自宅での臨終における手続き、安置について

自宅で家族が亡くなっているのを見つけたら、

気が動転してしまう人がほとんどでしょう。

こんなときはまず何をすれば良いのでしょうか?

逆に、やってはならないこともあるのでしょうか?

この記事では、自宅で臨終を迎えた場合の対応や手続きと遺体の安置について

詳しくお伝えしています。

死亡に気づいたら

現在の日本では病院で亡くなる人が8割を超えていると言われています。

しかし、高齢者の増加・救命率の上昇に伴い、病院は満床状態になりつつあります。

そのため、今後は重症者以外の入院は減少し、

在宅での療養が増加していく傾向にあるとみられています。

そうなると、自宅で家族を看取るケースも増えてくるわけですね。

ところが、医療機関で亡くなった場合は医師やスタッフの助けがあっても、

自宅の場合はそうはいきません。

死亡後に行うべきことや流れの把握も、

ある程度自分たちで理解しておく必要があります。

特に、亡くなっているのに気付いた時の対応は重要です。

なぜなら、かかりつけの往診医がいる場合といない場合で大きく異なるからです。

まずはこの点について触れておきましょう。

かかりつけの往診医がいる場合

在宅医療をしている人や高齢などで外来受診が困難な人は、

自宅への往診をお願いしている医師がいると思います。

まずはその医療機関に連絡をとり、医師にすぐ来てもらいましょう

通常は前回の診察後24時間以内に治療に関連した病気で死亡した場合なら、

医師は「死亡診断書」を交付してくれます。

また、24時間経過していても治療中の病気や既往歴などに起因していると判断されれば、

交付してもらえることが多いです。

死亡診断書は大切な書類なので、受け取ったら紛失しないようにしましょう。

往診医がいない場合

往診してくれるかかりつけの医師がいなければ救急車を呼びましょう

かかりつけの病院はあっても往診に対応していないこともありますので、

その場合も救急車を呼ぶようにします。

実際のところ、意識を失っているだけなのか亡くなっているのかは

素人には判断できないケースもありますから、救急車を呼ぶのが安心です。

生きている可能性が考えられるのであれば、救命措置を行いながら到着を待ちましょう。

救急車で病院に搬送され、医師によって死亡が確認された場合は、

入院中に亡くなった人と同じような経緯で処置・手続きが行われることがほとんどです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
病院での臨終における手続きの流れ

 
ただし、死後時間が経過している、もしくは明らかに絶命しているとわかる場合には、

絶対に遺体を動かしてはなりません

こういった場合には死因を明らかにして事件性がないと判断する必要があり、

そのための実況見分が警察によって行われるからです。

万が一、遺体を動かしてしまうと死因と遺体の状況が合致せず、

家族に嫌疑がかかる可能性もあり得ます。

ですから、例え入浴中に亡くなったのだとしても、

死亡が明らかな場合は運び出して体を拭き、

裸では気の毒だから…と服を着せることさえしてはならないと言われています。

この場合は警察に連絡(110番通報)をいれるのが良いでしょう。

すぐに警察官とともに監察医(あるいは警察委嘱の医師)が死亡を確認し、

事件性の有無を調べます。

事件性がないと判断されれば検視を行い、

その場で「死体検案書」を交付してもらえます。

一方、事件性が疑われる場合は“司法解剖”が行われ、

事件性なしと判断されてから交付となります。

なお、「死亡診断書」「死体検案書」は行政手続きや火葬などに用いる重要な書類です。

役所へ提出する期限などもありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

死亡届・火葬・埋葬許可証の書き方、時期や届け出先について

遺体の安置

病院または警察嘱託の医師によって「死亡診断書」「死体検案書」が交付されたら、

葬儀社を早急に決め、弔いの準備を始めましょう。

数社から見積もりを取り、項目や価格を調べた上で決めると良いでしょう。

葬儀プランの内容がわかりにくい場合はきちんと問い合わせることも大切です。

丁寧に対応してくれる葬儀社は後々安心だと思います。

プランの内容が少ないとオプションをたくさん追加することになって、

結果的に高額になってしまうケースもありますから、注意してくださいね。

最近では生前に葬儀社を決めている人も多いので、

死亡後すぐに連絡して駆けつけてもらう場合もあると思いますが、

葬儀社のスタッフも「死亡診断書」か「死体検案書」が交付されていないと

遺体に触れることができませんので、未受理ならその旨を伝えるようにしてください。

 
同時に、菩提寺がある場合は死亡の連絡を入れておきましょう

菩提寺の僧侶には安置後に読経をお願いすることもありますし、

葬儀の日程を決めるにあたって都合を聞いておく必要が出てきます。

まずはこの段階までに一報を入れておくことをおすすめします。

さらに、故人本人や家族の信仰心が篤い場合は、

宗教・宗派に基づいた儀式になると思いますので、それに即した対応も必要です。

日本人のほとんどが行う仏式ならば問題ありませんが、

神道・キリスト教などでは葬儀などで行う儀式や用具が異なるため、

慣れた葬儀社を利用する方が良いでしょう。

神道・キリスト教についてはこちらの記事をご覧ください。

神式の通夜・葬儀の流れとは?時期とやることまとめ キリスト教の通夜・葬儀の流れとは?時期とやることまとめ

あとは往診してくれた医師や看護師、または到着した葬儀社のスタッフの指示に従って、

以下の事柄を必要に応じて進めていきましょう。

安置場所の決定

自宅で臨終を迎えた場合は遺体を搬送せず、そのまま安置するケースがほとんどです。

重要なのは棺を遺体のそばまで運んでこられるかという点です。

エレベーターや階段などで棺を運び込めない場合には、

安置する場所を変えなければなりません。

葬儀社や葬祭会館などの安置室を借りるようにしましょう。

この場合は遺体を搬送する寝台車などが必要になるので、併せて手配します。

自宅に大きな車があって搬送できる場合は自分たちで行うこともできますが、

遺体は非常にデリケートな状態で扱いが難しく、

体液などの滲出に備えたシートなども用意しなければなりません。

なお、タクシーなど業務用の車を利用することは法令上できません。

いずれの場合も、

遺体の搬送時には必ず「死亡診断書」または「死体検案書」を所持することが必要です。

これらがないと犯罪を疑われる事態になりますので、忘れないようにしてください。

 
また、夏場などはエアコンなどが設置された、

室温をコントロールできる部屋に安置するようにしましょう。

一般的な安置には、新品もしくは洗い立ての白いシーツをかけた布団を用います。

仏式の場合は北側に枕が来るように敷いて準備しておきましょう。

末期の水とエンゼルケア(遺体の死後処置)

はじめに末期の水をとりましょう。

病院では看護師が準備してくれますが、

葬儀社にお願いするほか、自分たちで行うこともできます。

用意するものは、

末期の水に必要なもの

脱脂綿(ガーゼも可)、割り箸(新品)、糸、器(お椀など)
※ 割り箸の先端に脱脂綿を挟んで糸で括り付け、器に入れた水に浸して行う。

です。

 
また、遺体の状態は時間の経過とともに悪くなっていくので、

早急に冷却し、適切なケアを施す必要があります。

この死亡時に行う遺体のケアを「エンゼルケア」「逝去時ケア」などと呼び、

専門の知識を持ったプロの手で行われます

病院であれば医師や看護師によって施されますが、

自宅で臨終を迎えた場合は

往診の医師や訪問看護師、葬儀社のスタッフに任せることになります。

なお、エンゼルケアには保険が適用されないため、数万円かかることもあります

末期の水の由来や行い方、エンゼルケアについての詳細は、

こちらの記事をご覧ください。

病院での臨終における手続きの流れ

また、昔は「湯灌(ゆかん)」といって家族が遺体をお湯で清める行為が

衛生面と儀式的要素を兼ねて広く行われていました。

しかし、現在では衛生上の意味は少なく、

エンゼルケアの清拭(体を拭くこと)に替えて行うことがほとんどです。

希望すれば湯灌をしてもらえますが、自宅に介護用の浴槽を持ち込んで行うため、

追加料金(10万円前後)が必要になります。

死装束と死化粧

エンゼルケアが終わったら、故人の最後を飾る身支度をしてあげましょう。

死装束(しにしょうぞく)は白い着物とされていた時代もありましたが、

現在は“故人らしさ”が感じられる服装を選ぶ遺族が増えています

故人が愛用していた服を着せてあげるのも良いでしょう。

伝統的に白い着物を着せた上で、棺の中に愛用していた服を納めてもいいですね。

遺体は硬直が始まってくるので、慣れない遺族だけでの着替えは困難ですから、

葬儀社のスタッフに行ってもらい、手を添えて手伝うと良いでしょう。

 
同様に、死化粧(しにげしょう)も施してあげましょう。

生前の血色や面立ちを保てるように、男性でも薄化粧することは珍しくありません。

このときもスタッフの指示に従って、遺族も手伝いながら準備すると良いでしょう。

あまり強くこすらないようにすることが大切です。

また、長い闘病生活で痩せてしまった人は、頬に綿を含ませることもあります。

 
このように故人の身支度を整えてあげることは、

遺族の心のケアにもつながるといわれ、大切な時間となっています。

最後のお世話をしてあげられたという満足感が救いとなることが多いようです。

そのためにも可能なところは一緒に行うと良いでしょう。

ただし、小さいお子さんや抵抗を感じる人は無理に行うことはありません。

静かに見守るか、別室で待機しましょう。

枕飾り

遺体の身支度が終わったら布団に安置し、

通夜までの儀式として「枕飾り」をするのが一般的です。

遺体の枕元に白木の小机などを置き、

そこに香炉・燭台・花立・鈴(りん)・一膳飯(枕飯)・水・枕団子などを飾ります。

葬儀社のプランに入っていることも多いでしょう。

弔問客が駆け付けた場合は、これを祭壇として手を合わせてもらいましょう。

 
また、僧侶を読んで読経(枕経:まくらぎょう)してもらうことを「枕づとめ」といい、

この場合は枕飾りが必要なことが多いです。

しかし、最近では枕づとめをしないことも多く、

遺族で見守るだけというケースも増えています。

葬儀の詳細の決定

遺体を安置し、枕飾りなども終わったら、葬儀の詳細を決めていきましょう。

この時までに主だった親戚など相談すべき人が集まれるように連絡しておきます。

故人や遺族の希望に基づき、葬儀の形式や規模、

盛り込みたい内容などを詰めていきましょう

ただし、後々トラブルにならないよう、

関係者できちんと相談しておくことをおすすめします。

また、葬儀社のプランを利用する場合は、その範囲を確認しておくことも重要です。

葬儀の形式・費用などについての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

葬儀の形式、費用は?一般葬や家族葬、密葬など

 
なお、通夜や葬儀・告別式の日程は、火葬場の混雑具合や葬儀場の空き状況、

菩提寺がある場合は読経をお願いする僧侶の都合などによって決めていきます。

もちろん、遺族の予定や年末年始などで人が集まりにくい状況にある場合には、

日程をずらすことも可能です。

ただし、それまでの間、死体安置所を確保する必要がありますから、

葬儀社に手配してもらうようにしましょう。

通夜や葬儀・告別式の詳細はこちらの記事で詳しく触れています。

併せてご覧ください。

仏式の通夜の流れとは?時期や準備、会食について

★★リンク 仏式の葬儀・告別式の流れとは?