神式の通夜・葬儀の流れとは?時期とやることまとめ

日本古来の宗教“神道”には、一般的な仏式とは異なる弔い方「神葬祭」があります。

神道を信仰している人でも日本の葬儀のほとんどが仏式で行われているため、

神式の葬儀に出席した経験は少ないことが多く、

当事者側となれば不安も多いと思います。

ここでは、神式で葬儀を行う際の流れについて、

仏式と対比しながら詳しく説明しています。

神葬祭とは

神道では、故人を弔う儀式を総称して「神葬祭(しんそうさい)」といいます。

仏式の葬儀と単純に比較することはできませんが、およそ次のようになります。

《 神式と仏式の葬儀 》
神道(神葬祭)仏教
通夜祭(つやさい)
遷霊祭(せんれいさい)
通夜
葬場祭(そうじょうさい)
葬儀・告別式

また、“死”は穢れたものであるという考えから、

神葬祭は神社では行われず、葬祭会館など別の場所で行います。

死後の概念も異なるため、仏教では極楽浄土への転生を願い供養しますが、

神道では故人の御霊にとどまってもらい、その家の守護神になる儀式となります。

一般的に、仏式では読経・焼香が行われますが、

神式では祭詞(さいし)と玉串奉奠(たまぐしほうてん)となります。

さらに、拝礼といって神社でお参りするときのように

二礼・二拍手・一礼」を行いますが、

弔事では忌明けとなるまで音を立てない拍手(しのび手)となるので注意してください。

こういった違いを踏まえ、神式での葬儀「神葬祭」について見ていきましょう。

臨終から納棺まで

病院など自宅以外で亡くなった場合、遺体を自宅などに引き取ることが必要です。

病院であれば委託している葬儀社がありますから、搬送してもらいましょう。

そのあと、引き続き葬儀も依頼するか別の業者にするか、

見積もりを取るなどして決めていきます。

仏式とは異なる用具も必要ですから、神式での葬儀に慣れた業者を選ぶといいですね。

葬儀社が決定したら、

他の遺族の意見も聞きつつ今後の式の詳細について決めていきましょう

神式の場合は仏式ほど葬儀のバリエーションは少ない傾向にありますが、

遺言などがあれば添えるように手配できたらいいですね。

なお、自宅に遺体を安置できない場合は

葬祭会館などの死体安置所を借りることになります。

 
また、葬儀全般を中心となって執り行う「喪主」も決めておきましょう。

神式の場合は仏式のように通夜や告別式の中で挨拶する機会は少ないですが、

神職や葬儀社・親戚などへの連絡や調整、弔問客への対応など、

遺族の代表者としての役割は重要です。

日本では父親が亡くなると後継ぎとなる長男が喪主を受け持つ風習がありましたが、

最近では故人の配偶者が務めることが多く、該当者がいなければ長男・次男と男性優先、

さらにいなければ長女・次女と決めていくのが通例になっています。

なお、遺言があればその人に喪主をお願いするようにしましょう。

喪主の優先順位の例

(故人の遺言 → ) 

配偶者(夫または妻) 

→ 子ども(長男→次男…) → 子ども(長女→次女…)

→ 故人の兄弟・姉妹

 ※ 故人が子どもで配偶者がいない場合は父親(または母親)が喪主

喪主が決まったら、葬儀の規模に合わせて世話役(受付係・会計係・接待係など)を

お願いできる人を探しましょう

世話役の役割についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
葬儀の「受付」を頼まれたときのマナーと対応について

枕飾り・枕直し

遺体を搬送したら、白い小袖を着せ、頭を北か東に向けて布団に寝かせます。

仏式と同様、顔に白い布を掛け、守り刀なども置きます。

枕元には「枕飾り」をしつらえますが、

神式では専用の机「案(あん)」か小机に白い布をかぶせ、

三方(さんぽう)という台をおいて、

そこに水、塩、洗米(せんまい)、御神酒(おみき)などを供えます。

その後、仏式の“枕づとめ”にあたる「枕直しの儀」を行います。

最近では省略して身内で拝礼するのが主流ですが、本来は神職を招いて行い、

同時に「帰幽報告の儀」も執り行って、神々に故人の死を報告します。

このとき、自宅に神棚がある場合は

神棚封じ」といって扉を閉じ、白い紙を貼ります。

 
落ち着いたら、葬儀社と葬儀の日程など詳細を決めていきましょう。

仏式では“友引”などの六曜を気にして葬儀の日程を決めることがありますが、

神式には無関係な風習ですので、葬儀をお願いする神職や火葬場、

遺族の都合などで決めていけば問題ありません。

しかし、火葬場や葬儀関係者の休業日が友引の日であることも多く、

現実的には友引を避けなければならないこともあります。

休業日でなければ友引の日は火葬場などが空いていることが多いので、

待ち時間が少ないなどのメリットもあります。

 
日程が決定したら、早めに喪服の準備をしておきましょう。

遺族の場合、通夜は略喪服で問題ありませんが、葬場祭は正式喪服がマナーです。

特に喪主は参列者の中でいちばん格式を高くするものなので、

略式にする場合は特に注意して遺族とも相談しながら決めていきましょう

正式喪服・略喪服についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

 
また、神葬祭の各儀式における席次も決めておきましょう。

通常は席次と同じ順番で玉串奉奠を行いますから、

参列者に失礼のないように注意が必要です。

基本的には祭壇に向かって遺族が右側、世話役や友人は左側となり、

故人との関係が深い人・社会的地位が高い人ほど前列・祭壇側に座っていきます。

一般的には、喪主は右側の最前列左の席、世話役代表は左側の最前列右の席です。

★イラストがあった方が良いかもしれません(A本p113など)

席次や会場についてはこちらの記事でも触れています。
神式の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

納棺の儀

遺体を棺に納め、周囲を生花で飾ります

神式では棺を白い布で覆って祭壇前に安置した後、

“二礼・二拍手(しのび手)・一礼”を行います。

葬儀社の指示に従って行っていきましょう。

通夜の流れ(神葬祭1日目)

神葬祭の1日目には、仏式の通夜にあたる「通夜祭」と、

それに続けて「遷霊祭」が行われます。

いずれも会場となる葬祭会館などに式を司る神職「斎主(さいしゅ)」や

その補佐を行う「斎員(さいいん)」に来てもらい、営まれます。

一般的な流れを紹介しますので、確認しておきましょう。

通夜祭

通夜祭の流れ
 

  1. 斎主・遺族の入場
  2. 斎主一拝
    斎主に合わせ、一礼しましょう。
  3. 供饌(ぐせん)
    饌(せん)と呼ばれる食べ物を神に捧げます。
  4. 祭詞奏上
  5. 玉串奉奠 
    作法に従って行い、最後に二礼・二拍手・一礼しましょう。
  6. 撤饌(てっせん) 
    備えていた饌を下げます。
  7. 斎主一拝 
    斎主に合わせ、一礼しましょう。
  8. 斎主退場


 
仏式の通夜で行われる「焼香」は神式では行われず、代わりに「玉串奉奠」があります。

玉串とは榊などに白い半紙を四つ折りにした“紙垂(しだ)”を付けたもので、

これを故人との関係が深い順で神に捧げるのが玉串奉奠です。

また、最近では省略されることもありますが、

儀式の前に手や口を清める儀式「手水の儀」を行うこともあります。

「玉串奉奠」「手水の儀」の作法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
神式の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

遷霊祭(せんれいさい)

遷霊祭とは故人の魂を遺体から「霊璽(れいじ)」に移す儀式で、

夜間に室内の明かりを消して行います。

霊璽は仏式の位牌にあたるもので、

忌明けとなる五十日祭以降には自宅にしつらえた「御霊舎(みたまや)」に祀られます。

御霊舎は仏式の仏壇にあたるものです。

遷霊祭の流れ
 

  1. 斎主・遺族入場
  2. 斎主一拝 
    斎主に合わせ、一礼しましょう。
  3. 遷霊の儀 
    斎主が遷霊詞を奏上するので、軽く頭を下げましょう。
  4. 玉串奉奠 
    作法に従って行い、最後に二礼・二拍手・一礼しましょう。
  5. 斎主一拝 
    斎主に合わせ、一礼しましょう。
  6. 斎主退場
  7. 直会(なおらい)

 

遷霊祭が終わると、仏式の“通夜振る舞い”にあたる直会」の席を設けます。

神道では葬儀の間は葬家が火を使うことを禁じているため、

かつては近隣の人に直会の料理をお願いしていましたが、

現在では仕出し料理を別室に用意するのが一般的です。

仏式では肉や魚を出しませんが、神式ではどちらも食べて大丈夫ですので、

注文の時に伝えておくと良いでしょう。

葬儀の流れ(神葬祭2日目)

神葬祭の2日目には「葬場祭」「出棺祭」「火葬祭」「帰家祭」などが行われます。

それぞれ見ていきましょう。

葬場祭(そうじょうさい)

神葬祭の中心となる儀式で、仏式の葬儀・告別式にあたります

儀式の中で行われる「祭詞奏上」では、故人の経歴や功績・人柄などを述べますので、

神職との事前の打ち合わせが必要です。

また、仏式の葬儀と同様に、友人代表などに弔辞を読んでもらったり、

届いた弔電を奉読したりします。

お願いする人や順番などは事前に葬儀社と打ち合わせておきましょう。

葬場祭の流れ
 

  1. 遺族・参列者着席
  2. 斎主入場
  3. 開式の辞
  4. 斎主修祓(しゅばつ) 
    頭を低くたれて、お祓いを受けます。
  5. 献饌(けんせん)・奉幣(ほうへい) 
    神をお迎えし、神饌やそれ以外の供え物を捧げます。
  6. 斎主祭詞奏上  
    故人の功績・人柄などを述べ、霊として遺族を守ってくれるように祈ります。
  7. 弔辞拝受・弔電紹介 
  8. 玉串奉奠 
    斎主・喪主・遺族・親戚が行います。
  9. 撤饌・撤幣 
    供え物を下げます。
  10. 昇神(しょうじん)の儀 
    神を見送ります。斎主一拝、一同一拝します。
  11. 斎主退場
  12. 喪主の挨拶
  13. 閉会の辞
  14. 一般告別式 
    一般弔問客による最後のお別れの式となります。
    弔辞・弔電に続いて遺族・親戚と共に玉串奉奠する場合もあります。
  15. 喪主(親族代表)挨拶

 

なお、挨拶の内容についてはこちらの記事でも触れています。

仏教用語を言い換えれば(通夜→通夜祭、告別式→葬場祭など)、

違いはありませんのでご参考ください。
喪主の挨拶や服装について注意すべきこと

出棺祭

神式での出棺祭は、棺が自宅を出る時、夜間に行われるものでしたが、

現在は自宅以外で神葬祭を行うことが多いため、

棺が自宅を出るのは納棺後・通夜祭前となるケースが多くなりました。

そのため、現在では自宅を出る時ではなく、

仏式と同じように火葬場に行く前に出棺祭が行われるようになっています。

故人との最後の対面を行い、

遺体の周囲を花で飾ってから、フタを釘打ちして霊柩車に載せます

出棺までの流れは仏式とほぼ同じですが、

火葬場へと向かう車列の順序が仏式とは異なっていて

一番前の先導車の次に神職の乗った車、その後ろに霊柩車となります。

なお、神式では火葬場に行かずに葬儀場に残った人たちで

祓除(はらいよけ)の儀」を行います

これは祭壇を片付け、手水を取った後に、

遺族や家屋を死の穢れから清めるための儀式です。

火葬祭

火葬場に到着後、火葬の前に行われる儀式です。

炉の前に棺を安置して、その前に小机などで神饌や花などを供えます。

斎主が祭詞を奏上し、喪主から順に参列者は玉串を奉って拝礼します。

なお、骨揚げなどの方法は仏式とほぼ同様です。

詳しくはこちらをご覧ください。
火葬の流れと骨上げの作法とは?時間や順番・箸の使い方

帰家祭(きかさい)

神式では火葬祭を行った日に埋葬まで行うのが正式です。

しかし、最近では仏式のように遺骨を自宅に持ち帰ることが多くなり、

火葬のあとに「帰家祭」を行うことが増えてきました

 
火葬場から一同が戻るとお祓いを受け、

火葬場に行かなかった人が用意した手水で身を清め塩をかけてもらう

清祓い(きよはらい)」を行います。

お祓いが済んだら家に入り、仮祭壇をしつらえます

仮祭壇には遺骨と霊璽を安置し、神饌や灯明などをお供えして、

一同着席したら「帰家祭」となります。

帰家祭とは無事に葬儀を終えたことを神に奉告する儀式ですので、

斎主がこれを祭詞として奏上し、玉串奉奠を行います。

最後に全員で拝礼して終了となりますが、

最近では「清祓い」と「帰家祭」は省略されることが増えています

いずれの場合も当日の儀式がすべて終わったら、

神職やお世話になった人をねぎらう「直会」の席を設けましょう

 
なお、仏式の告別式当日に初七日法要を行うように、

神式でも葬場祭当日に十日祭(仏式の初七日にあたる)を行うこともあります

神式では死後50日まで十日ごとに儀式を行うのが正式ですが、

現在では帰家祭同様に省略されることが多くなっていますので、

親戚とよく相談して決めていきましょう。

ただし、忌明けとなる「五十日祭」は

仏式の四十九日法要にあたる儀式で、とても重要です。

現在でも五十日祭は盛大に行い、

このときに納骨する「埋葬式」を行うのが一般的な流れになっています。

神道ではお墓のことを「奥津城(おくつき)」といい、

神社ではなく霊園などにあるのが一般的です。

この日までに用意しておくようにしましょう。

ここに神職を招いて祭壇をしつらえ、祭詞奏上や玉串奉奠が行われます。

神饌などお供えするものの他にも、

しめ縄とこれを張り巡らすための

故人の氏名などを記した銘旗(めいき)が必要です。

神職に聞いてみると良いでしょう。

 
なお、神棚封じをしていた場合は、この日に白い紙を剥がし、忌明けとなります。