弔問のマナーとは?服装や持ち物、期限について

準備が整った会場で行われる通夜や葬儀・告別式と違い、

故人や遺族の自宅に直接伺う「弔問」には、それらとは異なるマナーや準備が必要です。

また、日時が決まっているわけではないので、訪問するタイミングもいつ頃が良いのか、

どのように訪問すれば良いのか悩みますよね。

ここでは、弔問のタイミングと、失敗しないためのマナーや服装・持ち物について、

詳しくお伝えしています。

弔問とタイミング

弔問(ちょうもん)とは遺族を直接訪ね、お悔やみを伝えることです。

基本的には訃報を知ってからできるだけ早く弔意を伝えるのが良いとされていますが、

故人との関係性訃報を聞いた時期遺族や自分の都合なども影響してきますよね。

そこで、これらを踏まえ、通夜の前・告別式の直後・それ以降と分けて、

自分がどのタイミングで弔問すべきなのか見ていきましょう。

なお、「弔問」は通夜や葬儀・告別式に参列することを指す場合もありますが、

ここでは遺族や故人の自宅を訪ねる場合に限定して述べていきますね。

通夜前

通夜前に弔問するということは、「訃報を知って駆け付ける」ことですから、

早い段階で訃報を知ることができる親族やかなり親交のある友人

場合によっては町内会の世話役などが該当するタイミングとなります。

この段階では、遺族も故人の死のショックから立ち直っておらず、

その中で通夜や葬儀・告別式の準備をするという慌ただしい状況にありますから、

弔問するのは遺族に負担を掛けないような間柄の人のみにするのがマナーです。

こういった人であれば、遺族を訪ねて弔意を示すだけでなく、

通夜などの準備を手伝える立場の可能性が高いですから、

お悔やみを述べた後、手伝えることがないか聞いてみると良いでしょう。

もちろん、遺族は忙しい時期ですから、できるだけ早く退出する配慮が必要です。

もしも弔問が遺族に接待などの負担をかけるような間柄であるならば、

通夜前の弔問は控え、通夜や告別式に出席するか、

それ以降に改めて弔問するようにしましょう。

告別式の直後(3日後くらい)

通夜前に駆け付けるほど近しい間柄だったわけではないけれど、

事情があって通夜にも告別式にも参列できないという場合や、

遠方のために間に合わないという場合は、

告別式の数日後に遺族を弔問すると良いでしょう。

告別式当日や翌日などは遺族も一段落し、ほっとしているところですが、

様々な後処理などもあり、まだまだ忙しい段階です。

告別式直後とは言っても数日は間を空けてから弔問するのがマナーです。

また、訃報を受けた人が参列も弔問もできないため代理で弔問するという場合も、

この時期が良いでしょう。

 
「遺族が忙しいだろうから…」と思ってあまり時間を空けてから弔問すると、

弔意が感じられないとして失礼になることもあります。

また、遺族が弔問客を迎える用意を片付けてしまう可能性もあり、その後で訪問すると

再び準備するという余計な負担を掛けてしまうことにもなりかねません。

タイミングを逃さないよう注意してくださいね。

それ以降

訃報を後から聞いた場合でも、基本的にはできるだけ早く弔問するのがマナーです。

間に合うのであれば、四十九日前に遺族を訪ねるようにしましょう。

これは、四十九日を過ぎると遺族が「香典返し」の手配を済ませてしまい、

後から来た弔問客の分は別途手配する必要が生じてしまうからです。

ですから、弔問は遅くても四十九日前に行い、

それ以降に知った場合はお返しを辞退できる程度の香典(御供花料)やお供え

留めるようにしましょう。

服装

弔問時の服装は、弔問のタイミングによって異なります

通夜前に弔問する場合は、急いで駆け付けるわけですから平服で問題ありません

ただし、カジュアルすぎるもの・派手な服装は避けた方が良いでしょう。

逆に、喪服だと死を予見して準備していたかのような印象を与えてしまうので、

失礼にあたりますから気をつけてください。

一方、告別式後であれば、黒っぽいスーツやセットアップなどの略礼装が良いでしょう。

いずれの場合もバッグ・靴も略礼装に合った黒っぽく飾りの少ないものを選び、

落ち着いたメイクや髪型に整えます。

靴を脱いで自宅に上がる可能性がありますから、

女性の場合はペディキュアの色も気をつけましょう。

持ち物

弔問時の持ち物は、タイミングや通夜・告別式に参列するかどうかで異なってきます

これに該当する代表的なものが「香典」です。

また、「供花」や「供物」などもタイミングによって対応が変わることもあります。

それぞれ見ていきましょう。

香典

香典は通夜や告別式の会場で渡すのが基本です。

現金の取り扱いは会場の受付係と会計係に管理してもらった方が、

記録漏れの心配もなく、まとめて管理ができるので、遺族の負担が減らせるからです。

ですから、通夜か告別式に参列するのであれば、

弔問のタイミングにかかわらず、香典は会場で渡すようにしましょう。

どちらにも参列できない場合は、弔問した時に持参するようにします。

ただし、四十九日前に弔問できなかった場合は、

前述のように遺族の側も香典返しの手配を終えていますから、

返礼辞退の旨を遺族に伝え、

お礼の必要がない程度の金額にする方が遺族の負担にならずに済むでしょう。

なお、香典に関するマナーや、宗派・時期による表書きの違いについては、

こちらの記事で詳しく紹介しています。

香典の入れ方は?金額や袋、連名などマナーについて

供花

弔問時に故人に供える花(供花)を持参したいと思う人は多いことでしょう。

遺族の慰めにもなりますね。

故人と親しい間柄で通夜前に弔問するのであれば、

花は籠などに入れられたアレンジメントで持参するようにしましょう。

持参した供花は「枕花」となり、故人の枕元に飾られます。

場合によっては、翌日以降の通夜や告別式の会場に運ばれて、

祭壇を飾ることもあるので、

持ち運びが容易なフラワーアレンジメントの方が適しているわけです。

一方、通夜・告別式後に持参する場合はアレンジメントでも花束でも問題ありませんが、

式後の間もない時期であれば手のかからないアレンジメントの方が

遺族の負担を減らしてあげられますね。

花の種類や色などについてはこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀のお花や供物の相場、名前や送り方のマナーとは?

供物

弔問する際に「何か手みやげを…」と考える人も多いと思いますが、

基本的に用意する必要はありません

それでも何か持参したいというのであれば、

故人の供養にもなる「供物」として持参するのが良いでしょう。

供物には、菓子折りや日持ちのする果物、故人の好きだったもののほか、

線香やろうそくなど葬儀に関係して多く使われるものが適しています。

ただし、供物にも不適切なもの、のしをどうするかなどの注意があるので、

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

葬儀のお花や供物の相場、名前や送り方のマナーとは?

なお、通夜前の弔問では供物を持参しない方が良いという意見もあり、

前もって用意していたかのような印象を与える可能性もありますので、

注意しましょう。

数珠

葬儀を仏式で行うことがわかっているのなら、できるだけ数珠を持参しましょう。

合掌する時や線香をあげる時に手にかけておくのが礼儀にかなった作法です。

数珠はケースに入れて持っていきましょう。

ただし、自分が仏教徒でも、故人の宗教が違うなら持参する必要はありません

弔問時の注意

弔問は遺族や故人の自宅を直接訪ねることですから、葬儀とは違った注意が必要です。

特に次の3点には気をつけるようにしましょう。

弔問時の注意

  • 弔問の日時は事前に連絡する
  • 家にあがるかどうかは遺族次第
  • 死因を自分から聞かない


弔問するときは遺族の都合が第一優先です。

通夜前・告別式直後は忙しかったり疲れていたりするので、

この時期を避けて弔問日時を決め、遺族に連絡してみましょう。

弔問にうかがえたとしても、短時間で終わらせるのがマナーです。

家に上がって故人と対面したり線香をあげたりできるかは、

その場になってみなければわかりません。

まずは玄関先でお悔やみの言葉を述べ、遺族の対応をみましょう。

ここで「お線香をあげさせてください」というのは、

自分から家の中にあげてほしいと言っているようなものですから、

失礼に当たる場合もあるので気をつけましょう。

「中へどうぞ」などと声を掛けられたら、遠慮せずに上がるようにします。

ただし、長居しないように気をつけましょう。

また、弔問時に遺族が話さない限り、死因を聞くのはマナー違反です。

長く患っていたことを知っていたとしても、自分から触れない方が良いでしょう。

弔問宅での作法

では、弔問した際に家に上がることになったらどうすれば良いでしょうか

仏式の場合のマナーや作法について見ていきましょう。

通夜前と告別式後では異なりますので注意してくださいね。

また、必ず弔問日時を遺族に伝え、了承を得ておくようにしましょう。

挨拶

弔問に限らず、弔事での挨拶は短く簡潔な方が適しています

これは気持ちが落ち着いておらず、

故人に思いを馳せること自体が辛い状況にある遺族への配慮でもあります。

まず、遺族と対面したら

この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などと挨拶しましょう。

この度は…」と語尾を濁す形でも、弔事では問題ありません。

 
ただし、「重ね重ね」「度々」などのような“忌み言葉”や、

不幸を連想させるような表現は使わないのがマナーです。

注意すべき言葉についてはこちらの記事で詳しく触れていますので、ご覧ください。

弔辞のマナーとは?書き方や禁句、流れについて

作法

前項のように玄関で挨拶し、お悔やみを述べたあと、

遺族に招き入れられたら家に上がらせてもらいます。

一般的には次のように対応すると良いでしょう。

通夜前の弔問の場合
 

  1. 故人の枕元に正座し、手をついて一礼します。
    このとき、遺族が故人の顔にかかっている白布を外してくれることもありますが、自分からお願いしてはいけません。
    外してくれた場合、両手を膝の上においたまま故人と対面し、終わったら深く一礼しましょう。
  2. 手を合わせます(合掌)。
  3. 少し下がって遺族の方に向き直り、一礼しましょう。
  4. 遺族を励ます言葉をかけ、長居をしないで帰るようにします。


告別式後に弔問する場合

 

  1. 四十九日法要の前であれば「後飾り」の祭壇の前、それ以降は仏壇の前に正座します。
  2. 「お線香をあげてもよろしいですか」と断ってから線香をあげ(作法については後述)、改めてお悔やみの言葉を述べます。
  3. 持参しているもの(香典や供物)があれば遺族へ渡しましょう。供花の場合は先に渡しても大丈夫です。
  4. 遺族を励ます言葉をかけ、長居をしないで帰るようにします。


なお、家に上がっている時間は2~3分くらいが一般的です。

故人の思い出に触れる程度にとどめ、早々に失礼するようにしましょう。

線香のあげ方

家に上がった場合はぜひ線香をあげさせてもらうようにしましょう。

線香は故人を供養することにつながり、

死後の世界の食事やあの世への道しるべになるとも言われています。

線香は、四十九日法要の前なら後飾りの祭壇、

それ以降であれば仏壇であげることになります。

作法には地域や宗派による違いがありますが、

一般的には次のような手順で行いますので、下表と併せて参考にしてください。

線香のあげ方
 

  1. 祭壇または仏壇の前に座り、一礼します。
  2. ろうそくに火がついていなければ、自分で火をつけます。線香に直接つけるのはマナー違反です。
  3. 必要な本数の線香を手に取り、ろうそくから火をつけましょう。一般的には1~3本ですが、本数は宗派によっても異なります(下表参照)。
  4. 線香が赤く灯ったら、反対の手で仰いで火を消します。息を吹きかけて消すのはマナー違反です。
  5. 線香は浄土真宗の場合は香炉に寝かせておきますが、それ以外の宗派は香炉に挿すようにして立てます。
    わからなければ立てておいても大丈夫ですが、もし、前に線香をあげた人のものが残っていれば、それに倣うようにしましょう。
  6. お鈴(りん)を一度鳴らしてから合掌し、遺影に一礼した後、遺族に再度一礼します。


《 宗派による線香のあげ方の違い 》
宗派 線香の本数あげ方
浄土宗
曹洞宗
臨済宗
日蓮宗
1本香炉の中央に立てる
(浄土宗では2つ折りにして立てることもあり)
浄土真宗1本を2つに折る香炉に寝かして置く
天台宗
真言宗
3本香炉に立てる
(自分側に1本、仏壇側に2本の逆三角形型)

弔問できないとき

故人や遺族へ弔意を表したいのに通夜・告別式への参列も弔問もできないときは、

告別式に間に合うように弔電(電報)を送ると良いでしょう。

電話やメールといった手軽といったな方法もありますが、

正式なものと受け取られないことが多いからです。

その点、弔電は手配も簡単な上に、

式の中で送り主の名前や内容を奉読してもらえますし、

定型文だけでなく自分なりの言葉で送ることもできます。

弔電の送り方やマナーについてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、

ご覧ください。

弔電のマナーとは?文例や宛名、送り方について