いただいた弔電や供花、供物。お返しはどうすればいい?

知人・友人からいただいた弔電や供花などのお花、供物などは、

故人を偲び、そして遺族にお悔みの気持ちを表す心温まる贈り物です。

葬儀の際に必ずと言っていいほど添えられている美しいお花、

次々に紹介される弔電を見ては、

「故人はこれほど周囲から慕われていたのか」

と改めてお悔みの気持ちを強くした経験を持つ方もいらっしゃいます。

 

したがって、自分の家族の葬儀でこうしたものをいただくことは

遺族として大変喜ばしいものですが、

一方で気になってしまうのが「お礼」です

香典に対する「香典返し」と違い、

供花や供物に対するお礼についてあまり知られていないのが現状で、

この点で迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、ここではいただいた弔電や供花、供物に対しては

そもそもお礼・お返しをすべきなのか

そしてするならどのように、いつすべきなのかを解説します。

そもそもお礼はすべきなのか?

供花や枕花、弔電、供物は送り主の「気持ち」です

その気持ちをどう受け取るかは遺族の心情によるところがありますが、

基本的には「ご厚意にはお礼で返す」方向で考えておくのが一般的ではあります

どちらにしても、いただいたものによってそれぞれ個別に対応していくことが大事です。

弔電の場合

弔電とは、差出人の方が何らかの事情で葬儀に参加できないとき

お悔みの気持ちを電報で遺族にお伝えするものです

訃報は予測できないものであり、急に知らせが届くのが常ですので、

故人と親しかったでもお通夜・告別式に参加できない場合は多々あります。

このような場合にせめてもの弔意を伝えようと電報でメッセージを送るのですから、

「本来は葬儀に参加したかったが、やむを得ずできなかった」

という差出人の気持ちを理解し、

お礼をすることが望ましいです

 

また、葬儀に参加できなかった方には

葬儀で配布される会葬礼状(葬儀に参列してくださった方へのお礼状)

お渡しできていないので、

その代わりとしてもやはり弔電にはお礼をしましょう

供花・枕花などのお花の場合

故人に偲び、そして遺族や参列者の方々のお気持ちを静かに癒すお花は、

葬儀の演出には欠かせないものです。

特に知人・友人から送られた供花や枕花などには

故人と遺族に対する思いやりの気持ちがつまっていますので

そういったご厚意にはお礼をした方が良いでしょう

そして、何らかの形でお礼をすれば、

送っていただいたお花がきちんと届いていることをお知らせすることにもなります

こうした点からも、お礼はぜひしておきましょう

供物の場合

供物は供花に似たような意味合いを持ち、

一般的にはお菓子や缶詰、果物などが送られます。

これに対しても、お礼はした方が良いでしょう

まとめ

弔電やお花は送り主のご厚意と弔意です

故人と遺族に思いを巡らせ、手間をかけて送っていただいているものなので、

品物などのお返しまではしなくても、お礼はぜひともしていただきたいものです

お礼の仕方

それでは具体的にどのようにお礼をすればよいのか、個別に見ていきましょう。

弔電へのお礼

・まずはお礼状を送りましょう

弔電をいただいた方にはお礼状で感謝の意をお伝えすることが一般的です

ハガキや手紙、どちらでも構いませんので、葬儀終了後になるべく早く送ります

お礼状の書き方がわからない方は、以下の文を参考にしてみてください。


拝啓

故〇〇の葬儀に際しましてはご多忙にもかかわらず、ご丁重なる弔電をいただき、

ご芳情のほど有り難くお礼申し上げます。

いただきましたご弔意は葬儀にて謹んでご紹介させていただきました。

故人も大変うれしく思っていることと存じます。

本来ならばお伺いしてお礼を申し上げるべきところですが、

取り急ぎ、書面でもってご挨拶させていただきました。

敬具


上記の文はあくまで例文ですので、

差出人に感謝の意が伝わるようならもっと柔らかい表現でも構いません。

・メールや電話でのお礼

弔電には可能な限り手紙やハガキなどでお礼するのが望ましいですが、

状況によってはメールや電話でもよいでしょう

とにかく、お礼の意を差出人の方に確実にお伝えすることが大切です。

ただし年配の方など、相手によっては失礼だと感じる方もいらっしゃるので

通信機器を利用することへの抵抗感がないかどうかを

事前に確認しておいた方が無難です

電話での対応例

先日はうちの○○の葬儀にお花を出していただきまして、ありがとうございました。

大切にお供えさせていただきました。

○○も大変喜んでいると思います。この度は本当にありがとうございました。


メールの例文

○○様

先日は葬儀に供花を送っていただきまして、ありがとうございました。

○○様からいただいたお花は謹んでお供えさせていただきました。

本来ならばお手紙で感謝の意をお伝えすべきところですが、

このような略式でメールを送らせていただきましたことをお詫び申し上げます。

メール・電話のどちらであっても、率直に気持ちを伝えて構いません

送り主側はこちらの思っている以上に遺族に対して

どう接すればいいのか思い悩んでいることも多いので、

あまり形式ばった言い方をすると、相手を緊張させてしまいます。

基本的には、普段とあまり変わりがない表現で、

お礼の気持ちを伝えましょう

・お礼の品も送るべき?

弔電に対してのお礼で品物を送ることは一般的ではありません

しかし、だからといって品物を送ってはいけないということではなく、

お礼状と一緒に豪華すぎないちょっとした品を添えることは許容範囲と言えます

また、供花や供物へのお礼は結婚式などと違い、不祝儀のお返しですので

「後に残らないもの」がよいとされています

結婚式の引き出物がグラスや写真立てなど、

後に残せるものが多いの考えれば、

その反対のものを選べばいいのがわかりますね。

具体的には以下のような「消費できるもの」が最適ですので、

迷った際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

具体的なお礼の品の例

  • クッキーなどのお菓子
  • 調味料のセット
  • 洗剤・石鹸
  • 各種商品券

また最近では相手の方に好きなものを選んでいただけるカタログギフトも人気になっています。

参考サイト:人気カタログ型香典返しの販売ページ(香典返し.com)

 

・弔電と香典の両方をいただいた場合

人によっては弔電と香典の両方を送ってくださる方もいらっしゃるので、

この場合には香典返しもする必要があります。

香典返しの相場は、いただいた金額の3分の1~半額程度がだといわれていますので、

この範囲内での品物を送りしましょう。

 

その際に品物に掛ける「熨斗」(のし)は

「志」や「忌明志」「満中陰志」

のいずれかの表書きがされたものを指定します。

これらのうち、どの言葉を使うかは地域によって異なりますが、

不明な場合には「志」を選ぶのが無難です

熨斗は様々な冠婚葬祭で使用されますが、

その種類も多岐にわたりますので注意が必要です。

品の内容については、お菓子や石鹸などの

消費できるものがよいとされています。

以上をまとめると、弔電へのお礼のポイントは以下のようになります。

弔電へのお礼のポイント

  • 手段は手紙かハガキ
  • 場合によってはメールや電話でも可
  • お礼の品は送らなくてもよい。送る場合には消費できる、豪華すぎないものを
  • 香典もいただいた方には一緒に香典返しをしましょう
  • 品を送る際は熨斗の種類に気を付けて

お花へのお礼

供花や枕花へのお礼も弔電と同じで、

基本的には手紙やハガキでお礼状を送るのが理想ですが、

場合によってはメールや電話でも構いません

 

しかし、弔電と一つ違う点は、

お花の送り主の中には実際の葬儀に参列してくださった方もいる

ということ。

その場合には、香典返しの際にお花についてのお礼状も一緒にお渡ししましょう

お礼の品についても相手の心理的負担にならない程度のものなら大丈夫です。

お花へのお礼のポイント

  • 基本的には弔電へのお礼と同じ
  • 葬儀に参列してくださった方には香典返しと一緒にお渡ししましょう
  • 供物へのお礼

    供物については、
     
    「お菓子やフルーツをいただいたのだから、こちらも何か品物を贈らなければ……」

    と考えてしまう方がいるようですが、その必要はありません

    一般的には弔電・お花と同様に、お礼状などで感謝の意をお伝えするだけで大丈夫です

    場合によってはお礼の品をお送りしてもよいです。

    供物へのお礼のポイント

    • 「品には品を」と考える必要はない
    • 基本的には弔電・お花と同様、お礼状で十分

    返しをする時期

    それでは最後にお礼やお返しはいつすればよいのか、時期について見ていきましょう。

    お礼やお返しをする適切な時期

    弔電・お花・供物のいずれかを問わず、「なるべく早く」が望まれます

    具体的には、葬儀を終えてから一週間~二週間と考えておきます

    ご厚意に対するお礼の意と、

    いただいたものを確かに受け取ったという連絡の意味もふまえ

    葬儀からそう時間が経たない内にしておくのベストです。

    お礼の時期のポイント

    • 葬儀を終えてから一週間~二週間の間、早めが理想的

    お礼で大切なこと

    葬儀をはじめとする冠婚葬祭には

    「きまり」や「しきたり」などのマナーが数多くありますが、

    マナー以上に大切なのはお礼・感謝の気持ちです

    万が一、葬儀後に状況が落ち着かず、にお礼が遅れるようなことがあっても、

    頃合いを見て、お礼はするようにしましょう

    また、いただいたものが誰からなのかをしっかり記録を残しておけば

    お礼を送る際にスムーズに行えます

    いただいたものと送り主をきちんと把握しておくことも大切です。