神葬祭で準備する玉串料の相場とは?のし袋の書き方とマナーについて

神式で執り行うお葬式を神葬祭といいます。

また、仏式のお香典と同じ意味合いで、玉串料を渡し弔意を表します。

今では仏前で執り行うお葬式が圧倒的に多いのが現実ですが、神式で葬儀を行う人もいらっしゃいます。

玉串料の本当の意味と、神葬祭で玉串料をお渡しする際ののし袋の選び方、書き方、マナーなどをご紹介します。

玉串料とは

玉串料とは、玉串を準備していただくために必要な金額のことをいいます。

では、玉串とはなんでしょうか。

玉串とは、神様が降臨するために必要な供物や榊などを指します。

本来は、祈祷をお願いした側がこれらを準備しなければいけませんでした。

しかし、依頼者側が全てを準備することが難しいため、供物を神社で用意していただくという形に変わってきました。

供物代をはじめ、祈祷に掛かる経費を神社にお渡しするのが玉串料です。

祝事であれ仏事であれ、祈祷をお願いするわけですから玉串料が必要になってきます。

神式では法要や地鎮祭、七五三など全て玉串料という献辞を使います。

そして神葬祭ではお香典のことも玉串料といいます。

神式の葬儀では香を用いないため、お香典といういい方はしません。

玉串料、御榊料、御霊前などの表書きが一般的です。

神葬祭での玉串料の相場とは

玉串料の相場は、香典のそれと同じです。

改めて玉串料の一般的な相場をご紹介します。

自分の年齢兄弟祖父・祖母叔父・伯母有人・同僚・上司
20代3万円~10万円3万円~5万円1万円1万円5千円~
30代5万円~10万円5万円
1万円~3万円1万円~3万円5千円~
40代以上10万円5万円1万円~3万円1万円~3万円5千円~

 

ご紹介した金額は、あくまでも参考的なものになります。
4(市

会社関係の場合、少額を連名でと決まっている場合もあります。

また、親戚の中で暗黙の了解で金額が設定されている事も少なくありません。

まずはご近所やご友人、ご親戚などに、リアルな相場を相談されることをお勧めします。

神葬祭で玉串料に使用できるのし袋の選び方

神式のお葬式で使用できるのし袋、使用できないのし袋を覚えておきましょう。

金額によっても、妥当なのし袋を選ぶ必要があります。

表書きは「玉串料」「御榊料」「神饌料(しんせんりょう)」「ご霊前」というのが一般的です。

御霊前は、仏式、神式、キリスト教式など、ほとんどの葬儀で使えますが、蓮の花が描かれたものは仏式だけにしか使えません。

また、市販ののし袋には御玉串料とか御神饌料と印刷されているものがあります。

わざわざそれを消す必要はありませんが、自筆の場合は「御」は必要ありません。

玉串料や神饌料は、そもそも神様への捧げものを表す名詞です。

更に御をつけて尊敬や丁寧の思いを強める必要がないのが理由です。

水引は、双銀、双白、白黒の結びきりです。

結びきりは解けない結び方で、同じ不幸を繰り返さないという意味があります。

包みは白無地のものを準備しましょう。

市販品ののし袋には、よく見ると妥当な金額が記載されています。

金額に見合わないのし袋を使うと、逆にヒンシュクをかってしまうかもしれません。

5千円以内なら水引が印刷されたもの。

3万円くらいまでは水引が黒白、または双銀のもの。

それ以上なら紙質にも拘って高級和紙を使用した双銀の水引きの不祝儀袋というのが一般的です。

玉串料をのし袋に包む時に注意したいこと

玉串料ののし袋の正しい書き方、正しい包み方を知っていますか?

常識の範囲内とはいっても機会の少ない神葬祭ですから、ここでしっかり確認してから玉串料を準備してください。

玉串料ののし袋の書き方

玉串料を入れるのし袋は、表袋と中袋があります。

それぞれの書き方を解説します。

表袋の書き方
 

  1. 水引を外します
  2. 水引より上の部分中央に、「玉串料」と書きます
  3. 水引より下の部分に名前を書きます

中袋の書き方

  1. 中袋の表側、中央よりやや上に金額を書きます。
  2.   この時、金額は旧漢字で記入します。
      例えば、1万円であれば壱萬圓也とします。
      これは改ざんを防止するためと言われています。

  3. 後ろ側左下に住所を記入します


表袋のない印刷されたのし袋で、金額欄が横書きの場合があります。

この時は、算用数字で大丈夫ですが、頭に¥と末尾に円を記入しましょう。

合わせて住所も、印刷で指定された欄に記入してください。

表袋の名前を複数名記載する場合の書き方

夫婦の場合
夫婦とも故人と親しかった場合など、連盟で弔い金を出すことがあります。

その際は、献辞(玉串料)の真下に夫の姓名を、その左に妻の名前を書きます。

また、夫の代理で妻が出席する場合もあります。

その際は、献辞の下に夫の姓名を書き、左下に小さく「内」と書きます。

2名以上の連名の場合
表書きには3名まで記入できます。

右側から地位の高い人や目上の人の順で書くのがマナーです。

4名以上の場合は、二つの書き方があります。
献辞の下に〇〇一同と書くか、代表者名を書いて左側に他〇名と記入する方法です。

どちらの場合も、中袋にそれぞれの氏名を書いたメモを同封するか、中袋の裏に記入しておきましょう。

のし袋の包み方

表書き、中書きが終わり弔い金も袋に入れたら、中袋を表袋に戻します。

この時、表袋の後ろは最初に下側を上に折り、次に上側を下に折るのが正しい順番です。

最後に水引を戻します。

知っておきたいマナー
 

  • 表書き、中書きとも筆で書くのがマナーです。ボールペンやサインペンは避けましょう。
  • お金を入れる向きは、人物の顔を後ろ向きに、封筒の上に来るように入れましょう。
  • 新札はNGです。どうしても新札しか準備できない時は、一度折ってから入れましょう。

新札の件やお金の向きについては、賛否両論があるところです。

しかし、色々な人がいる葬儀の会場ですから、ある程度昔からの慣習に従っておいた方が無難です。

玉串料まとめ

神式で行う葬儀の玉串料について説明してきたことをまとめてみます。

  • 玉串料は相場より、まずは親や親せきなどに相談する方が無難
  • 玉串料ののし袋は、金額に見合ったものを選ぶ
  • 玉串料ののし袋を自筆する場合は、表書き裏書とも筆を使う
  • 玉串料ののし袋の書き方、包み方に注意する

神葬祭に参列すると、榊の扱い方などをスタッフが説明してくれます。

しかし、家から準備していく玉串料は、自分で整える必要があります。

ご紹介させていただいた内容が、少しでも不安を和らげるお役に立てたら嬉しいです。