戒名(法名・法号)の付け方、位や例、料金について

仏式で葬儀を行うときに欠かせないのが「戒名(かいみょう)」です。

戒名は読経や位牌・墓石などに用いられますが、

そもそも戒名とは何なのか、どうやって付ける(授かる)ものなのか、

知らない人も多いのではないでしょうか。

ここでは「戒名」についての基礎知識と位(ランク)、付け方や料金について

詳しく説明しています。

戒名・法名・法号とは

戒名とは、仏門に入るため戒律を受けた人の名前「僧名(そうみょう)」です。

一般的には戒名と呼びますが、“戒律”の解釈が異なるため宗派によって呼び方が変わり、

浄土真宗では「法名」日蓮宗では「法号」といいます。

 
生前は宗教と無縁な生活を送っていても、

死を迎えることで仏になる(=仏門をくぐる)という考え方が

現代における一般的な日本人の宗教観になっているため、

戒名を授かるのは“亡くなったとき”というケースがほとんどです。

戒名は仏の世界における名前ですから、

仏式の葬儀では僧侶が経を読んだり位牌(別項)・墓石に刻んだりするときの名は、

生前の名前(俗名)ではなく戒名を用います

このため、現実的には通夜が行われる前に戒名を授かることが望ましいといえます。

 
なお、各項でも触れますが、

戒名は菩提寺あるいは墓を管理する寺の僧侶から授かるのが基本です。

別の僧侶による戒名の場合、納骨できないなどのトラブルに発展することもあるので、

十分に注意しましょう。

また、戒名を持たない場合、ほとんどの寺院墓地に納骨することができません

何らかの事情で戒名を授からない場合は、俗名で葬儀を行い、

特定の宗派に属さない公園墓地などを探して墓を建てるケースが一般的です。

戒名の構成と位(ランク)

戒名は6~10文字程度のものが中心です。

本来は2文字に統一されていたのですが、

これに戒名の位を表す「院号・道号・位号」を繋げたものを総称して、

現在では戒名と呼んでいます


○○院   △△   □□   ▽▽
(院号)   (道号)  (戒名)  (位号)

★★ ↑ もしくはイラストで縦書きにしてはどうでしょうか?

また、宗派によって戒名の形式には違いがあり、例えば次のようなケースがあります。

宗派によって入る字

浄土宗 :「誉」

浄土真宗 :男性「釋(しゃく)」、女性「釋尼(しゃくに)」

日蓮宗 :「日」「妙」
      ※「妙法」が入ることもある。

梵字が入ることがある宗派

浄土宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗、天台宗
※ 梵字:サンスクリット語で、神仏の名前を表す文字

ここでは一般的な「院号+道号+戒名+位号」で構成される戒名を見ていきましょう。

院号・院殿号

戒名のいちばん上に位置するのが「院号」です。

昔は退位した天皇の屋敷を院と称し、

それを戒名に転じたところから始まったと言われています。

寺を建立するほどの貢献をした人や、社会的影響力の大きな人に付けられ、

戒名の中で高い位を表す称号となりました。

宗派による違いもありますが、

現在では寺院との関係性や貢献度などによって授けられるものとなっています。

なお、「院殿号」はもともと天皇家だけが使っていた「院号」を

それ以外の人が使う時に区別するために“殿”の字を追加したものでしたが、

現在では「院号」よりも高い最高位を表すものとなっています。

道号

院号の次に位置するのが「道号」です。

今でも書道・茶道・華道などで用いる本名以外の名を雅号といいますが、

尊敬を込めて修行した僧侶の名を別の名(号)で呼んだのが

「道号」として戒名の一部に組み込まれるようになったようです。

道号には雅号の一部のほか、家名や地名、趣味や性格など、

故人と縁のある漢字を当てることが慣例となっています。

ただし、未成年者や幼児・水子には道号は用いません

また、浄土宗では「誉号(よごう)」が追加されたり道号に代えて用いたりしますが、

これは浄土宗の道場で檀家向けの奥義を授かった人に与えられるもので、

戒名としての格が高まることになります。

戒名

院号、道号に続いて位置するのが狭義での「戒名」で、2文字に統一されています。

これは、どんな身分の人でも仏の世界では平等であることを表しているためです。

戒名の2文字以外の部分は“格”や“尊敬”などの意味合いを表すので、

“名前”としての本質はこの2文字にあるわけですね。

そのため、先祖代々の名として使われている漢字(通字)や

尊敬する人からもらった漢字を用いる人も見られます。

子供を名付ける時に家族の名前の一字を使うのと似ていますね。

位号

戒名全体の最後に付けられるのが、2文字から4文字で表される「位号」です。

位号には種類があり、宗派や寺、地域によって多少の違いはありますが、

一般的には性別・年齢などの条件によって次のように使い分けられています。

《 位号の種類と使い分けの例 》
位号の種類使い分けの例
男性 女性
院殿号がある場合
 :大居士(だいこじ)
院号がある場合
 :居士(こじ)
院殿号がある場合
 :清大姉(せいだいし)
院号がある場合
 :大師(だいし)
成人以上の男女で
信仰が厚く社会に
貢献した人に
付けられるもの。
高い位を表す。
信士(しんじ)信女(しんにょ)18歳以上の男女
童子(どうし)童女(どうにょ)6~17歳くらいの子供
孩子(がいし) 孩女(がいにょ)2~5歳くらいの幼児
嬰子(えいし)嬰女(えいにょ)1歳くらいまでの赤ちゃん
水子(すいし)胎児・乳児

これらの他にも成人の場合には、

男性

大禅定門(だいぜんじょうもん)
禅定門(ぜんじょうもん)
清信士(せいしんじ)
善士(ぜんじ)
清浄士(せいじょうじ)など
女性

大禅定尼(だいぜんじょうに)
禅定尼(ぜんじょうに)
清信女(せいしんにょ)
善女(ぜんにょ)
清浄女(せいじょうにょ)など

があります。

子供の場合もそれぞれの位号の前に

“大”・“禅”・“清”などの文字を追加することもあります。

授かり方(付け方)

「戒名」は仏の世界の名前ですから、

位牌や墓石に刻むのは生前の名前(俗名)では意味がありません。

しかし、その必要性はあるものの、現在では葬儀での宗教色が薄らいでいることもあり、

以前は菩提寺などの僧侶にお願いしていた戒名も様々な形で授かるようになっています

ここでは戒名の授かり方について、

従来の方法からネットを利用した最近の入手法まで、具体的に紹介していきましょう。

菩提寺から授かる

戒名のランクは“その寺院に対してどれだけ貢献したか”で決まるのが本来の形です。

先祖代々の墓がある菩提寺との付き合いは、

何十年、家系によっては何百年も続いてきた繋がりですから、

ことあるごとに寄付や供養などを行ってきた間柄でしょう。

そのため、菩提寺の僧侶は故人の信仰心や人柄をよく知っていますので、

その人にあった戒名を授けてくれる可能性が高くなります。

また、後述しますが、戒名を授かるためのお布施だけでなく、

それまでの貢献度も考慮して名付けてもらえるといったメリットがあります。

一方で、長い付き合いが続くため、その後の法要などをお願いすることとなり、

その都度お布施や寄付などが必要になるということも忘れないようにしましょう。

 
菩提寺の僧侶から授かる場合は、

臨終を迎えたらすぐに連絡を入れ、戒名を授かれるようにお願いしておくと、

遺体を自宅に引き取った際に行われる「枕づとめ」のときに授かれます

また、枕づとめを行わない、連絡が間に合わなかったなどの場合は、

通夜の後で依頼しても良いでしょう。

なお、臨終から通夜までの流れについてはこちらの記事をご覧ください。
仏式の通夜の流れとは?時期や準備、会食について

菩提寺以外の僧侶から授かる

昔と違って寺院ではなく公園墓地などに墓がある場合、

菩提寺がないというケースも増えています。

こういった場合は、葬儀社の紹介や遺族が探した僧侶に戒名を授かることになります。

それまでの付き合いがなかった僧侶にお願いすることになるので、

縁故による部分は少なくなり、お布施次第で戒名が決まる傾向が強まるようです。

ただし、その後の寄付やお布施といった付き合いも必要ないことが多いので、

今回限りという点はメリットといえるかもしれませんね。

 
また、長男以外の場合は新たに墓を建てることもあるかと思いますが、

寺院墓地にする場合はそこの僧侶から戒名を授かるようにします。

自分の子ども達にとってはそこが菩提寺になりますから、

先々の関係も十分に考慮した対応が望ましいでしょう。

 
一方で、最近ではインターネットでも戒名を授かることができるようになっています。

戒名を考える(名付ける)人は委託先の僧侶となっており、

申し込みをすると担当の僧侶から電話などで連絡が入るシステムになっています。

そこで故人に関する情報を提供し、希望などを伝えて戒名を授かります。

ただし、多くの場合、担当者が本当に僧籍にある人なのか、

僧位(僧侶の階級)はどの程度なのかなど、確認する方法はありません。

信頼できるサイトを探すのは大変かもしれませんが、

位牌を作る上で戒名が必要と考えるだけであれば、利用するのも良いでしょう。

いずれにせよ、戒名の手配は臨終を迎えたら“できるだけ早く”が基本です。

自分たちでつける

戒名は仏門に入り戒律を受けると与えられるものなので、

その戒律や教えを説く僧侶から授かるということは非常に大きな意味を持っています。

しかし、近年は葬儀自体が宗教による弔いというよりも、

故人や遺族が願うスタイルで見送り方をしたいという人が増えてきているため、

僧侶から授かることに重きを置かない人も増えています

また、戒名を授かるにはそれなりの費用が必要です。

最近は葬儀スタイルの多様化だけでなく規模も縮小傾向にあり、

戒名にお金を掛けたくないこともあるでしょう。

そのような場合は、自分で戒名をつけるという選択肢もあります。

前項で触れたように、宗教的な意味合いは薄くなりますが

戒名を構成する3つの号と本来の戒名の部分を考えれば、体裁を整えることができます

 
ただし、注意すべき点もあります。

たとえば、夫婦である場合、互いの戒名の格を揃えた方が良いとされています。

また、戒名の字として好ましくないものもあり、

僧侶は戒名を授けるときに次の5つを避けて考えます。

戒名に適さない漢字

    ≪ 三除の法 ≫

  • 奇怪な難字
    読みにくく、普段用いない難しい漢字
  • 無詮の空字
    乃・也・於・但など意味を持たない漢字
  • 不穏の異字
    戦・争・恥・敵・悩などマイナスイメージのある漢字
  •  
    ≪ 二箇の大事 ≫

  • 歴代天皇の尊号と年号・祖師(日蓮、親鸞など)の法名
  • 「麟・龍・駿・鹿・亀・鳳・鶴」のような縁起の良いものを除いた生き物を表す漢字(犬・猫・馬・鮭・鯛など)

 

もちろん、特定の人の名(有名人など)も戒名には使うべきではありません

これらを踏まえて自分で戒名を考えれば、

費用を掛けることなく戒名を準備することができるわけです。

ただし、菩提寺などがある場合、勝手に戒名を付けるとトラブルを招きかねませんので、

十分に注意するようにしましょう。

生前戒名にする

現在では、死を迎えたタイミングで戒名を授かる「没後戒名」のが一般的ですが、

本来は仏の教えに従って生きる証として授かるものなので、

生きている間に戒名を持つ「生前戒名」が当然でした。

ですから、生前に戒名を授かることは、おかしなことではありません。

ただ、そこに“仏門に入る”という宗教的な意味合いをどの程度含むかは、

人により様々といえるでしょう。

 
生前戒名を授かると、次のようなメリットがあります。

生前戒名のメリット

  • 自分の納得がいく戒名が得られる。
  • 費用が安く抑えられる。

戒名は墓石や位牌に刻まれるので、自分の死後何年も残りますね。

また、信仰心の篤い人であれば、あの世で自分が使い続ける名前となるわけですから、

やはり気に入ったものを授かりたいと願うことでしょう。

生前であれば戒名のイメージや使いたい漢字を的確に伝えられるので、

希望通りの戒名を授けてもらえるわけですね。

一方で、経済的な面として、

生前戒名の方が没後戒名よりも比較的低料金に抑えられる傾向があります。

最近ではこのメリットを重視して、生前戒名を授かりたいと考える人が増えています。

割安なのには通夜などに間に合わせようと急がなくて良いという

名づけ側のメリットが反映されているのかもしれませんね。

 
では、どうすれば生前戒名を得ることができるのでしょうか?

生前戒名を得る方法は主に次の4つです。

生前戒名の授かり方
 

  1. 菩提寺の僧侶から授かる
  2. 墓を建てる予定の寺院の僧侶から授かる
  3. 自分で探した僧侶から授かる(インターネットなど)
  4. 自分で付ける

なお、中には戒名を授かるときに寺などが主催する「受戒式」への出席を

求められる場合もあります。

生前戒名を授かることで“生き直す”といった気持ちになる人も多いので、

儀式に参加することは良いきっかけとなるようです。

 
このように、比較的簡単に手配でき、メリットも多い生前戒名ではありますが、

次のような注意点もあります。

生前戒名を授かるときの注意点

  • 納骨予定の墓地を管理する寺院がある場合は、そこに依頼または相談する
  • 宗派・寺院によって戒名の付け方・用いる漢字が異なる場合がある
  • 生前戒名を授かったことを家族に伝えておく

まず、菩提寺がある場合は必ずそこの僧侶に生前戒名を依頼しましょう。

自分が長男やその妻でない場合は、墓を建てる場所を新たに決めなければなりませんが、

その墓所を管理する寺院がある場合は、そこにお願いするのが一番です。

前述の通り、戒名を構成する基本的な決まりは共通ですが、

宗派や寺院によって違いが全くないわけではありません。

菩提寺でも墓地の管理寺院でも寺であれば必ずどこかの宗派に属していますので、

この宗派では絶対に使わないという漢字や構成もあるため、

別の僧侶が付けた戒名だと受け入れてもらえず、

トラブルになることも少なくないのです。

最悪の場合、生前戒名を使うことができず、

新たにお布施を渡して没後戒名を授かる事態にもなりかねません。

自分の子孫はそこが菩提寺となるわけですから、

余計な禍根は残さない方が良いですよね。

そのためにも、何か事情があって他の僧侶から授かることになる場合は必ず相談し、

事前に了承を得ておきましょう

 
なお、生前戒名を授かっていることを家族が知らないと、

亡くなった時点で戒名を授かる手配をしてしまいます

同じ僧侶であれば気づいてくれると思いますが、別の所から授かっている場合、

戒名のために高額なお布施を二回も渡すことになってしまいますね。

生前戒名を授かったら必ず家族に伝えておきましょう。

金額

戒名を授かろうと寺院にお願いすると、

「お気持ちで結構です」といわれることが少なくありません。

これは、戒名の位(ランク)は寺院や社会への貢献度…

すなわち御仏に対してどれだけ帰依したかで決められてきたため、

戒名料という代金は本来存在しないためです。

しかし、この貢献度を金額に換算して考えることも少なくなく、

実際には高いお布施を渡すことで位の高い戒名を得られることも事実です。

この背景には、以前ほど菩提寺と檀家の関係が密接ではなくなっているため、

その場のお布施の金額でしか貢献度を考慮できなくなっていることがあると思われます。

戒名を巡る金額問題は、主な宗派が加盟する『全日本仏教会』でも議論されており、

戒名は仏弟子に等しく与えられるべきものであるとしたうえで、

社会的価値のある院号(と位号)については戒名料ではなく院号料とし、

慎重に扱うべきである、という提言もされています(全仏 1988年437号)。

 
日本消費者協会の2010年版「葬儀についてのアンケート調査」によると、

戒名を授かるためのお布施の全国平均は51万4千円だったそうです。

一概には言えませんが、相場としてはおよそ次表のように考えると良いでしょう。

《 戒名の相場 》
戒名の位(院号、位号)お布施の金額
院殿号500万円以上
院号50万~100万円
居士・大姉30万~50万円
信士・信女20万~30万円

ただし、宗派や寺院、地域によっても大きく異なりますので、

あくまでも目安として参考にしてくださいね。

不安な場合は檀家の役員・葬儀社などに相談して、相場を聞いてみるのも良いでしょう。

もちろん、寺院との関係性が良ければ、

お布施の相場以上の位の戒名を授けてくれる場合もあります。

また、その場だけのつもりで高額なお布施をして位の高い戒名を授かると、

その後の寺院への寄付やお布施も高額になり、負担が増すケースもゼロではありません。

菩提寺や新たに墓を設けた寺院との関係はこの先も続いていくものですから、

真摯な気持ちでお付き合いを心掛け、

背伸びをし過ぎないようにすることも大切だと思います。

 
一方で、自分たちの墓所と無縁の僧侶から戒名を授かる場合は、

過去や未来の関係性も考慮する必要がないため、話が少し変わってきます。

葬儀社などが手配した僧侶から授かる場合は明確な相場があることが多く、

遺族が願う位の戒名を金額に応じて授かることができるでしょう。

また、インターネットなどで見られる“格安戒名”などを謳ったサイトでは、

2万円程度から授かることができます

中には数十万円というところもありますので、

戒名をどのように捉えるかによって目的に応じたサイトに依頼すると良いでしょう。

位牌について

冒頭で“戒名は葬儀を行うときに必要”と述べ、

その理由の一つとして「位牌」に刻まれることをあげました。

ここでは戒名と関りの深い「位牌」について簡単に触れておきたいと思います。

位牌とは

位牌の起源は、中国で盛んだった儒教の先祖を祀る道具だったと言われています。

これが日本へと渡り、神道の“霊が宿る”とされる依り代(よりしろ)と融合し、

現在の位牌として故人や先祖を祀るものになったと考えられています。

位牌の表面には「戒名」と没年・没月日、

裏面には俗名と没年齢が刻まれるのが一般的ですが、

位牌の数が増えてしまうと先祖代々のものをまとめて一つにすることもあります。

白木の位牌と本位牌

位牌は目的によって「内位牌」と「本位牌」に分けられます。

内位牌とは通夜から四十九日法要までの間、仮の位牌として用いられるもので、

故人の死後に急いで白い木を用いて作られるため、

俗に「白木(の)位牌」と呼ばれます。

葬儀会場の祭壇に祀られるだけでなく、

火葬後の遺骨とともに自宅の仮祭壇に安置するものです。

 
一方で、四十九日法要までの間に本位牌を作成します。

本位牌は黒の漆塗りに戒名などを金色で刻印したものが一般的ですが、

最近では部屋に馴染みやすい家具調のものも増えています。

四十九日法要では白木の位牌から魂を抜き(魂抜き、お性根抜き、閉眼供養など)、

本位牌に移し替える儀式(魂入れ、お性根入れ、開眼供養など)を行います。

その後、白木の位牌は処分され、本位牌を家の仏壇などに安置します。

なお、浄土真宗や地域によっては本位牌を作らず、

「過去帳」に記すだけの場合もあります。

過去帳とは先祖代々の戒名・俗名・死亡年月日・享年などを記しておくもので、

仏壇に飾ったり保管したりしておくものです。

 
このように、戒名は故人の仏界での名前として家族の目に触れ、

供養や感謝を捧げる対象となるので、思い入れのある名にしたいと考える人もいます。

戒名は位牌や墓石に刻むためのものではありませんが、故人だけでなく、

目にする機会の多い遺族も納得できる名が授かれるよう話し合っておくと良いでしょう。

なお、通夜から火葬までの流れについてはこちらで触れていますので、ご参考ください。

仏式の通夜の流れとは?時期や準備、会食について

★★リンク №26 仏式の葬儀・告別式の流れとは?時期ややることまとめ

火葬の流れと骨上げの作法とは?時間や順番・箸の使い方