葬儀・法事の返礼品、香典返しのマナーや相場、渡し方とは?

日本には故人の死を悼み、弔問してくださった方々に対して

お礼の品を差し上げる風習があります。

これには、葬儀当日などに直接渡すものだけでなく、後日手配するものもあり、

それぞれのタイミングにふさわしいものを選んで贈ることが

遺族の感謝の表れとも言えるでしょう。

そのため、品物選びや相場など、悩む人も多いのではないのでしょうか?

ここでは弔事にまつわるお礼の品について、

いつ誰に贈ればよいか、相場ふさわしい品物掛け紙や表書きについてなど、

マナーにも触れながら詳しくお伝えしています。

通夜返礼品・会葬返礼品

通夜あるいは葬儀・告別式に参列した人に対して、

弔問への感謝を伝えるのが返礼品です。

通夜のときは「通夜返礼品」と通夜振る舞い

葬儀・告別式のときは「会葬返礼品」に会葬礼状を添えて渡し、

気持ちを伝えるというものです。

しかし、近年では通夜か葬儀・告別式のどちらか一方にのみ参列する人が増え、

しかも夕方~夜といった融通の利く時間帯に行われる通夜への参列者が

増加する傾向にあります。

また、場所の問題などで通夜振る舞いの席が設けられないケースもあり、

これを通夜返礼品に替えて渡す場合もあります。

式のスタイルや時代を反映して、返礼品も以前とは違ったものに変化しているのです。

これらの点を踏まえ、詳しく見ていきましょう。

手配の方法

参列者への感謝の品を自分で用意したいという人もいるかと思います。

しかし、故人の死後、葬儀や法的手続きの一切を取り仕切らなければならない遺族は、

想像以上に忙しいものです。

特に通夜返礼品の場合は、

早ければ死後翌日に行われる通夜の開始時間までに必要数の品物を確保して、

清めの塩・包装・印刷物なども済ませなければなりません。

品物を自分で手配するのはもう少し落ち着いた「香典返し(後述)」の時にして、

通夜返礼品・会葬返礼品は葬儀社に任せることをおすすめします。

 
発注の単位は葬儀社によって異なりますが、

ある程度の数をまとめて依頼する必要があります

このため、家族葬や密葬など参列者がほとんど身内だけというケースでは、

返礼品を用意しないことが多いようです。

返礼品の風習には地域性もあるので、親戚や葬儀社と相談して決めるようにしましょう。

相場とふさわしい品

前述のように、通夜返礼品と会葬返礼品は本来のように別々の品物を用意する場合と、

同じ品物を用意する場合があります。

同じ品物にする場合は通夜返礼品を省略し、

通夜の時も会葬返礼品と同じものを用意するようにしましょう。

また、参列者が持ち帰るものなので、かさばらないもの・軽いものが好まれます。

最近ではQUOカードや図書カードのようなギフトカードが人気ですが、

金額がわかるものは失礼にあたると考える人もいますので、よく相談して決めましょう。

相場や品物の詳細については各項をご覧ください。

通夜返礼品

本来は通夜振る舞いの席を設けることで弔問への感謝を伝えていたので、

基本的には通夜振る舞いを行わない場合に通夜返礼品が必要となります。

しかし、焼香後そのまま帰宅する人もいるため、

全員にお礼をしたい場合はちょっとした返礼品を用意することもあります。

また、遺族側が用意する“清めの塩”を返礼品に添えて渡すことが増えているため、

現在では全員に渡すのが一般的と言えるでしょう。

通夜返礼品選びのポイント

「通夜振る舞い」をするかしないか
《 通夜返礼品の例 》
 通夜振る舞いをする場合通夜振る舞いをしない場合
金額の目安500~1,000円3,000~5,000円
ふさわしい品物お茶、コーヒー、酒、砂糖など口にするもの。
最近ではビール券・ギフトカードなども多い。
※返礼品を渡さなくても良い。
折り詰めと日本酒など。
併せて左記の品を添えることもある。

通夜返礼品を省略し、会葬返礼品と同じものを贈る場合は次項をご覧ください。

また、この場合も通夜振る舞いをしないときは折り詰めなどを渡すこともあります。

会葬返礼品(会葬御礼品)

本来は葬儀・告別式の時に会葬のお礼として品物を渡すものですが、

最近では「即日返し」といって、

香典を頂いた人にその場で「香典返し」の品物を渡すケースが増えつつあります。

これには『香典返し』の項で述べるようなメリットがあるためです。

この場合、香典の相場“5千円”の1/3~1/2に相当する2千円~3千円の品物を用意しておき、

香典をくれた人にのみ受付で渡すようにします。

ただし、1万円を超える香典をくれた人に対しては

この金額ではお返しとして不十分なので、

失礼にならないよう四十九日法要後に改めて不足分を返礼するようにしましょう。

なお、弔電をくれた人に対しては、返礼品の必要はありませんが、

後日お礼状を送ると良いでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

いただいた弔電や供花、供物。お返しはどうすればいい?

会葬返礼品選びのポイント

「即日返し」をするかしないか
《 会葬返礼品の例 》
 即日返しをしない場合即日返しをする場合
金額の目安500円~1,000円2,000~3,000円
ふさわしい品物

ハンカチ・タオル、お茶、
コーヒー、紅茶、砂糖、
海苔、インスタントみそ汁、
お茶漬け、ギフトカード、
漆器などの食器類
食品(お菓子、海苔・
お茶漬け・コーヒー・紅茶など)の
詰め合わせ、寝具、高級タオル、
入浴剤、カタログギフトなど

なお、会葬返礼品に添える会葬礼状は後日郵送するのが正式な対応です。

しかし、今では“清めの塩”とともに返礼品に添えて渡すのが一般的ですので、

まとめて葬儀社に手配しておくと良いでしょう。

掛け紙と表書き

本来は箱の上などから巻きつける“掛け紙”に、さらに“水引”を掛けたものとなりますが、

現在では掛け紙に水引を印刷したものを用いるのが一般的です。

この水引の色は、関東では黒・白、関西では黄色・白を使い、

結び方は“結び切り”が多いですが、“あわじ結び”も用いることがあります。

 
また、表書きは「志」が一般的ですが、関西では「粗供養」も使います。

この下に「○○家」「○○(姓のみ)」「○○○○(喪主のフルネーム)」のように記します。

なお、蓮の花が印刷された掛け紙は仏式専用です。

渡すタイミング

通夜返礼品・会葬返礼品のどちらも弔問へのお礼の品なので、

弔問客全員に焼香の後に渡すのが本来のタイミングです。

ですから、通夜と葬儀・告別式の両方に参列してくれた人には、

その都度渡していました。

しかし、昨今では返礼品としてだけでなく、通夜振る舞い・香典の即日返しなど、

様々な目的を合わせもった品を渡すことも珍しくありません。

こうなると、渡すタイミングは“返礼品の目的”によって異なってきます

《 返礼品を渡すタイミング 》
返礼品の種類目的 贈る相手渡すタイミング 
通夜返礼品 本来の目的のみ弔問客全員焼香のあと、帰るとき
通夜振る舞いを兼ねる
通夜振る舞いをするとき:参加しない人には折り詰めなどを付ける
通夜振る舞いをしないとき:弔問客全員
焼香のあと、帰るとき
会葬返礼品本来の目的のみ 弔問客全員焼香のあと、帰るとき
即日返しをする香典を持参した人には即日返しの品を付ける。それ以外の人には本来の品のみ。 受付で記帳したあと
通夜返礼品と会葬返礼品を同じにするとき 本来の目的のみ弔問客全員
(通夜または葬儀・告別式の両方に参列する人にはどちらか1回しか渡さないこともある。)
焼香のあと、帰るとき
通夜振る舞いや即日返しを兼ねる上記各項参照上記各項参照

しかし、“この人には渡す・この人には渡さない”となると大変なこともあり、

返礼品の大きさなどが人によって違うのは失礼と感じる見方もあることから、

全員に同じ対応をするケースもあります。

この辺りの判断には葬儀の規模や予算・地域性なども関係してきますので、

遺族や葬儀社と相談して対応を決めると良いでしょう。

規模が大きい葬儀では、受付時に“引換券”を渡して対応することもあります。

返礼品を渡す時には、弔問客に

「お忙しい中、ありがとうございました」「どうぞお納めください」

などと声を掛けるといいでしょう。

 
また、夫婦そろって参列した人や連名の場合でも、

返礼品は一人一人に渡すのがマナーです。

かさばる場合は郵送などにしても良いでしょう。

ただし、香典を連名でもらった場合、一人一人の負担額は少ないことが多いので、

即日返しも香典返しもしないのが通例です。

その代わり、返礼品は全員に渡し、

会社のグループなどであれば後日菓子などを贈ると良いでしょう。

 
なお、余った返礼品や会葬礼状は葬儀社が引き取ってくれることもありますが、

後日、弔問客が自宅に訪ねてくる可能性もありますので、

10セットくらいは手元に残しておくことをおすすめします。

この場合、“清めの塩”は抜いておいてくださいね。

会葬礼状は忌引きや役所などでの証明に提出を求められることもありますから、

取っておきましょう。

香典返し

香典を持参してくれた人へのお礼として贈るのが「香典返し」です。

後日改めて手配する「後日返し」が一般的でしたが、

最近では葬儀のスタイルも変化し、

全体的に縮小傾向にあることから香典返しも以前とは異なり、

香典を受け取った当日にお返しする「即日返し」も増えています。

次のように、どちらにもメリット・デメリットがあるので、

自分たちにあった贈り方を考えていくと良いでしょう。

後日返しのメリット・デメリット

    【メリット】

  • 落ち着いた頃に手配ができる。
  • もらった香典に見合う金額や相手の好みに合ったお返しができる。
  • 品物の重さや大きさなどに制約がなく、自由に選べる。
  •  
    【デメリット】

  • 発送先・宛名などの確認、注文用のリスト作成の必要がある。
  • 香典や相手を考慮しつつ選ぶので、手間がかかる。
  • 送料が発生する可能性がある。
  • 葬祭費用にならないため、相続税の控除対象とならない。
    (相続税法基本通達13-5)

即日返しのメリット・デメリット

    【メリット】

  • まとめて手配できる。
  • 送料がかからない。
  • 葬祭費用として相続税の控除対象となるため、節税できる。
  •  
    【デメリット】

  • 急いで選び、手配する必要がある。
  • 品物選びに制約がある(重さ・大きさなど)。
  • 相手に併せて選べない。
  • 即日返しを知らない人に「香典返し」と認識してもらえない可能性がある。
  • 少額の香典や連名の香典に対しては赤字になる可能性がある。

手配の方法

香典返しは後日送ることも可能なので、

葬儀一切が済んでから落ち着いて考えることもできます。

この場合はデパートやインターネットなどで

遺族の贈りたいものを相手に併せて選ぶこともできます。

掛け紙や礼状などの印刷が必要ですので、

発送時期となる四十九日法要の2週間前まで

余裕をもって申し込みを完了させておくと良いでしょう。

礼状に戒名などを入れることが多いので、忘れずに伝えるようにしましょう。

 
一方、即日返しをするのであれば、通夜までにまとめて用意しなければなりません。

この場合は時間が限られているうえに気持ちの余裕もありませんので、

葬儀社で手配できるものの中から選ぶ方が良いでしょう。

相場とふさわしい品

香典返しの相場は、もらった香典の1/3~1/2程度の金額の品物をお返しするのが一般的で、

関西では1/2程度が主流のようです。

香典の金額に応じた品物を選んで後日贈るのが本来ですが、

最近では香典の「即日返し」をするケースも増えています。

「会葬返礼品」の項で述べた通り、

即日返しの場合は2,000円~3,000円くらいの品物

香典を受け取ったときに渡します。

ですが、この金額に見合う香典は5,000円程度ですから、

1万円以上の香典をくれた人に対してはふさわしいとは言えません。

そこで、高額の香典をくれた人に対しては、

不足分に相当する品物を後日贈るようにします。

もちろん決まりではないので、香典返しでも即日返しでも、

葬儀の規模や遺族の考え方次第で金額や品物を決めて問題ありませんよ

香典返しを選ぶポイント

後日返し・即日返しのどちらにするか
《 香典返しの例 》
 後日返し即日返し
目安の金額もらった香典金額の1/3~1/2 2,000円~3,000円
※高額の香典をくれた人には
差額分を後日送る。
ふさわしい品物高級タオル、食器、寝具、
高級タオル、
洗剤詰め合わせ、
入浴剤セット、
ジャム、ジュース、
菓子、お茶類、
コーヒー、調味料、
カタログギフトなど。
※郵送なので、形態は
どんなものでもOK。
食品(お菓子、海苔・お茶漬け
・コーヒー・紅茶など)の
詰め合わせ、寝具、高級タオル、
入浴剤、カタログギフトなど。
※持ち帰るので、
かさばるもの・重いものは避ける。

なお、供花や供物を受け取った場合には、

香典にこれらに相当する金額を上乗せして香典返しとするのがマナーです。

即日返しの場合には、不足分を後日送るようにしましょう。

 
また、連名や“○○一同”など複数人からまとめて受け取った香典に対しては、

一人当たりの負担が少額なことが多いため、前述の通り、

返礼品は全員に渡しますが、基本的には香典返しをする必要はありません

ただし、会社の部課やサークルなどのグループから受け取った場合には、

弔意を表してくれた人たち全員で食べられるような

お菓子やお茶などを後日送ると良いと思います。

一堂に集まる機会がない人たちの連名の場合は、個別に礼状を送ると良いでしょう。

即日返しの場合、連名だと悩むところですが、

2人程度であれば人数分渡した方が良いと思います。

それ以上の場合は、参列した人の荷物にもなるので、

「後ほど郵送いたします」といって

別の品物(お菓子など分けられるもの)を送っても良いでしょう。

一方、会社関係者から受け取った場合、個人名であればお返しをしますが、

会社名である場合は経費となりますので、礼状を送るだけで問題ありません

掛け紙と表書き

香典返しも返礼品と同様に、水引は黒・白の結び切りで、表書きは「志」が一般的です。

ただし、関西などでは水引は黄色・白の結び切り、

表書きは「満中陰志(まんちゅういんし)」とすることも多く見られます。

併せて贈り主として

「○○家」「○○(喪主の姓のみ)」「○○○○(喪主のフルネーム)」を書きましょう。

香典返しを注文すると、

葬儀社でなくても掛け紙や表書きはセットで行ってくれることが多いです。

印刷が必要になりますので、余裕をもって発注するようにしましょう。

贈るタイミング

後日返しの場合は、四十九日の忌明けを待って送るのが一般的です。

デパートなどの注文先に希望する発送タイミングをしっかりと伝えておきましょう。

もちろん直接持参しても構いませんし、より丁寧な対応となります。

 
一方、即日返しの場合は、香典をもらったとき

つまり葬儀会場など当日の受付で渡すことになります。

このとき、香典返しだけでなく返礼品も一緒に渡すのかなど、

受付担当者と打ち合わせておくようにしましょう。

法要引き出物

葬儀だけでなく、四十九日・一周忌・三回忌などの法事・法要のときにも

参列者は香典などのお供えを持参します。

ですから、遺族側はこれに対するお礼の品を用意しておくことが必要です。

法要の場合、このお礼の品を「引き出物」と言います

葬儀のように「返礼品」「香典返し」とは言わないので注意しましょう。

手配の方法

葬儀とは違って、法要には基本的に招いた人だけが参加します。

また、遺族・親戚のほかはごく親しい人のみの比較的少人数で行われることが多いです。

したがって、用意すべき引き出物も参加人数に合わせて用意することができ、

しかもそんなに多くはありませんから、はるかに準備が楽と言えるでしょう。

予めデパートなどで購入しておいてもよいですし、

当日の会場が預かってくれるのであれば会場宛に発送しておいてもいいですね。

また、法要の場合は会食の席を設けるのが一般的なので、

こちらの準備も併せて行っておきましょう。

相場とふさわしい品

返礼品や香典返しと異なり、引き出物の場合は


引き出物 + 会食の膳 = お供え(香典)の金額の7割

が適当と言われています。

しかし、引き出物はあらかじめ準備しておくものです。

そこで、法要での香典の相場1~2万円をもらい、

会食の膳を5,000~1万円で用意すると仮定して考えると、

引き出物の金額は2,000円~5,000円くらいが適当となります。

あくまでも目安なので、地域性や親戚関係なども考慮して用意すると良いでしょう。

また、初めから会食の席を設けない、あるいは会食に参加できない人に対しては、

料理分をプラスした引き出物を渡すこともあります。

 
また、引き出物は持ち帰ってもらう物なので、軽くかさばらないものが好まれます。

具体的にはお菓子やお茶類、海苔、タオル、カタログギフトなど、

“即日渡し”の香典返しと同様に考えると良いでしょう。

ただし、同じ人に渡すことになりますから、同じ品物は避けた方が無難です。

掛け紙と表書き

引き出物には“結び切り”の水引が印刷された掛け紙をつけて渡します。

関東などでは、四十九日や一周忌までは黒・白

喪の色も薄れた三回忌以降は黄色・白や青・白の水引を用いるのが一般的です。

関西では法要の時期によらず黄色・白の水引が多く用いられます。

 
また、表書きは「志」「粗供養」が一般的ですが、

四十九日法要の場合は「満中陰志」も用いられます。

併せて「○○家」「○○(施主の姓のみ)」「○○○○(施主のフルネーム)」も記入します。

掛け紙は発注したお店で用意してくれるものですが、

引き出物を複数用意する場合でも掛け紙はメインの品物にだけつけるのがマナーです。

 
なお、引き出物には礼状をつけてお渡ししますが、

デパートなどでは有料になることが多いようです。

ギフトショップやインターネットの店舗などでは

サービスでつけてくれることもあります。

パソコンや手書きなどで自作することもできますので、

施主がやりやすい方法で用意しておくようにしましょう。

贈るタイミング

すでに触れましたが、引き出物は参列者に手渡しするのが基本です。

法要では「お斎(おとき)」と呼ばれる会食の席を用意することが多いので、

渡すタイミングは会食後が一般的です。

上座にいる人、僧侶が同席している場合は僧侶から順番に

施主が直接手渡ししましょう。

僧侶が同席しない場合は、法要の前か後の

お布施を渡すタイミングで引き出物も一緒に渡すようにします。

ただし、人数が多い場合には

会食の席に引き出物をセッティングしておいてもらうこともあります。

この場合は施主の挨拶の時に

「お一人お一人にお礼を申し上げ、お渡しできずに申し訳ありませんが、

ぜひお持ち帰りください」と伝えるようにしましょう。

 
一方、会食を行わない場合は、法要が全て終わり参列者を見送るときに、

施主からお礼の言葉を添えて手渡しするようにします。

退席の順はバラバラになることが多いので、

この場合は帰り支度ができた人から渡していくことになると思います。

 
また、法要を欠席したものの香典などをくれた人に対しては、引き出物を郵送します。

その際、お礼とともに無事に法要が終わったことを申し添えると良いでしょう。

ふさわしくないもの

返礼品も引き出物も、不祝儀の場合は“いつまでも残らないように”と

食品や消耗品など消えてなくなるものを贈るのが一般的です。

しかし、最近では“相手が使いやすいものを”と考えて、

あまりこだわらない風潮も見られます。

金額がわかりやすいギフトカードやカタログギフトなども

贈り物としては意見が分かれるところですが、

相手が自由に使えたり選べたり、

さらに持ち帰りにも向いているというメリットもあって、捨てがたいですよね。

ただ、年配者には使う機会がない・使い方がわかりにくいといった

デメリットもあります。

弔問客の層によって、また、親戚などの意見も参考にして、決めると良いでしょう。

 
さて、「食品は“消えもの”として不祝儀に向いている」とお伝えしましたが、

食品でも避けるべきものがあります。

それは「昆布」や「かつお節」など、結婚式の結納品などに用いられる縁起物です。

これらの多くは、語呂合わせや縁起をかつぐなどして

“幸福”を連想させるものが多いためです。

また、衛生的な問題から生もの・冷蔵品・冷凍品などは適していません

仏式以外の場合

日本に根付く「お返し(返礼)」の慣習。

葬儀スタイルの中心となる仏式の場合は、

日本の風習に基づき前述のように対応すれば問題ありませんが、

キリスト教のように海外の宗教の場合はどうすれば良いのでしょうか?

また、日本古来の宗教ではあっても仏教とは異なる教義を持った神道の場合は、

仏教と同じ対応で良いのでしょうか?

ここでは仏教以外の弔事にまつわる返礼品について、まとめていきます。

神道

神道では返礼品の習慣はありませんが、葬儀に参列するときには供え物を持参するので、

受け取った物に対してお礼をするのが通例となっています。

ただし、教義やマナーの違いもあります。

例えば、神道では焼香をしないため、「香典」というのは便宜上の表現で、

お金を包むときは「御玉串料」や「御榊料」「御供花料」などの表書きになります。

これに対して返礼(仏式の通夜返礼品・会葬返礼品)する場合は、

仏式と同じ「志」のほかに「偲び草(しのびぐさ)」を用いるのが一般的です。

また、仏式の四十九日法要にあたる「五十日祭(または三十日祭)」には、

香典返しに相当する返礼品を

「五十日祭偲び草(あるいは“偲び草”のみ)」などと表書きして贈ります

いずれの場合も水引が印刷された掛け紙を用いますが、

神道では黒・白のほかに黄色・白の水引もよく用いられるようです。

なお、仏式と同様に、

神道でも香典を受け取った当日に参列者へ渡す“即日返し”も増えています。

返礼の品物や金額の目安は現在では仏式とあまり変わりません

持ち帰るのであればタオルやお茶など軽くてかさばらないもの、

郵送であれば洗剤や飲食物の詰め合わせなどの消耗品も良いでしょう。

神道の葬儀についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
神式の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

キリスト教

外国の宗教であるキリスト教には、お供え自体をタブー視する傾向があります。

しかし、国内で行われるキリスト教式の葬儀では、

日本の影響を受けて香典や花を持参するようになり、

受け取った側も返礼するのが通例となっています。

キリスト教では「香典」ではなく

「御花料(カトリックでは御ミサ料も可)」と言いますが、

これに対する返礼品には「志」「偲び草」のほか、

宗教色のない「感謝」や「粗品」といった表書きを用いるのがマナーです。

掛け紙には黒・白(または黄色・白)の水引がついたものか

無地のものを使用しましょう。

贈るタイミングは、カトリックなら追悼ミサが行われる死後30日目

プロテスタントなら召天記念日(記念式典)にあたる死後1か月を目安にしてください。

 
なお、葬儀などに参列した人に渡す返礼品も、

日本の風習に準じて渡すのであれば

品物選びや金額も同様に考えて用意すると良いでしょう。

掛け紙は香典返しと同様で問題ありません。

なお、キリスト教では終了後に参列者を会食やお茶などでもてなす風習があるので、

これに替えても良いかもしれませんね。

キリスト教についての詳細はこちらをご覧ください。
キリスト教の葬儀のマナーは?服装、香典やお花について

辞退されたら

弔問や香典などで弔意を表してくれた人の中には

お返しを「辞退します」という人もいます。

香典袋の中に書き添えてあることもあります。

こういう時は素直にその気持ちに従って、返礼品を贈らないのがマナーです。

ただし、品物は贈らなくても礼状は送りましょう

香典返しのタイミング(仏式なら四十九日あたり)で、

弔問と心遣いへのお礼をつづった内容にします。

便箋や封筒は白か淡い色の無地のものを使い、

できれば手書きで作成すると良いでしょう。