが多様化したこともあり、

喪主でも通夜と同等の略喪服(前項参照)を着用することが増えてきています

ここでは男女別の正式喪服について説明していきましょう。

和装と洋装がありますが、正式喪服としての格はどちらも同じですので、

どちらを選んでも大丈夫です。

着物の着方がわからないという場合は、葬儀社が着付けできる人を派遣してくれたり、

会場に着付けとヘアセットをしてくれる人が常駐していたりすることが多いので、

相談してみましょう。

男性の正式喪服

和装

男性の正式和装と注意点

男性の正式喪服の和装は、黒っぽい無地の小紋の着物を着て、

その上に黒羽二重(くろはぶたえ)の染め抜き五つ紋の羽織を重ね、をはきます。

この和装は慶事も弔事も同じものとなります。

袴は仙台平で角帯、足袋は白色(地域によっては黒)が一般的です。

衿は白、ねずみ色などの羽二重ですが、

弔事では重ねると縁起が悪いため、重ねないように注意してください。

草履は鼻緒が黒いものが一般的ですが、白でも大丈夫です。

洋装

男性の正式洋装と注意点

男性喪主の正式喪服は黒のモーニングコートで、ジャケットと共地のシングルのベスト

黒かグレーに細いストライプのシングル裾のズボンを合わせます。

シャツは白、ネクタイは黒でどちらも無地のものにし、

ベルトは使わずサスペンダーにするのが基本です。

ただし、これは昼間の礼装なので、

通夜で着用する場合は弔事用のブラックフォーマルが正装となるので注意しましょう。

女性の正式喪服

和装

女性の正式和装と注意点

女性の場合は、黒無地で染め抜き五つ紋付の着物が正式喪服となります。

関東と関西では着物の生地に違いが見られましたが、

現在は共通して縮緬が主流になっているようです。

暑い季節には絽や一重とする場合もありますが、いずれもマナー違反とはなりません。

半襟・長襦袢は白を選び、帯は黒の袋帯または名古屋帯

帯締めは黒の平打ちが基本で、帯留めは付けないのがマナーです。

足袋は白、草履は布製の黒または鼻緒だけ黒のものにします。

バッグは和装用の布でできた黒いものを持ちます。

和装のときは髪をアップにすることが多いですが、

髪飾りは付けないか、目立たないものにする方が良いでしょう。

洋装

女性の正式洋装と注意点

女性が喪主を務める場合、和装の方が多く見られますが、

格の違いはないので洋装でも全く問題ありません。

洋装の正式喪服にはアフタヌーンドレスやワンピース、アンサンブルがありますが、

いずれも光沢のない黒の無地のものとなります。

日常生活にはあまり縁のないドレスコードなので、簡単な説明を載せておきますね。

《 女性の正式喪服 》
アフタヌーンドレススカート丈はくるぶし以上、袖は七分以上で、襟ぐりが浅く露出の少ないもの。
日中の正装(夜間の正装はイブニングドレスだが、弔事には適さない)。
ワンピース 上着とスカートが一体となったもの。正式喪服ではスカート丈がひざ下5~7㎝以上が一般的。
長いほど格式が高いがくるぶしまでとする。
アンサンブル 布地・色などを統一して作られた一揃いの服。
喪服ではドレスやワンピースに同素材のジャケット類を合わせたものが一般的。

この中で最も格式が高いのはアフタヌーンドレスですが、

日本では皇室行事以外であまり目にする機会もないため、

喪主の洋装として選ぶならワンピースかアンサンブルがおすすめです。

ただし、スカート丈は長め、襟元が詰まったタイプを選ぶと

よりフォーマル感が増すので良いでしょう。

暑い時期でも露出を少なくするように気をつけてください。

これに黒くて飾りのない布製のバッグと

パンプス(ヒールの高すぎないもの)を合わせます。

弔問客であれば皮革製でもあまり問題視されませんが、

喪主の場合は布製のバッグを用意する方が良いでしょう。

なお、パンツスタイルのアンサンブル、黒のスーツなどは、

喪主の葬儀・告別式の服装としてふさわしくありませんので気をつけてください。

喪服の注意点

喪服の選び方が正しくても、

ちょっとした勘違いや立ち居振る舞いがマナー違反になることもあります。

次の点にも気をつけておくと良いでしょう。

喪主の服に関する注意点

  • 最も格上の服装にする。
    喪主以外の人が喪主よりも格上の服を着るのは冠婚葬祭のマナー違反となります。他の遺族とも服装の打ち合わせをしておきましょう
    男性のモーニングコート、女性のアフタヌーンドレスは日中の礼装です。
  • 通夜で略喪服を着る場合でも黒を選ぶ。
    一般弔問客であればダークグレーや紺でも問題ありませんが、喪主は必ず黒にしましょう。
  • 正しく着こなす。
    式が全て終わるまでは、上着を脱いだりネクタイを緩めたりしないようにしましょう。
  • 喪主と遺族は喪章をつける。
    喪章は遺族であることを示すものです。以前は喪服の格によって遺族の区別がついたのですが、近年では服装での差別化が難しくなっていますので、葬儀の関係者であることが弔問客にわかりやすいようつけると良いでしょう(葬儀の規模によって付けないことも増えています)。
    リボンや腕章などのタイプがあり、葬儀社でも用意してもらえます。

挨拶

喪主の大切な役目の1つに、挨拶があります。

内容は、弔問に訪れてくれたことへの感謝と生前の親交に対するお礼が中心ですが、

タイミングによって適宜調整していきましょう。

タイミングと内容

挨拶が必要なのは、一般的には次のタイミングです。

主な喪主挨拶のタイミング

  • 通夜の読経後
  • 通夜振る舞い(終わり)
  • 告別式の閉式時
  • 出棺時
  • 精進落とし(始めと終わり)
  •  ※ 1~3分が目安

どの場面でも長すぎず短すぎないよう、1~3分くらいで収まるようにします。

なお、通夜の読経後と通夜振る舞い、告別式の閉式時と出棺時など

同日の挨拶はどちらかを省略して行われることもあります

葬儀社に挨拶のタイミングを確認しておくようにしましょう。

 
そして、挨拶のタイミングを考慮して次の内容を適宜含めるのが一般的です。

喪主挨拶の一般的な内容

  • 故人と自分の関係(自己紹介)
  • 弔問へのお礼
  • 生前の親交に対するお礼
  • 故人のエピソードや晩年の様子
  • 今後のこと(以降の式の案内、遺族への力添えのお願いなど)

例えば、喪主が故人の息子である場合、故人の名を言う時に

「父○○の葬儀に…」「母○○の通夜に…」などと表現すれば、自己紹介も兼ねられます。

また、通夜と通夜振る舞いは同じ日に行われますから、

通夜振る舞いでの挨拶が2度目となるなら自己紹介は簡潔にするなどしても良いでしょう。

“以降の式の案内”は司会の人がいれば任せてもいいのですが、

できれば喪主から弔問客へ伝えた方がいいと思います。

 
また、挨拶には“忌み言葉”といって、

不幸が重なったり、不吉さを連想させたりするような表現を使わないのがマナーです。

例をあげておきますので、頭に入れておくと良いでしょう。

《 忌み言葉 》
避けるべき言葉 理由
「重ね重ね」「重々」「度々」
「再三」「再び」「次々」
「またまた」「まだまだ」
「ますます」「いよいよ」
「つくづく」「返す返すも」
「これからも」「この先も」
「おって」「続く」
言葉を重ねることで“不幸が重なる”。
この先も不幸が訪れるかのように聞こえてしまう。
「4」「9」 「死」や「苦」に通ずる。
「消える」「大変なことになる」不吉さを連想させる。
「浮かばれない」「迷う」故人の死後に不吉さを感じさせる(仏教)。

なお、喪主が口頭で挨拶するとスマートな印象ですが、

心配なら小さいメモを用意して失礼のないようにするのも全く問題ありません

挨拶の例文

ここでは、以上の注意点を踏まえた具体的な挨拶例を見ていきましょう。

挨拶のタイミングごとに紹介しますので、参考にしてくださいね。

なお、喪主以外の人が代理として行う場合は、

「親族(または友人)を代表しましてご挨拶申し上げます。」

と付け加えると良いでしょう。

通夜と通夜振る舞い

通夜では僧侶の読経後、参列者の焼香が終わったあたりが挨拶のタイミングです。

通夜振る舞いを行わない場合は、翌日の葬儀・告別式の案内を入れると良いでしょう。

通夜の挨拶例① 《通夜振る舞いなしの場合》

本日はお忙しい中、亡き父(母など)○○の通夜にお集まりくださり、ありがとうございました。
このようにたくさんの方に見送られて、父(母など)も喜んでいることでしょう。
また、父(母など)が生前たまわりましたご厚誼とご厚情に心より感謝申し上げます。
なお、明日の葬儀は△時より、ここ△△斎場にて執り行いますので、何卒よろしくお願いいたします。
本来ならば、ここでお食事とともに故人を偲ぶひとときを過ごして頂きたいところですが、こちらの都合により叶いませんでした。
ささやかながらお礼の気持ちをご用意しましたので、ぜひお持ち帰りくださいませ。
本日は誠にありがとうございました。

 
また、通夜振る舞いの席を設ける場合はその旨を盛り込みましょう。

通夜の挨拶例② 《通夜振る舞いありの場合》

本日はお忙しい中、わざわざご弔問にお越しくださいまして、ありがとうございました。
多くの方々に見守っていただき、亡き父(母など)も喜んでいることでしょう。
遺族を代表して御礼申し上げます。
なお、葬儀・告別式は明日△時となっております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
ささやかながら、別室に簡単な食事の用意などをさせていただきました。
故人の供養になりますので、どうぞお召し上がりください。

 
通夜振る舞いは短時間のことが多く、少し箸を付けただけで退席する人もいます。

最後まで残る弔問客は少ないこともありますが、

締めくくりとして挨拶する場合は次のようにすると良いでしょう。

通夜の挨拶例③ 《通夜振る舞い閉会時》

本日は遅くまでありがとうございました。
お陰様で通夜を滞りなく終えることができました。
皆様から父(母など)を偲ぶ話を伺い、生前いかに親しくお付き合いくださっていたかを改めて知ることができました。
ご厚情に心よりお礼申し上げます。
もっとお話を伺いたいところではございますが、あまり引き留めしてしまうのもいけませんので、勝手ながらこの辺りでお開きとさせて頂きたく存じます。
なお、明日は△時から葬儀・告別式を執り行わせて頂きます。
本日は誠にありがとうございました。

告別式・出棺前

葬儀・告別式での挨拶は閉会の辞の前後に行われることが多いです。

しかし、近年は告別式の挨拶は省略されることが多く、

出棺前の挨拶のみ行う方が一般的になってきています。

出棺前の場合は、棺を霊柩車に納めたあと、

火葬場に向かう前のタイミングで挨拶します。

内容に大きな違いはありませんので、例を踏まえて挨拶すると良いでしょう。

なお、火葬場へ同行するのは親族とごく親しい友人だけのため、

大きな場面での挨拶はこのタイミングが最後となることが多いです。

告別式には会社関係者など喪主と面識のない人も多く集まりますので、

自己紹介を入れておくといいですね。

告別式・出棺時の挨拶例

遺族を代表いたしまして、皆さまに一言挨拶申し上げます。
私は故人の長男(妻など)、××でございます。
本日はご多用にもかかわらず、亡き○○の葬儀ならびに告別式にご会葬くださいまして、誠にありがとうございます。
お陰様で、昨日の通夜、そして本日の告別式を滞りなく執り行うことができました。
父が晩年を楽しく過ごせましたのも、お集りの皆様との日々があったからこそと心より感謝申し上げます。
未熟者ではありますが、父(夫など)の代わりに家族を支えられるよう精進していく所存でございます。
故人の生前と同様に皆様のお力添えを賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
簡単ではございますが、ご会葬のお礼とさせていただきます。
本日はありがとうございました。

精進落とし

最近では、告別式後の火葬に続けて「初七日」の法要を行うのが一般的です。

この初七日法要のあとに振る舞われる料理が「精進落とし」で、

本来は喪に際して肉・魚を断った“精進料理”から通常の食事に戻すことを指しましたが、

現在では親族やお世話になった人をもてなす宴となっています。

ここまで無事に終えられたことの感謝を伝えてから、会食を始めましょう。

精進落としの挨拶例① 《開始時》

皆様、本日は誠にありがとうございました。

皆様のお力添えにより、父(母など)○○の葬儀一切を滞りなく終えることができました。
改めて御礼申し上げます。
ささやかではございますが、精進落としの膳を用意しましたので、ゆっくりとおくつろぎ頂ければ幸いに存じます。
本日は本当にありがとうございました。

なお、会食の前には「献杯」といって故人に敬意を表し杯を捧げます

喪主ではなく友人代表が行うこともありますが、

開式の挨拶に続けて献杯する例を紹介しておきましょう。

精進落としの挨拶例② 《献杯》

(開始の挨拶の中で最後のお礼の前に献杯の挨拶を入れる)

これより献杯をさせて頂きますので、皆さま御唱和をお願い致します。
  (全員が盃やグラスを持つのを待つ)

献杯。
  (他の人も「献杯」と言い、盃やグラスを掲げる)

ありがとうございました。
どうぞゆっくりとおくつろぎ下さい。

もし、喪主以外が献杯の挨拶をしてくれる場合は、

「故人の友人を代表しまして△△様にご献杯のご挨拶を賜りたいと思います」

などと述べて引き継ぎましょう

 
また、会食を終える時にも締めくくりとして挨拶することがあります。

簡単に不行き届きを詫び、結びとしましょう。

精進落としの挨拶例③ 《終了時》

本日は、亡き父(母など)のためにお心遣いをいただき、誠にありがとうございました。
ごゆっくりしていただきたいところではございますが、お時間となりましたので、この辺りでお開きにさせていただきます。
不行き届きな点もあったと存じますが、何卒ご容赦ください。
本日は最後まで誠にありがとうございました。

すでに、四十九日法要の日時などが決まっていれば

案内を付け加えておくと良いでしょう。