葬儀の遠方参列者への交通費や宿泊費は負担すべき?

葬儀や法事のために遠方から親戚や友人が駆けつけてくれることがありますね。

こんなとき、気になるのが「交通費」と「宿泊費」。

先方の自己負担にするのか喪主側が支払うべきなのか、悩んでしまいますね。

でも、わざわざ弔問に来てくれるのですから、失礼のないように対応したいものです。

ここでは、葬儀や法事の交通費・宿泊費に関する対応とマナーについて紹介しています。

交通費

基本的な対応

  • 交通費は参列者の自己負担
  • ただし、僧侶などの交通費は喪主側が負担する。

訃報を受けてから一両日中に行われることが多い通夜や葬儀。

参列者はみな急いで駆け付けるものです。

中でも遠方に住んでいる人は片道だけでも時間がかかり、

それを短縮するために新幹線や飛行機など迅速に移動できる交通手段を選んで

弔問に訪れることになります。

このような場合でも参列者に負担を掛けるようで申し訳ないのですが、

交通費は参列者側の負担とすることが一般的です。

なぜなら、参列者本人が自発的に故人への弔意を示すために必要なお金だからです。

同じ冠婚葬祭でも、結婚式の場合は“招待”なので新郎新婦側が負担するのが通例ですが、

葬儀は招待ではないということですね。

 
仮に交通費を喪主側で負担することにした場合、

たくさんの参列者にどの程度の金額・距離から支払うのかという問題も発生します。

参列者は徒歩圏内でない限り交通費はかかっているわけですから、

「ここまでは払わないけど、これ以上は払う」という線引きも難しいと言えるでしょう。

この点を考えても、

「交通費は一律自己負担」とした方がトラブルになりにくいかもしれませんね。

 
ただし、喪主がお願いして葬儀に来てもらう僧侶にはハイヤーを手配するか、

「お車代」を渡すなどして交通費を喪主側で負担します。

つまり、喪主が依頼して会場に足を運んでもらった場合は喪主側の負担、

本人の意思の場合は自己負担と捉えると良いでしょう。

また、高い交通費をかけて遠くから駆けつけてくれた人に対しては、

お礼の気持ちを表すこともマナーです。

詳しくは別項をご覧ください。

なお、親戚や地域によっては

“交通費は遺族が負担するのが慣習”となっていることもあります。

こういった場合は一般論よりも慣習を優先させた方がトラブルに発展しにくいので、

確認しておくと良いでしょう。

宿泊

基本的な対応

  • 宿泊費の負担は参列者・喪主のケース・バイ・ケース
  • ただし、宿泊先は喪主側が手配

一日で自宅と葬儀場の往復ができない場合や、

数日にわたる通夜や葬儀のすべてに参列する場合は、宿泊する必要が生じます。

自宅にスペースの余裕があれば泊まってもらうのも良いでしょう。

宿泊費をどちらが払うかで悩むこともなくなりますね。

でも、親戚や友人とはいえ、葬儀から疲れて帰った後、

家族以外の人と寝泊まりするというのは精神的な負担があるかもしれません。

そういった点では、自宅のスペースに関係なく、

宿泊先を手配する方が余計な気を回さずにすみますね。

 
ただし、宿泊先の手配は喪主が行うことをおすすめします。

遠方からの参列者には土地勘がなく、

最寄り駅や会場からのアクセスがスムーズにいかなくなる可能性があるからです。

宿泊先として最も適しているのは、葬儀会場に近いところです。

葬儀会場そのものに宿泊施設が備わったところや提携先がある場合もありますから、

聞いてみると良いでしょう。

特に、葬儀会場に併設されている場合は、故人と一緒の時間を長めにとることができ、

宿泊費用が安く抑えられるというメリットがあります。

しかし、夜通し故人に付き添う習慣(仮通夜・本通夜)が少なくなったこともあり、

宿泊できる人数が限られたり、仮眠室だけだったりなど、設備は様々です。

中には豪華な設備が整ったところもありますので、

必ず確認したうえで予約する方が良いでしょう。

ただし、簡易的な設備の場合はゆっくり体を休めてもらえない可能性があります。

長距離を移動した人や高齢者の場合は、

葬儀場近くのホテルを手配することをおすすめします。

アクセスの良さを優先し、シティホテル・ビジネスホテルなどを探しましょう。

 
さて、宿泊先を手配した場合、その費用を誰が負担するのかは、様々です。

基本的には弔問したいという参列者の気持ちからの行為なので、

交通費と同様、参列者側が負担するケースが多数のようです。

しかし、中には身内のルールがあって宿泊費はどちらが負担するか決まっていたり、

地域によっては遺族負担とされていたりすることもあります。

葬儀社や親戚筋に訪ねてみると良いでしょう。

遠方の参列者に対するマナー

このように、葬儀での交通費・宿泊費は参列者の自己負担が基本ですが、

風習や身内のルールなどで例外も多数あります。

葬儀の直前になって「いまさら聞けない」という場合は、

その後の円滑なお付き合いを考慮して、

交通費は負担してもらうけれど宿泊費は喪主側が負担

あるいは両方とも喪主が負担という覚悟を決めておいたほうが良いでしょう。

ただし、今回の葬儀で交通費・宿泊費を喪主側が負担した場合、

逆の立場になったときに今度は先方が負担するのがマナーとなります。

親戚同士などお互いの気持ちでやりくりできるのであれば、

参列者の自己負担としたうえで喪主側からは別途お礼をするという方が、

結果的にお互いの負担が少なくて済むことも多いでしょう。

この場合の「お礼」とは、

  • お礼状を書く(親しい間柄ならば電話でも可)
  • お中元やお歳暮を贈る

などの対応が適切です。

現金でのお返しは不作法という意見も多いので、

「こちらの番がいつかやって来る」と考えてその時に対応する方がスマートでしょう。

お中元やお歳暮での対応は後述しますが、

お礼状の文面・文言はこちらをご参考ください。
いただいた弔電や供花、供物。お返しはどうすればいい?

 
また、葬儀とは切り離せないものの一つに「香典」があります。

香典の金額は故人・遺族と参列者の関係の深さで決まるため一概には言えませんが、

それによっては10万円前後を受け取ることもあります。

この参列者が遠方からわざわざ来てくれた人だと、

交通費や宿泊費に加えて香典まで申し訳ないという気持ちになってしまいますね。

しかし、香典は受け取るのがマナーです。

遠くから弔問に駆け付けるという行為と同様に、

香典は香の代わりに故人にお供えし、冥福を祈るものです。

ありがたく受け取っておきましょう。

なお、香典の相場についてはこちらをご参考ください。
香典の入れ方は?金額や袋、連名などマナーについて

 
また、遠方からの参列者に対してはきちんと挨拶をしておきましょう

通常の挨拶に加えて、


「遠方よりお越しくださり、ありがとうございます。」

と一言付け加えるだけでも十分ですよ。

法事の時はどうする?

基本的な対応

  • 交通費・宿泊費ともに施主側が負担
  • ただし、高額で全額負担がむずかしいときは半額でも可

通夜や葬儀・告別式が終わっても、

一年・三年・五年後…と法事(年忌法要)が行われます。

お葬式の時ほど広く声は掛けませんが、

血縁者やごく親しい人には遠方に住んでいても法事に出席してもらうことが多いです。

この場合は、施主が法事に招く…つまり“招待”することになるので、

交通費・宿泊費が発生する場合は施主の負担とするのがマナーです。

代金の渡し方などは次項をご覧ください。

交通費・宿泊費の支払い方・渡し方

基本的な対応

  • 宿泊費は手配時に支払っておく
  • 交通費は「お車代」として渡す
  • ※ 辞退された場合はお中元・お歳暮・御礼状などに替える

宿泊先は会場の近くに施主が手配し、代金は支払っておくと良いでしょう。

もちろん、先方が日帰りか宿泊かは事前に確認しておくようにします。

一方、交通費は施主が直接支払うのは難しいので、

法事終了後に「お車代」として渡すようにします。

飛行機・新幹線・特急などによって金額が大きく変わってきますので、

あらかじめどの交通機関を利用するのか確認しておくといいですね。

インターネットを利用すれば、

先方に聞かなくてもおよその交通費を割り出すことができますよ。
乗り換え案内・時刻表 Ekitan 

予約チケットを購入し、それを送っておくのでもいいと思います。

なお、お車代は実費をそのまま入れるのではなく、

5000円、10,000円などキリの良い金額で入れるのがマナーです。

また、飛行機のようにもともと高額な場合、

予算的に難しければ半額負担でも気持ちは伝わると思います。

もし、以前にその人から交通費・宿泊費を負担してもらったことがあるなら、

同じように対応すれば問題ありません

いずれの場合も、香典ではないので新札を白無地の封筒か不祝儀袋に入れ、

表書きを「お車代」、その下に施主名を書いて渡しましょう。

 
しかし、中には受け取らないという人もいます。

お車代を断られたら、しつこくせずにありがたく先方の好意に甘えて良いと思います。

押し問答になるとかえって関係が悪くなることがありますから、

ほどほどにしておきましょう。

 
そして、お車代を渡せなかった人に対しては、

お中元やお歳暮としてお礼に替えると良いでしょう。

気になる相場ですが、先方はお車代を辞退しているので、

基本的に「気にしないでいいよ」という気持ちでいると考えられます。

ですから、普段その人に送っている品物の金額にプラスα

(例:いつもが5,000円なら今回は8,000~10,000円)が良いでしょう。

併せて遠方からの来訪に対するお礼状を送っておくと万全ですよ。

葬儀のときに高額な自己負担をしてもらった人にも、

お礼の気持ちを込めて同じように対応すると良いと思います。