神式の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

日本人のほとんどが仏式での葬儀を行うと言われているため、

神式の葬儀には不慣れな人が多いことでしょう。

しかし、近年では費用がかからないなどのメリットから、

利用する人が増えていると言われています。

ここでは、神式の葬儀に参列する場合の服装や香典・供物・供花などの持ち物、

葬儀の流れやマナーなどについて、仏式との違いを踏まえて解説していきます。

神式の葬儀とは

神式の葬儀は“神葬祭”といい、

日本古来の宗教「神道」に則って行われるものです。

神道とは、わかりやすく表現すると神社に祀られている神々を信仰する宗教であって、

皇室が行う“宮中祭祀”をイメージすると良いでしょう。

 
神道では人は“死”によって神(先祖神)になると考えます。

また、八百万の神がありとあらゆるものに宿っているとされ、

私たちは神(自然)から生まれ、死によって神(自然)に帰り、

子孫を守っていくという宗教観です。

 
神道では、「死は穢(けが)れたもの」と考えるため、

葬儀は神社ではなく故人の自宅か斎場などで行い

式を司る神職の「斎主」や

その他の神職にある「斎員(祭員)」に来てもらうことになります。

仏式との違い

神式と仏式の葬儀を比較すると、似ているところもありますが、

異なるところも意外と多いものです。

ほとんどの人が仏式の葬儀に慣れているため、

神式の葬儀では「おや?」と疑問に感じたり、

思わぬ失敗をしてしまったりということも少なくありません。

わかっていれば防げることもありますので、

参列する前にマナーとして知っておくと安心ですね。

それでは、項目別に両者を対応させながら見ていきましょう。

神式の葬儀“神葬祭”の流れ

一般参列者の場合、仏式でいうところの「通夜」や「告別式」に出席しますが、

これに相当する儀式の名前も流れも仏式とは次のように異なっています。

1つずつ見ていきましょう。

通夜祭と遷霊祭

どちらも神葬祭1日目に行われます。

仏式の通夜に相当するのが「通夜祭」で、神職が祭詞(祝詞)を奏上し、

故人と親しい参列者から順に玉串を捧げる“玉串奉奠(たまぐしほうてん)”を行います。

玉串とは“榊”など常緑の木に

紙垂(しで)と呼ばれる白い半紙を四つ折りにして付けたものです。

仏式では行われない儀式なので、玉串奉奠の作法を紹介しておきましょう。

玉串奉奠の作法

  1. 遺族に会釈してから神官に一礼して玉串を受け取ります。
    右手は上から根元近くを包むように、左手は葉を下から支えるように添えましょう。
  2. 玉串を目の高さまで掲げた後、根元が手前にくるように(左手が奥側)回します。
  3. 次に玉串を左右の手で持ち替えます。
    左手は根元を下から、右手は葉先の下側から支えるように添えましょう。
  4. 最後に玉串を捧げます。
    右回りに玉串を180度回転させ、根元側を祭壇に向けて台に置き、二礼二拍手一礼します。
    このときはまだ忌が開けていないので、“しのび手”といって音が出ないように拍手するよう注意しましょう。
  5. 終わったら神官と遺族に一礼して席に戻りましょう。


同様に、仏式では行わない作法として、「手水(ちょうず)の儀」があります。

これは、神聖な場所に入るために身を清める儀式で、

受付や玄関前に水を入れた桶・ひしゃく・懐紙(かいし)が用意されていますから、

通夜祭や葬場祭の会場に入る前に行うようにしましょう。

作法は次の通りです。

手水の儀の作法

  1. 右手でひしゃくを持ち、水を汲みます。
  2. その水の3分の1を左手にかけ、ひしゃくを左手に持ち替えたあと、さらに3分の1を右手にかけて洗います。
  3. 再び右手で持ち、残りの水を左手で受けてその水を口に含み、すすぎます。
  4. おいてある懐紙で手と口を拭きます。


さらに、通夜祭に続けて、神道では「遷霊祭(せんれいさい)」が行われるのが

仏式とは異なる点でしょう。

遷霊祭とは、故人の魂を仏式の位牌にあたる“霊璽(れいじ)”に移す儀式です。

夜に室内の明かりをすべて消し、斎主が暗闇の中で遷霊詞を奏上する間、

参列者は軽く頭を下げたままにします。

このあと、仏式の通夜振る舞いにあたる直会(なおらい)」があり、

神前に供えた神酒(みき)や供物を下げ、神職と参列者で戴きます。

 
なお、仏式では行うが神式では行わないものとして「焼香」があります。

参列者が行う儀式としては「玉串奉奠」が焼香の代わりとなっているといえるでしょう。

葬場祭

仏式の葬儀・告別式に相当するもので、神葬祭2日目に行われます。

まず、神官がお祓いをして清め、供え物をし、

祭詞の奏上によって故人の功績・人柄などを述べ、

霊となって遺族を守ってくれるよう祈ります。

祭詞の奏上玉串奉奠のほか、仏式と同じように弔辞や弔電の紹介が行われ、

故人に最後の別れを告げます。

 
このとき、「斎主修祓(さいしゅしゅばつ)」といって、

神官がお祓いをして斎場・供物・参列者を清める儀式があります。

始まったら、頭を軽く垂れるようにすると良いでしょう。

出棺祭・祓除(はらいよけ・ふつじょ)の儀

棺が自宅を出る時に行われる神道ならではの儀式です。

したがって、葬場祭を自宅で行う時は火葬場に行く前、

斎場で行う場合は葬場祭前に行われることになります。

内容は仏式の出棺と似ており、故人と最後の対面をしたあと、遺体の周囲を生花で飾り、

釘打ちをします。

棺は霊柩車に載せますが、

仏式と異なり、車列は先導車・神官の乗った車・霊柩車と続きます。

 
一方で、火葬場に同行せずに残った人と葬場祭に携わらなかった神官で、

祓除の儀」を行います。

祓除の儀とは、祭壇を片付け、手水を取った後に行うもので、

遺族や家を死の穢れから清めるための儀式です。

火葬祭・帰家(きか)祭

火葬の前に行う、仏式でいうところの「納めの式」にあたるのが「火葬祭」です。

炉の前に棺を安置し、その前に置いた台の上に葬場から運んできた供物などを供えます。

そして、斎主が祭詞奏上を行い、喪主から順に玉串を奉奠していきます。

 
火葬祭のあと、火葬・骨揚げを行いますが、これらは仏式と同じです。

神式では火葬と同じ日に埋葬するのが正式ですが、

最近は仏式のように一度自宅に持ち帰る人が増えており

その場合は「帰家祭」を行って、御霊代(みたましろ)に葬場祭の終了を報告します。

火葬場から戻ったら、家に入る前に火葬に行かなかった神官に

清祓い(きよはらい)」をしてもらいます。

これは仏式の塩を使った“お清め”と同じ意味を持っています。

その後、手水を取ってから家に入りましょう。

遺骨は後飾りの祭壇に安置し、神官による祭詞奏上・拝礼・玉串奉奠などが行われ、

儀式は終了します。

このあと、直会を催して神官やお世話になった人をねぎらう場を設けます

これには仏式と同じように“お清め”の意味がありますから、

短時間でも参加して帰るようにしましょう。

座席

神式における席次は仏式とほぼ同じで、

故人との縁が深い人が祭壇に近いところに座ります

左右に分かれて座る場合は、祭壇に向かって右側が喪主・遺族

左側が葬儀委員長や世話役・友人・知人となります。

異なるのは、棺と祭壇の前に玉串を捧げる台“玉串案”があり、その右側に斎主と斎員、

左側に楽員といった神官が数人座る点でしょう。

斎員とは式の世話役、楽員とは詠歌や雅楽を奉じる神官です。

仏式では僧侶が1~数名であるのに対し、

神式では儀式に携わる神官の数が多いのも特徴といえるでしょう。

祝詞(のりと)

式の流れの紹介でも触れた「祝詞」とは何でしょう?

私たち日本人は古来より“言葉”に魂があると信じて「言霊」と呼び、

神様に願い事をしたりお礼を伝えたりするときは、

より一層の心を込めて読み上げるようになりました。

これが「祝詞」の始まりです。

仏式でいうところのお経と考えるとイメージしやすいのですが、

祝詞の場合は過去のものを参考にするなどして、

それぞれの神社で大和言葉を用いて作成しています。

祝詞が奏上されるときには、軽く頭を下げるようにしましょう。

香典

香典は通夜祭か葬場祭のどちらか先に行ける時に持参しましょう。

不祝儀袋の水引は、仏式でも用いる双銀あるいは黒白の結びきりが一般的で、

白一色のものは神式専用です。

注意したいのは、水引が神式で使えるものであっても、

紙の部分に“蓮の花”があるものは仏式用、

“ユリの花”や“十字架”はキリスト教用ですので、

これらは避けるようにしましょう。

なお、神式の表書きは「御霊前」「御玉串料」「御榊料」となります。

「御霊前」は仏式でも神式でも使えますが、

迷ったら神式特有の「御玉串料」が良いでしょう。

挨拶

神道では人は“死”によって神(先祖神)になると考えるため、輪廻転生はありません。

ですから、仏教のように死後に仏になるという「成仏」、

極楽浄土への転生と幸せを願う「ご冥福」や、

そこに至るための「供養」という考えはありません

同様に「往生」「冥土」「追善」といった言葉も使われません。

そのため、仏式の挨拶で用いる「ご冥福をお祈りします」は、

御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」と言い換えましょう。

また、悲しみに暮れる遺族を気遣う言葉「お悔やみを申し上げます」や、

訃報を知らせてくれたことに対するお礼として

本日はお招きいただきましてありがとうございます」というのは

神式でも問題ありません。

うっかり仏教用語を使ってしまわないよう、気をつけてくださいね。

法要

神道では法要ではなく「霊祭(れいさい・みたままつり)」といい、

葬儀翌日の「翌日祭」から10日ごとに行われますが、最近は省略される傾向にあります。

しかし、仏式の四十九日にあたる「五十日祭」は忌明けとなるので、

行うのが一般的です。

そして、五十日祭から百日祭までの間に

故人の霊璽を“御霊舎(みたまや)”に移す儀式合祀祭」が行われます。

 
その後は「一年祭」「二年祭」「三年祭」「五年祭」「十年祭」「二十年祭」となり、

弔い上げとすることが多いようですが、さらに十年毎に霊祭を行うこともあります。

仏式の「七回忌」「十三回忌」などがなく、回数が少ないことを知っておきましょう。

 
いずれの場合も招かれたときは、表書きを「御玉串料」「御榊料」「御神前」として

供物料を持参するのがマナーです。

霊祭でも「玉串奉奠」が行われますので、作法を頭に入れておくと良いでしょう。

供え物

供物料として「御玉串料」などの現金を持参することが供え物の代わりとなりますので、

無理に持参する必要はありません。

しかし、故人と格別に親しかったなどであれば、

供え物を葬儀の際に持参したり送ったりするのも良いでしょう。

神式の場合、のしの表書きは「御供」「奉献(ほうけん)」「奉納」とし、

品物としては「干菓子」「果物」「酒」などが良いでしょう。

香を焚くことはしないので、線香や抹香は不適切ですから注意しましょう。

また、霊祭の場合、のしは同様ですが、

「酒」「鮮魚(海の幸)」「野菜(山の幸)」「乾物」などを

供えることが多いようです。

 
一方、花は弔意を表すのと同時に

供花(くげ)」としてお供えにも、会場を飾ることもできます。

仏式の葬儀では白い花をベースに落ち着いた色のものを用いたり、

最近では白にこだわらず故人が好んだ種類の花を供えたりしますが、

神式では白い花に限定した方が良いでしょう。

真っ白な菊やユリの花は定番ですが、神式では特に菊がおすすめです。

花の種類などで迷ってしまったら、

「御玉串料」と別に「御花代」として包んで渡すこともできますよ。

服装

最後に服装や持ち物・身だしなみについて触れておきましょう。

これらに関しては仏式と同様に考え、忌明けまでは黒のブラックフォーマルを着用し、

清潔で落ち着いた雰囲気になるよう気をつければ問題ありません。

ファッション性は必要ありませんから、弔意を示すことを第一優先に考えましょう。

靴をはじめ、カバンや防寒着などの持ち物にも

金属や光沢のない地味な色のものを選ぶことが大切です。

ただし、忌明け後はダークスーツやワンピースなど黒でなくても構いません。

服装・持ち物・身だしなみについては、こちらの記事でも詳しく触れています。

仏式における葬儀や通夜の服装について

 
なお、仏式で必須の「数珠」は、神式では必要ありません

間違えて持って行かないようにしましょう。