訃報の返信のマナーとは?注意点はなに?

親しい人や知人が亡くなったという知らせを受けたとき、あなたはどうしますか?

悲しみにくれる遺族に対して、どのように返事をすれば良いのでしょうか?

ここでは訃報を受けたときの対応として、

電話やメールなど状況に応じた返事の方法やマナー

注意すべき点参列できないときのお詫びの仕方など、具体的にお伝えしていきます。

返信の方法別 マナーと実例

訃報(ふほう)は突然届くものです。

受け取った側も気が動転してしまい、

何を聞いたのか、何を言うべきか、と戸惑うのも当然です。

ですが、「訃報」とは“亡くなったという知らせ”であり、

遺族にはそれを伝える目的と伝えたい事柄があるものです。

これを踏まえ、訃報に対する返信・返事をした後は、

次の点を聞き漏らしていないか確認しましょう。

訃報の確認事項

  • 誰が亡くなったのか
  • 喪主は誰か
  • 通夜、葬儀・告別式の日時と場所
  • 宗教・宗派


特に亡くなって間もないうちに訃報が届いた場合は、

遺族が通夜・告別式などへの参列を希望していると受け止め、

対応(葬儀への出席・欠席など)を考えたうえでの返答が必要になることもあるので

忘れないようにしましょう。

 
では、訃報を受けたとき、どのように返信・返事をすれば良いのでしょうか?

基本は、訃報を受けた時の方法で返すのが第一です。

遺族と直接会ったり電話がかかってきたりして伝えられたのならその場で、

メールや手紙なら同じ方法で返信しましょう。

 
いずれの場合も、訃報に対する返信・返事で重要なのは、

故人の死を悼み、遺族の気持ちに寄り添い、励ますことです。

現代では訃報の伝達方法も様々で、下表のように、

マナーや礼儀から考える優先順位と、便宜上の優先順位には差があるのが事実ですが、

この点をきちんと認識して返信・返事をすれば、大きなトラブルは避けられるでしょう。

《 訃報への返信方法の意識差 》
マナーや礼儀から見た優先順位便宜上の優先順位
①.対面
②手紙
③電話
④メール・SNS
①対面・電話で直接
②メール・SNS
③手紙

いちばん礼儀にかなっているのは「対面して直接伝える」ことです。

「電話」も直接という点では同じですが、

仮に、すぐ会える距離の人に電話で済ませたとなると

無礼に受け取られる可能性もゼロではありません。

また、手紙は昔からある伝達方法で、

現在でも重要な文書は書類で扱うように“正統”なイメージがあります。

しかし、速達で送ったとしても

電話やメールに比べて時間を要することは言うまでもありません。

特に翌日などに通夜や告別式が差し迫っている状況で伝える訃報には、

スピードが重要であることは否定できないのです。

半面、新しい手段としての電話やメールには、

簡単に伝えられるという点から手間を惜しんでいると見る風潮もあります。

特に、最も手軽な「メール」や「SNS」などは

馴染みの薄い年配の人ほど抵抗を覚える手段かもしれません。

ですが、電話と同じように一瞬で先方に知らせることができ、

かつ相手が都合の良いタイミングで見ることができるという点では、

先方の状況に関わらずかかってしまう電話よりも優れているといえますね。

つまり、それぞれの方法にメリット・デメリットがあるわけです。

基本は同じ方法での返信・返事ですが、臨機応変な対応が必要なケースもありますので、

下記を参考にどの方法が良いのか選んでくださいね。

直接(対面や電話)

自分宛ての訃報だとわかったら、その場で対応しましょう。

気持ちの整理がつかず、言葉に詰まってしまうかもしれませんが、

対面や電話で訃報を受けているのなら、

相手は近所や親族・友人などごく親しい間柄のはずですから、

後日弔問する機会もあると思います。

ですから、対応としては遺族にかけられる精一杯の言葉だけで十分です。


「お悔やみ申し上げます。」

型通りの言葉で無機質に聞こえるかもしれませんが、

こういう時はその方が先方もありがたいものです。

無理に飾らず、ストレートに弔意を伝えましょう。


「なんと言っていいか…」
「突然のことで言葉が見つかりません。」

このように、訃報に戸惑っている“ありのまま”を伝えることも失礼には当たりません。

その戸惑いこそが弔意となります。

ただし、電話の場合は相手が見えないので、戸惑いのあまり沈黙してしまうと、

遺族は「どう受け取られたのだろう?」と不安になってしまいますから、

何らかの言葉を見つけるようにしましょう。

 
挨拶をしたら弔問に伺いたい旨を伝え、

通夜や告別式の日時と場所、喪主などを確認しておきましょう。

最後に「ご連絡ありがとうございました」と訃報を知らせてくれた礼を述べ、

遺族を労わる言葉を掛けましょう。

「あまりお力を落とされませんように…」などで十分です。

近所や親しい関係であれば、

「お手伝いできることがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」

遺族を支える意思を伝えておくと、慌ただしくしている遺族は非常に助かるものです。

先方の段取りもありますから押し付けは良くありませんが、

申し出は心の支えになるはずです。

そして弔問した時に改めてお悔やみを述べるようにしましょう。

伝言

遺族の訪問・電話などがあったときに、たまたま不在だった…ということもありますね。

その場合は、伝言を預かってくれた人から詳細を聞いたうえで、

通夜・告別式前なら電話またはメールなどで、できるだけ早く連絡を取りましょう

先方は故人との最後の別れを望んで、急ぎ連絡をくれた可能性があるからです。

一方、葬儀が終わってからの連絡だった場合は急ぐ必要もありませんので、

手紙をしたため、必要であれば香典とともに送ると良いでしょう。

この場合、間に合うなら初七日までに、

遅くとも香典返しが終わってしまう四十九日までに

先方に届くようにするのがマナーです。

メール(SNS含む)

最も手軽に用件を伝えられるメールやLINEなどのSNSは、

どこからでも瞬間的にメッセージを届けるのに最適なツールです。

様々な準備に追われる遺族にとっても便利なことは言うまでもありませんから、

訃報の連絡をメールで行うことは珍しくなくなってきました。

しかし、前述の通り、その利便性を万人が良しと受け取るかどうかは

別の問題といえるでしょう。

まして、冠婚葬祭にまつわる事柄は、

利便性よりも格式や伝統、マナーに重きを置く傾向があります。

訃報の連絡をメールで受け取った場合、遺族がその手段を選んだ理由があるはずなので、

同様にメールで返信するのは問題ないケースがほとんどですが、

別の方法で受け取ったのにメールで返信する場合はよく見極めるようにしましょう。

特に、自分より目上の人や社会的地位のある人、

仕事関係などの場合は注意してください。

 
また、手軽なメールといっても、

訃報の返信に際しては礼を尽くし、きちんと体裁を整えることもマナーです。

メールという手段が正式ではないことも念頭におき、

本文に「略儀ながらメールにて失礼します」と入れることをおすすめします。

また、件名には自分の名前を入れ、時候の挨拶などは省いて簡潔にまとめましょう。

遺族はたくさんの人から返信を受け取っているはずですから、

伝えたい思いがたくさんあったとしても、ここは短くまとめるのがマナーです。

また、一斉メールで訃報を受け取ったときは、そのメールに返信せず、

新規メールとして送るようにした方が良いでしょう。

以下に具体例を挙げておきますので、参考にしてくださいね。

①訃報のメールに“返信”として送る場合

 
件名: re.元メールの件名 【○○でございます】
本文:このたびは△△様ご逝去とのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
ご家族を失った悲しみは計り知れませんが、気を落とさず、お身体に気をつけてください。
略儀ながらメールにて失礼いたしました。
②別メールとして返信する場合

 
件名:〇〇でございます
本文:△△様の突然の訃報に大変驚いております。心より哀悼の意を表します。
本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、所用により叶わず、メールとなりましたことをお詫び申し上げます。
③ごく親しい間柄

 
件名:re.元メールの件名
本文:△△様のご逝去とのこと、とても驚いています。心よりお悔やみ申し上げます。
大変だとは思いますが、無理し過ぎないように気をつけてください。力になれることがあれば何でも言ってくださいね。

手紙

最近では葬儀のスタイルが多様化し、

密葬や家族葬などごく限られた人だけで行うことも増えてきました。

このため、すべてが終わってから訃報を手紙で送るというケースが増えています。

この場合、受け取った側には至急連絡を取る必要性はありませんから、

手紙でお悔やみを述べるのが正式です。

間に合うようでしたら、初七日までに送るのがマナーとされています。

また、訃報を人づてに聞いたり、時間が経ってから知ったりした場合は、

速やかに手紙をしたため、送るようにしましょう。

 
書き方はメールと同様で、季節の挨拶や前略などの前置きは省き、簡潔にまとめます

便箋や封筒は白やアイボリーなどを基調とした落ち着いたものを選び、

できれば縦書きの方が良いですね。

自筆で万年筆などを用いて丁寧に書きましょう。

なお、故人との関係にもよりますが、

手紙と一緒に香典や御供花料などを現金書留で送ることもできます。

仏式の場合、香典の表書きは四十九日前であれば「御霊前」、

過ぎていれば「御仏前」としましょう。

香典のマナーについてはこちらの記事をご確認ください。

香典の入れ方は?金額や袋、連名などマナーについて

では、お悔やみ状の例文を挙げておきましょう。

お悔やみ状の例文①

このたびは△△様ご永眠との訃報に接し、なんと申し上げればよいのか言葉も見つかりません。
△△様とは仕事を通じて親しくさせて頂き、ご生前のご厚情に深く感謝申し上げます。
ご家族の皆様におかれましてはお力落としなさいませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。
心ばかりのものを同封いたしますので、△△様のお好きだったものをお供え下さいますようお願い申し上げます。
お悔やみ状の例文②

このたびは△△様ご逝去とのこと、大変驚いております。
かねてよりご療養中と伺っておりましたが、本当に残念なことでございます。
ご家族の悲しみはいかばかりかと存じますが、一日も早く癒えますことを心からお祈り申し上げます。
お線香をあげさせて頂きたいところですが、やむを得ぬ事情のため叶いませんことをお許しください。
略儀ながら、書中を持ちましてお悔やみ申し上げます。

しかし、故人や遺族とそれなりに親しかった場合は、

訃報を知ってから電話をするというのもマナー違反ではありません

遺族に直接お悔やみを伝えたいという思いは、やはり弔意の表れだからです。

 
また、訃報が速達で届いたときは、遺族が通夜や葬儀に参列してもらいたいので、

間に合うように急いで手配した可能性が高くなります。

この場合も手紙で返信していると間に合わないので、

遺族に電話(失礼でなけばメールでも可)で連絡をとり、

お悔やみと共に参列できるかできないかを伝えた方が親切でしょう。

キリスト教徒の場合

故人がキリスト教徒の場合、仏教で当たり前のことが失礼となるケースがあります。

例えば、仏教では「死」は悲しむべき事柄ですが、キリスト教では悲しみだけでなく、

地上での罪を赦され神のもとに召されるという喜びもあるからです。

ですから、悲しみ一色の返信・返事はかえって失礼にあたるというわけです。

また、仏教用語である「冥福」「成仏」「供養」なども用いないようにしましょう。

例文を紹介しますので、

直接話す場合や、メール・手紙など前項の例と併せて参考にしてくださいね。

お悔やみ状の例文(キリスト教)

神の御許に召されました△△様を偲び、心より哀悼の意を表します。
安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。
天の父なる神の慰めが、ご遺族の皆さまに深くありますように。

聖書に詳しければ、ふさわしい一節を引用して送るのも良いでしょう。

英語の場合

中には海外から訃報が届くこともありますね。

欧米でも日本のお悔やみあたる言葉がありますので、

一般的な表現を紹介しましょう。

お悔やみ状の例文(英語)①

I’m sorry to hear about △△’s passing.
I would like to send my condolences to you on the loss of your mother(father/husband/wifeなど).

 
(△△様ご逝去と伺い、残念です。
ご母堂様(御尊父様/御夫君様/御令室様など)の死に哀悼の意を捧げます。)

お悔やみ状の例文(英語)②

I’m so sorry.
Please accept my sincere sympathy.

 
(残念です。
心からお悔やみ申し上げます。)

欧米ではカードを贈る風習がありますので、

後日訃報を知った時などには花に添えて自宅へ送っても良いでしょう。

注意したいこと

訃報の返信・返事でお悔やみを述べる時には先方の気持ちを思いやって、

細心の注意をしなければなりません。

ここまで触れてきた点の補足も含めて紹介していきましょう。

礼儀に気をつける

当たり前のことですが、できるだけ丁寧な表現を心掛け、

深い悲しみ包まれている遺族に更なる心痛を与えないよう配慮しましょう。

普段使わない言葉も多いのですが、

砕けた表現や直接的な表現はお悔やみにはふさわしくありません

下表を参考に言い換えるようにしてくださいね。

《 血縁関係を表す言葉 》
元の言葉言い換えた表現
ご尊父(そんぷ)様、お父様、お父上(様)
ご母堂(ぼどう)様、お母様、お母上(様)
祖父 ご祖父様
祖母 ご祖母様
ご主人様、ご夫君(ふくん)様
ご令室(れいしつ)様、ご令閨(れいけい)様
息子 ご子息(様)、ご令息(様)
ご息女(様)、ご令嬢(様)
兄弟・姉妹 御兄様、御弟様、御姉様、御妹様、または△△(故人の名)様
《 直接的な言葉 》
元の言葉 言い換えた表現
死ぬ・死亡・死去・亡くなる ご逝去、他界される、ご永眠
召天(キリスト教)
急死・事故死急なこと、突然のご不幸、悲運
生きる ご生前
恩を受ける大恩・恩義・恩人・恩情
※故人を尊重した言い回し
(故人との)別れ
※できれば言い換える
永別・訣別
悲しみ
※できれば言い換える
悲哀・悲痛・痛恨

また、メールやSNSの場合は

文字以外(絵文字・顔文字・スタンプなど)の入力は控えましょう

機種依存文字だと文字化けしてしまうケースもありますので、

特殊なフォントや記号などは用いず、シンプルな設定で送った方が安心です。

内容は簡潔にする

故人が上司や仕事関係、年配の場合はその遺族にも丁重に対応しようとするあまり、

時候の挨拶や“拝啓”“謹啓”“前略”などの頭語を使ってしまいがちですが、

お悔やみを伝えるときには必要ありません

前置きなく、「この度は…」とする方がマナーにかなっています。

また、遺族を慰めてあげたくても、

気持ちの整理がついていない段階でたくさんの言葉を掛けられると、

かえって悲しみが増してしまうこともあります。

素っ気なく感じるかもしれませんが、お悔やみと簡単な励ましの言葉だけに留め、

訃報を知らせるという負担から遺族を早く解放してあげる方が親切だと思います。

 
また、故人が亡くなった原因を詳しくたずねてはいけません

死因は病気や老衰とは限らず、不慮の事故など思いがけない理由があるかもしれません。

遺族から話し始めたのであれば問題ありませんが、

悲しみも癒えぬうちに死因を聞き出すことは避けましょう。

「忌み言葉」を使わない

冠婚葬祭の場面には、使ってはならない「忌み言葉」があり、

これを使うと縁起が悪いと言われています。

縁起を担ぐ人、年配の人は忌み言葉を気にする傾向がありますから、

遺族と挨拶するときや弔辞を述べる時など、

マナーとして使わないように心掛けましょう。

何年もたってからの年忌法要ではそんなに神経質になることはありませんが、

下表を参考に通夜や葬儀・告別式などでは注意してください。

《 弔事での忌み言葉 》
避けるべき言葉 理由
「重ね重ね」「重々」「度々」
「再三」「再び」「次々」
「またまた」「まだまだ」
「ますます」「いよいよ」
「つくづく」「返す返すも」
「これからも」「この先も」
「おって」「続く」
言葉を重ねることで“不幸が重なる”。
この先も不幸が訪れるかのように聞こえてしまう。
「4」「9」 「死」や「苦」に通ずる。
「消える」「大変なことになる」不吉さを連想させる。
「浮かばれない」「迷う」故人の死後に不吉さを感じさせる(仏教)。

勝手に転送しない

これは特にメールやSNSで訃報を知った場合に言えることですが、

遺族への了承なく勝手に転送するのは避けた方が良いでしょう。

メールやSNSはとても簡単に多くの人と情報を共有することができますが、

あなたが知らせるべきと考えた相手を遺族側も同様に捉えているかはわかりません

もしかしたら、故人と親しかった相手でも、

遺族とは折り合いが悪かったというケースだってありうるのです。

また、勝手に連絡して遺族が想定していたよりも参列者が増えてしまうと、

用意していた通夜振る舞いや会葬御礼などが足りなくなってしまう事態もあります。

もし、親切心から遺族の手間を省いてあげたいと思うのであれば、

「○○と□□にお伝えしてもよろしければ、私の方から連絡いたしますが?」

と聞いてみると良いでしょう。

 
ただし、暗に遺族が他の人への連絡を希望しているという“逆の場合”もあります。

例えば、故人やその親族の勤め先に入った訃報は、

必然的に上司や同僚・部下にも伝えてほしいと思っているはずです。

仕事に穴をあけることで迷惑を掛けてしまいますからね。

ですから、必ずしも勝手に連絡してはいけないというわけではなく、

状況や立場を考えて対応することが必要ということです。

職場への訃報なら、

「私から上司や課の者に伝えさせて頂きます」と断っておくのが良いでしょう。

慶事を控えているとき

訃報を受けた本人が出産間近であったり、

身内の結婚式などの慶事が近日中に控えていたりする場合には、

参列を欠席するのが一般的です。

「やむを得ぬ事情がありまして、申し訳ありませんが、欠席させて頂きます。」

と丁重にお伝えしましょう。

代わりに葬儀に間に合うように弔電を送り、

別途、参列できなかったお詫びとお悔やみの言葉を添えて、

香典や御供花料などを現金書留で郵送するのが良いでしょう。

弔電については別項をご覧ください。

返信後の対応

訃報に対し返信・返事をした後にとるべき行動は、

故人との関係や訃報のタイミングによって様々です。

一般的な対応について触れておきましょう。

弔問するとき

近親者やごく親しい友人の場合、通夜の前なら平服のまま故人宅を訪ねましょう

家には上がらず、玄関でお悔やみを述べてすぐ帰宅するようにします。

一般的な友人・知人であれば、通夜や葬儀・告別式に参列します。

弔問の服装やマナーについてはこちらの記事をご覧ください。

仏式における葬儀や通夜の服装について

また、故人が子供の場合は、遺族の悲しみが増すことになるので、

子連れで参列することは避けましょう

弔問できないとき

仕事などで都合がつかず、弔問できないときは代理人を立てるという方法があります。

代理人は配偶者や会社の部下、親しい友人など、

香典を預けられる人か立て替えてもらえる人に頼むと良いでしょう。

故人と面識がない人でも問題ありません。

 
しかし、遠方などで代理人を立てられない場合は、弔電を送りましょう

弔電は故人への哀悼の気持ちがこもった弔電・お悔やみ電報で、心からの追悼の意が伝わるものです。

VERYCARDのような最短当日対応でおくれるサービスもあるので、急ぎという人は利用してみましょう。

 

後日弔問するか、現金書留でお悔やみの手紙と共に香典を送るようにしましょう。

電話でお悔やみを述べたいと思うかもしれませんが、

遺族は取り込んでいますので、弔電の方が親切ですよ。

後日訃報を知った

葬儀が終わってから連絡を受けたり、喪中欠礼などで知ったりした場合、

故人や遺族と直接的な関係があるのであれば、

できるだけ早くお悔やみや香典・御供花料などの郵送を手配しましょう。

間に合えば初七日や四十九日といった法要前に送ります。

これを過ぎた場合は遺族の負担にならないよう、

返礼辞退の言葉と共に御供花料などの現金を少額包むか、

お供えものを送ると良いでしょう。