樹木葬とは?葬儀の流れ、費用相場やメリットデメリットを紹介

最近は終活情報の中で、樹木葬が取り上げられることが増え、耳にした事がある人も多いのではないでしょうか?

自然志向の風潮が強まる中、やがては大地に帰るという埋葬方法に興味を持っている人も少なくないでしょう。

しかし樹木葬については詳しく知らないという人がまだまだ多いのが現実です。

お墓の形の一つとして、樹木葬についても知識として知っておくことをお勧めします。

樹木葬とは

樹木葬は墓石の代わりにシンボルツリーを墓標とし、その周りに遺骨を埋葬するスタイルが殆どです。

日本初の樹木葬は、1999年岩手県の大慈山祥雲寺(現:長倉山 知勝院)が、栗駒山山麓に作ったのが最初です。

樹木葬の中にも、いくつか違う形もありますので紹介します。

樹木葬の種類

  • 都市型・公園型
  • ガーデニング型
  • 里山型

都市型・公園型

目印となる樹木の周りに遺骨を埋葬する形に変わりはありません。

しかしスペース的な問題から、一人または一つの家族に対して1本の木というのは少ないようです。

シンボルツリーの周りに、沢山の遺骨が埋葬されるという形態になります。

ガーデニング型

霊園や納骨堂の一部を花壇のように作り、そこに遺骨を埋葬する形です。

こちらも沢山の遺骨が一緒に埋葬されることが多いようです。

里山型

本来の樹木葬の意味を持つ、一番自然に近い樹木葬になります。

しかし、法律的に難しい事もあり、個人が行うことはお勧めできません。

樹木葬は、「墓埋法」(墓地、埋葬等に関する法律)に基づき、埋葬する許可を得た場所である必要があります。

樹木葬の流れ

樹木葬は、自分の埋葬方法として生きている内に選ぶ事ができます。

気に入った場所を自分で選ぶ場合の手順を紹介します。

また埋葬の手順も解説しますので、参考にしてください。

樹木葬の申し込みの流れ
 

  1. 樹木葬についての情報を集める
  2. 現地見学に行く
  3. 契約・入金
  4. 使用許可証の交付

出来るだけ希望に即した場所を、予算なども考慮しながら情報を集めましょう。

そして必ず現地見学に行ってください。

画像で見たものと現実が違うという事は、往々にして起きることです。

結果、気に入った場所が見つかったら契約し入金を済ませます。

使用許可証の交付を受ければ、樹木葬の使用許可を得たことになります。

樹木葬の埋葬の手順
 

  1. 役所に死亡届を提出する
  2. 火葬を行う
  3. 樹木葬の管理者に埋葬許可証を提出する

死亡届を出した後の葬儀については、どんな形でも問題ありません。

火葬場から返却される書類が、埋葬許可証になります。

既に遺骨がある場合は、埋葬許可証を提出し埋葬するというだけになります。

遺骨のお引越しで樹木葬での改葬を選んだ場合は、埋葬許可証ではなく改葬許可証が必要になります。

樹木葬を行う場合は、火葬後の遺骨を粉状に粉砕し、土に戻りやすい専用の骨壺などに入れて埋葬します。

樹木葬のメリットとデメリット

樹木葬を選ぶ前に、樹木葬のメリットやデメリットも知っておきましょう。

樹木葬のメリット

  • 宗旨・宗派を問わず利用できる
  • 代々お墓を継承していく必要が無い
  • 普通のお墓に比べて安価
  • 土に帰るという倫理観に則している

樹木葬は永代供養墓の一つの形だともいえます。

墓地の管理などは、全て墓地や霊園の管理者に任せることができます。

樹木葬のデメリット

  • 年月が経つと景観が変わってしまう
  • 自分で手を加えてガーデニングなどはできない
  • お墓という感覚が漠然としたものになる
  • 家族や親族の理解が得られない事がある

草木ですから、景観が年月とともに変わってしまうのは仕方のない事です。

だからと言って、花を植えたり違う木を植えたりはできません。

一般のお墓に比べて、お墓という感覚がぼやけたものになるのも当然のことだと受け取める必要があります。

中には今までのような墓石のあるお墓こそ正当だと考える人も少なくありません。

こうした人に樹木葬に対する理解を得ることが難しいというのが、一番のデメリットかもしれません。

樹木葬の費用相場

墓石の平均的な相場は、150万円前後といわれています。

一方、樹木葬は10万円から80万円程度ですから、比較的安価と言えるのではないでしょうか。

この差額は、土地の立地条件や遺骨の埋葬方法などが要因となります。

埋葬方法については、1本の樹木に対し遺骨も一体とする場合は高くなります。

合祀墓のように沢山の遺骨と一緒に埋葬する形を取れば安価で利用することができます。

都心の一等地やアクセスの良い場所などは、利用料が高く設定されています。

樹木葬の服装やマナー

葬儀自体は一般葬や家族葬、直葬などがあり、服装やマナーについてはそれに沿った内容であれば問題ありません。

樹木葬とは、あくまでも埋葬の方法の一つです。

遺族が樹木葬という埋葬を選ぶにあたり守るべきマナーを紹介します。

法律を守りましょう

埋葬に関する法律は二つあります。

「墓地埋葬法」と刑法190条に定められる「死体遺棄罪」です。

墓地埋葬法は、埋葬しても良いと許可が出ている土地に遺骨を埋葬しなさいという法律です。

もしこれが守られなかった場合、死体遺棄罪に問われることがあります。

故人への敬意と他の参拝者への配慮を忘れずに

公園型の樹木葬では、1本のシンボルツリーの周りに遺骨が一緒に埋葬される合祀墓タイプが多いという事は前述しました。

中には酒好きだった故人を偲んで樹の下で宴会などをしてしまい、トラブルになったケースもあります。

墓石の代わりに樹木があるだけで、お墓である事に変わりはありません。

敬意と配慮を忘れないようにしたいものです。

遺骨以外のものは埋葬しない

自然に還るというのが、樹木葬のコンセプトです。

遺骨は土に還りやすい素焼き、和紙、麻の骨壷や袋に収めて埋葬します。

故人が生前好きだったものなど私物も一緒にというのは、こうした本来の趣旨から逸脱してしまいます。

樹木葬についてまとめ

樹木葬は墓地の新しい形であり、より自然でありたいと思う人たちに受け入れ始めてきた埋葬方法です。

今回調べた樹木葬についてまとめてみました。

  • 樹木葬の流れは普通の埋葬と大きくは変わらない
  • 樹木葬は比較的安価で利用できる
  • 樹木葬は許可された場所でのみ行える
  • 樹木葬は遺族の節度あるマナーが大切

樹木葬には今までのお墓にはない、明るくて自由なイメージがあります。

家族や親族の理解が得られれば、選択肢の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか?

この記事が参考になれば、大変うれしく思います。