葬儀の御花料の相場は?袋の書き方や包み方

亡くなった人に花を供えるという風習は世界中で見られるものですが、

日本では花を直接持参するよりも、

「御花料」として現金を包んでいくことが増えていると言われています。

しかし、実は「御花料」にも色々あることを知っていますか?

また、注意すべき点や、金額の相場はあるのでしょうか?

ここでは「御花料」にまつわるマナーや具体的な贈り方について

詳しくお伝えしています。

御花料(御花代)とは

「御花料」は故人にお供えする花を用意するためのお金です。

しかし、用途や宗教の違いなどによって、意味合いが少々変わることがあり、

どういう時に「御花料」を使えば良いのか紛らわしい面もあります。

例えば、「御花料」が指すものには、

  • 供花の代金として
  • 仏教以外の香典として
  • 葬儀に参列できなかった時の弔意として


などがあり、花にまつわるお金「御供花料」と同じように使ってよいのか

悩んでしまうかもしれませんね。

まずは、御花料の意味合いについて解説しておきましょう。

供花の代金として

通夜や葬儀・告別式では祭壇にたくさんの花が供えられていますね。

これらの花は「供花(くげ)」といい、

自分で手配して花屋などから送ることもできますが、

葬儀を執り行う葬儀屋や遺族に依頼して手配してもらうこともあります。

その場合、多くは電話でお願いすることになるので、

代金は葬儀社や遺族に立て替えてもらうかたちになりますね。

この立替金を弔問するときに支払うわけですが、

葬儀会場で財布から現金を出すわけにはいかないため、

あらかじめ不祝儀袋や白無地の封筒にいれ、

表書きを「御花料」として持参するわけです。

つまり、手配してもらった供花の代金というわけです。

 
一方、似たような名目に「御供花料」というものがありますが、

これはどんな時に用いるのでしょうか?

明確な線引きはありませんが、一般的には「御供花料」は

葬儀による多額の出費を補ってもらう目的で遺族に贈ることが多いようです。

つまり、遺族が用意した供花の代金として充てられたり、

別の葬儀費用として充てられたりする可能性もあるわけです。

「御花料」・「御供花料」を混同して用いることもあるので、

花の代金にまつわるものには仏式ならどちらを使っても大きな問題はありませんが、

宗教によっては注意が必要な場合もありますので、次項も併せてご覧ください。

仏教以外での香典として

仏教以外の宗教でも、故人に花を供えることはよくあります。

特にキリスト教では香典や供物を贈るという風習はなく、

花に重きを置いており、葬儀では「献花」を行います。

このため、日本の教会では香典という風習と花を組み合わせて、

「御花料」として現金を包むようになったと言われています。

ですから、キリスト教式の葬儀に持参する「御花料」の意味は、

仏式の香典と同じということです。

なお、教会での葬儀では供花を送っても受け取りを拒否される場合があります。

これは偶像崇拝を禁止するキリスト教ならではの価値観で、祭壇を花で飾り過ぎたり、

供え物を置いたりすることを良しとしないからです。

こういった点からも、キリスト教式の葬儀の場合は

「御供花料」より「御花料」の方が表書きとして誤解がないと思います。

花を贈りたい場合は、教会ではなく故人の自宅に送る方が無難ですよ。

なお、カトリックの場合は「御花料」と同じ目的で「御ミサ料」の表書きも使えます

 
また、仏式でも、

香典に少し上乗せしたいときに、その分を「御供花料」として渡すこともあります。

香典はキリの良い数字で贈るため、

半端な額は別に用意した方がマナーとして良いからなんですね。

 
一方、日本独自の神道でも、仏式と同様に花を供えます。

この場合、前述のように供花の代金として「御花料」を持参したり、

香典(御玉串料)の上乗せ分や出費がかさむ遺族への気持ちとして包んだりします。

葬儀に参列できなかった時の弔意として

意外と多いのが、年末に「喪中欠礼」のはがきを受け取って亡くなったことを知った…

というケースです。

このように、通夜や告別式、四十九日などが済んでから訃報を知ったという場合、

遺族の方でも香典返しなどの返礼が全て終わっているため、

香典を渡すのをためらってしまうこともあると思います。

しかし、訃報を知ったからには

何らかの形で弔意を表したいという人もいることでしょう。

こういう時に用いられるのが「御花料」として現金を贈る方法です。

葬儀から時間が経ってしまったとしても、

遺族が仏壇や遺影に花を供えるのはよくあることですね。

つまり、この場合の御花料は

“このお金で花をお供えしてください”という弔意を示すものとなります。

香典のように返礼するケースもありますが、

すべてを終えてやっと落ち着いた遺族を配慮して、

返礼辞退の旨を伝えると良いでしょう。

弔問して直接渡してもいいですし、現金書留で遺族宅に送ることもできますよ。

相場

このように御花料にはいくつかの意味があり、それによって包む金額も変わってきます

例えば、供花の代金としての「御花料」であれば、

購入した供花によって金額は決まります

供花の相場が7,000~25,000円(全国平均15,000円)といわれていますから、

御花料の平均相場も15,000円となりますね。

 
また、キリスト教のように香典替わりとしての「御花料」の相場は、

香典の相場とほぼ等しくなります

香典の目安となる金額を次の表にまとめましたが、

故人との親交の深さや年齢・社会的地位によって相場が異なりますので注意しましょう。

 

《 香典の相場の目安 》
贈る相手(故人)相場の目安(円)
5万~10万円
兄弟・姉妹 5万~10万円
祖父母1万~3万円
叔父・叔母(父方・母方とも)1万~3万円
甥・姪 3万~5万円
友人・知人3千~3万円
ご近所3千~1万円
職場関係5千~1万円

一方で、香典に上乗せしたいときや、

香典を渡すタイミングを逃してしまったときの「御花料」には、

明確な相場はありません

しかし、後者は返礼辞退とすることがあると思いますので、

双方が負担に思わない程度(数千円~1万円)に留める方が良いと思います。

袋について

御花料を包む袋は、不祝儀袋白無地の封筒にするのが一般的です。

どちらにするかは主に中に入れる金額によって決まるのですが、

例えば香典替わりに1万円以上包むのであれば水引つきの不祝儀袋、

それ未満は水引が印刷された不祝儀袋や封筒を使うと良いでしょう。

水引は仏式なら黒白または双銀、神式なら双銀が正式です。

キリスト教の場合は水引がなく、花や十字架があしらわれたものが多いのですが、

蓮の花は仏式専用、ユリの花はキリスト教専用ですから注意してください。

中身の金額と袋が釣り合っていないと、遺族に対して失礼に当たります。

ただし、1万円以上でも代金として支払うのであれば、封筒で問題ありません

 
そして、いずれの場合も表書きと裏書きを忘れずに記入するようにしましょう。

これらは遺族が香典返しなどを準備する時に必要な情報となりますので、

もれなく記載してくださいね。

筆や筆ペンなどの毛筆で手書きするのが良いとされていますので、

袋と一緒にぜひ用意し、次のように書きましょう。

 
表書きは「御花料」とし、その下に氏名(フルネーム)を記入します。

中袋がある場合は、表側中央に金額を旧字体の漢数字で、

裏側の左寄りに住所・氏名を書きますが、

裏側は文字数が多いので、筆ペンの細字や万年筆を使っても大丈夫です。

中袋は外包みと別々に保管されることがあるので、氏名は両方に書いておきましょう。

中袋がない場合は、裏書として住所と金額を左寄りに記入しますが、

氏名は表書きにあるので、書く必要はありません。

 
また、連名にする場合は、

代表者(年配の人など)が中央に、他の人はその左側に記入していきます。

「○○一同」という書き方もありますが、

この場合は中にそれぞれの名前と入れた金額を書いた紙を入れるようにしましょう。

 
なお、香典と一緒に持参したり、香典替わりに贈ったりするときは、

袋を直接バッグに入れず、袱紗や白のハンカチなどに包むようにしましょう。

会場の受付で広げ、手早くたただら

相手から文字が読める向きに袋を重ね、差し出します

供花の代金として葬儀社が立て替えている場合は、御花料を受付に預けるのか、

葬儀社の人に直接渡すのか、依頼した時に確認しておくと良いでしょう。

中には銀行振込の場合もあります。

 
御花料の袋の書き方や持参の方法は香典と同じですので、

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

香典の入れ方は?金額や袋、連名などマナーについて

その後の法要での御花料

一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要は菩提寺などで行われることが多く、

初めの数回は親戚や知人など広く招いて行われる傾向があります。

花をお供えすることもできますので、手配しても良いでしょう。

ただし、葬儀と違って葬儀屋が取り仕切ることはなく、

多くは遺族が菩提寺などと直接相談して催します。

そのため、供花に関しては遺族に確認する方が良いでしょう。

もし寺に提携している花屋があれば遺族を介して注文するのがいちばん確実です。

この場合は法要の当日に「御花料」として代金を持参しましょう。

自分で手配したり、会場ではなく自宅に贈ったりする場合は

御花料の必要はありません

なお、年忌法要の際にも香典を持参するのが一般的です。

この金額に少し上乗せしたいときも、同様に御花料(御供花料)として包めます。

キリスト教なら「御花料」の表書きで香典がわりに持参しましょう。

花を送りたいのであれば、自分で手配して自宅宛てに送る方が安心ですよ。

 
一方、神道では法要の回数が少ない傾向があり、

場所も神社ではなく葬祭会館などを借りて行われます。

こういった会場では提携先の花屋が決まっていることが多いので、

会場に問い合わせて花を手配すると良いでしょう。

法要の当日は、忘れずに代金を御花料として持参してくださいね。

やっぱり御花を準備したい

御花の相場や送り方については下記記事に詳しく解説しています。

葬儀のお花や供物の相場、名前や送り方のマナーとは?