神式の法事でやることは?日程や案内、服装や会食について

神道は自然や自然現象、神話に登場する神などを敬う日本古来の民族信仰であり、

人々の生活や精神、文化に多大な影響を与えてきた教えです。

普段、神道の存在を意識することがあまりなくても、

正月のお参りなどで神道の文化に触れることが多少はあるのではないでしょうか。

しかし、その長い歴史にもかかわらず、

神道式(神式)の葬儀や法要をする方は多くありません。

実際、9割以上が仏教式の葬儀を行っていることからしても、

神式の儀式はなじみ深い…とは言えないでしょう。したがって、

法要を行う遺族・親族は色々と迷う点も出てくると予想されます。

ただ、仏教式やキリスト教式と同様に、

基本を押さえていれば特に難しいことはありません。

ですので、まずは神道の法要に対する考え方と儀式の基本知識を学んでいきましょう。

ちなみに、神道と仏教が同じものだと思っている方が時々いますが、

まったく異なります。この点はしっかり認識しておきましょう。

神式の法事とは

神式による故人の追悼儀礼は「霊祭(れいさい、またはみたままつり)」といい、

仏教のように「法要」とは表現しません。(以降、ここでは法要を霊祭と表現します)

また、故人を先祖と同じく、

家族を守ってくれる神様として奉(たてまつ)ることを主眼としていますので、

死者の魂を供養する仏教式の法要とは追悼に対する考えた方が根本的に異なります。

上記の基本をふまえた上で、次に霊祭の種類について見ていきましょう。

霊祭の種類

霊祭は葬儀の翌日から10日ごとに行われます。以下は霊祭の一覧です。

霊祭の種類

  • 翌日祭:葬儀の翌日に行われるもので、葬儀が終了したことを知らせる儀式のことを指します
  • 十日祭:死後十日目に行われる儀式で、仏教式でいう「初七日」にあたります
  • 二十日祭
  • 三十日祭
  • 四十日祭
  • 五十日祭:仏教式でいう「忌明け」とされ、重要な霊祭です
  • 百日祭:死後100日目に行われます
  • 以降、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭…と続きますが、実際は二十年祭~五十年祭あたりで切り上げることが多いようです

最近では翌日祭~四十日祭までは省略されることも多いですが、

忌明けとなる五十日祭はしっかり行われます

五十日祭

上で説明した通り、忌明けとなる五十日祭は親族や友人・知人を招待して、

霊祭の中でも最も盛大に行われます

仏教式でも忌明けである四十九日は盛大に行われますので、これと同様です。

そしてこの五十日祭の後に納骨することも多いようです。

ポイント

  • 神式の法要=霊祭(れいさい、またはみたままつり)
  • 五十日祭は仏教式でいう四十九日の忌明け。区切りとなる重要な霊祭
  • 翌日祭~四十日祭までは省略されることが多い

五十日祭の準備の仕方

このように、五十日祭は非常に重要な霊祭ですので、

できれば準備も抜かりなく行いたいところです。

また、祭祀を奏上していただく必要があるので

神職に来ていただかなければなりません

まずは神社に問い合わせることから始めましょう。

神社のスタッフの方に霊祭の種類希望日程を伝えれば、

後はスタッフの方から具体的な指示があるはずです。

このとき、霊祭をどこで行うかについては必ず伝えてください

この点、仏教式のように寺院内で儀式が行われるものだと

考えている方もいますが、神道では死を穢れとみなすので、

たとえ故人を神様として奉ったとしても、

霊祭を神聖な場所である神社では行いません

したがって、多くは自宅墓前などで実施されることになりますので、

神社以外の場所の見当をつけてから神社に問い合わせすることをおすすめします。

ポイント

  • 霊祭は神社以外の場所で行われることに注意

五十日祭の流れ

遺族は五十日祭を一つの区切りとして日常に戻ることになりますので、

故人のためにも、遺族の今後のためにも悔いのないよう

大まかな儀式の流れを理解しておきましょう。

儀式は以下の四つの内容になることがほとんどです。

五十日祭の流れと内容

1. 献饌(けんせん)

祭壇にお供えものを捧げます。このことを献饌(けんせん)といい、

反対にお供え物を祭壇から下げることを撤饌(てっせん)といいます。

お供え物の内容は基本的には故人の好物などです。

2祝詞(のりと)奏上

神職に祝詞(のりと)を奏上してもらうことを祝詞奏上といいます

祝詞とは神様に感謝し、今後の幸せを守ってもらえるよう、神様を称える言葉です。

祝詞の内容がわからなくても構いません。

ただ、故人・先祖に感謝する気持ちを持って儀式に参列するようにしましょう。

3. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串という、榊(モッコク科の植物)に四角い紙片を付けたものを祭壇に捧げます。

この儀式は玉串に自分の心を乗せて神様に捧げるという意味があり、

仏教式でいうお焼香にあたるものとされています。

具体的な玉串の捧げ方についてはこちらの動画を参考にしてください。

4. 直会(なおらい)

一連の儀式の後、遺族や神職、参列者の方と直会(なおらい)とよばれる会食が開かれ、

祭壇に捧げたお供え物や用意された食事を皆でいただきます。

一度お供えしたものをいただくのは、

神様が保護が及ぶようにとの意味合いがあるからです。

また、直会の始まりと終わりに喪主が一言挨拶をするのが通例となっていますので、

あらかじめ挨拶の内容を考えておくことをおすすめします。

以下は挨拶の例ですので参考にしてください。

開会の挨拶

本日はご多忙の中、〇〇の五十日祭にご臨席いただきましてありがとうございます。
○○が亡くなってから――日経ち、ようやく忌明けとなる本日を迎えることができましたのは、ひとえに皆様のご厚意と支えがあってこそです。
感謝の意を込めまして、お食事をご用意させていただきました。ぜひお召し上がりください。
本日は誠にありがとうございました。

閉会の挨拶

本日はご多忙の中、ご来席いただきましてありがとうございました。亡くなった〇〇も大変満足していることと思います。
こうして無事五十日祭を終えることができましたのも、皆さまのおかげでございます。ありがとうございました。
この挨拶を持ちまして、故○○の五十日祭を終了とさせていただきます。どうぞご自由にお引き取りくださいませ。
本日は誠にありがとうございました。

お礼について

仏教式、キリスト教式と同様、

神式も儀式を執り行う神職にいくらかのお礼をお渡しするのが一般的です

金額の相場

気になる金額についてですが、3万円~5万円が多いようです。

神社で決められた額があればそちらに従うことになります。

神社に問い合わせた時点で率直に尋ねるのもよいですが、

最近ではこうした情報が神社のホームページに記載されることも多くなりました。

気になる方はぜひ検索してみてはいかがでしょうか。

表書き

お礼をお渡しする際はお金をのしなし、

黒と白、もしくは銀と銀5本の水引きの

不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)に入れます

表には「御祭祀料」または「御祈祷料」と書きましょう。

お車代・御膳料

神職が交通機関を利用して来てくださった場合は交通費として

「お車代」も一緒にお渡ししましょう。

金額は5000円~1万円が多いようですが、

神社からの距離を考慮した金額を包んでください。

また、神職が直会を欠席した場合も、お食事代として「御膳料」をお渡ししましょう。

ポイント

  • お礼を包むのが一般的
  • 不祝儀袋の表書きは「御祭祀料」、または「御祈祷料」
  • 状況によっては「お車代」や「御膳料」も

香典返しについて

神式では葬儀の際にいただいた玉串料(香典にあたるもの)に対して

お返しの品を贈るきまりはありませんが、

神式でも仏教式の香典返しのように、何かしらの返礼品をお渡しするのが

一般的になっています

金額

返礼品の金額はいただいた玉串料(香典)の半額分に相当するものを準備しましょう。

あまりに高価なものになると、

受け取った方は負担に感じることもありますので注意したいものです。

掛紙

掛紙はのしなしで、

黒と白5本の水引き(西日本では黄と白5本の水引き)のものを選びましょう

表書きは「志」、または「偲び草」としてください。

返礼品の内容

石鹸タオルなどの消耗品が好ましいとされています。

置物など、あとに残るものは避けてください

ポイント

  • 神式でも返礼品をお渡しするのが一般的
  • 掛紙の表書きは「志」、「偲び草」
  • 返礼品には消耗品がベスト

もし香典返しを何にしたらカタログタイプもおすすめです。

相手に好きなものを選んでもらえるため、悩む手間もありませんし、

相手の方に喜びを与えることもできます。

カタログ型香典返しで有名なところではおこころざし.comなどが人気です。

25年間ロングセラーのカタログ香典返しなので、信頼性も高いです。

またカタログ以外の香典も取り揃えています。


 

服装について

主催者側の方は正式礼装の喪服を着用しましょう。

男性はモーニング、女性はワンピースアンサンブルなどです。

または男女ともに正装の和服でも構いません。

 

神道は自然と先祖を敬い、

自分の命と、与えられた環境に感謝しながら生きる思想がベースとなっていますので、

仏教やキリスト教と違い、宗教色を感じさせることがあまりありません。

しかしだからこそ、遺族の思いが故人や先祖に伝わるよう、

しっかり決まりを守りながら儀式を行いたいものです。