通夜・葬儀・告別式・法事の席順のマナーとは?

お葬式は故人とお別れする大切な儀式。

同席するすべての人の心に残る式にしたいものですね。

その際のポイントとなるのが参列者の「席順」

お互い失礼のないよう配慮が必要になります。

ここでは弔事にまつわる席順について、

施主側・参列者側の双方の立場から解説していきます。

席順のマナーの基本

席順は“席次”とも言い、会合や儀式などで座る席の順番のことで、

一般的には入口から見ていちばん奥まった席が「上座」とされ、

社会的地位の高い人や年配者などが座ります

これに対して上座の反対側が末席となり、「下座」と言います。

葬儀における上座

これを葬儀の場合で考えてみましょう。

葬祭会館などで行う場合、

入り口からいちばん奥まったところに祭壇をしつらえ棺を安置することが多いので、

実際のところ奥側が上座となるケースが多くなります。

しかし、葬儀の場合は奥だから上座というのではなく、

あくまでも“祭壇に近いところ”が上座となります。

特に、寺のように建物の構造上、本堂の仏像の位置が必ずしも奥にあるとは限りません。

祭壇は仏像の前に設けられますから、この場合も入口からの距離によらず、

祭壇に一番近い席が上座となるわけです。

また、横に並んで座る場合は、祭壇に近い中央が最上位の上座となり、

中央から遠くなるに従って順位は下がっていきます

なお、祭壇に向かって遺族・親戚は右側

友人・知人は左側になるように座っていくのが一般的です。

参列する人たちが不快に思わない席順を考えるように配慮していきましょう。

また、宗教・宗派や地域によっては席順のマナーに例外もありますから、

ご注意くださいね。

なお、上座に座るべき人であっても、

小さな子供を連れている、トイレが近い、などの理由があって

式を中座する可能性がある場合は、下座となる出入口付近に座っても構いません

上座に座る人とは

上座に座るべき人は、一般的には社会的地位が高い人や年配者が該当しますが、

葬儀の場合は喪主と世話役も上座に座ります。

葬儀の主役は故人ですから、

その人に血縁的・交流的に深い関係にある喪主と世話役が

それぞれの立場を代表して上座となるわけです。

また、故人の供養をする僧侶は参列者の席から離れ、

祭壇・棺に一番近いところに座りますので、別格と考えると良いでしょう。

わかりにくいのは、喪主・世話役以外の血縁者や友人・知人の中で、

どのように上座・下座を考えるべきかという点だと思います。

参列者の人数によっては、正中線で左右に分かれて座ることがありますが、

別れていてもいなくても、

前述のように祭壇の右側と左側には座る人の決まりがあります。

これらを踏まえ、次の点を基本に考えていくと良いでしょう。

遺族・親戚の席順

遺族・親戚などは祭壇に向かって右側に座るのが一般的です。

上座には、故人に血縁的に近い人を優先的に考えていきましょう。

いちばん上座に座るべき人は前述の通り喪主、喪主に配偶者がいれば右隣に座り、

さらに子供もいれば並んで座るのが一般的でしょう。

配偶者がいないときは、喪主の子どもや親が座ることが多いようです。

 
しかし、このあたりの席順は故人との関係によっても変わってくるので注意が必要です。

例えば、喪主の親が故人の場合、故人に配偶者がいれば喪主の隣に座るのは

“喪主の配偶者”ではなく“故人の配偶者”となることもあります。

また、喪主に複数の子どもがいる場合は、

長男・次男…長女・次女…と上座に近い方から座っていくケースと、

長男・長女・次男・次女…のように座っていくケースがあります。

さらに、嫁いだ女性がいる場合、嫁ぎ先との縁が優先されるため、

たとえ喪主の長女であったとしても上座への優先順位は下がるのが通例です。

反対に、喪主の息子に配偶者がいる場合

血のつながりはなくても優先順位は高くなります

また、三男であっても故人と同居していたなどの場合は上座なることもありますから、

席順については予め遺族・親族でよく話し合っておき、

当日はスムーズに着座できるように調整しておきましょう。

友人・知人の席順

遺族・親戚以外の参列者の席は、祭壇に向かって左側となります。

祭壇に一番近い上座に世話役代表が座りましょう。

世話役とは葬儀などを行うにあたって喪主や遺族をサポートする人のことで、

受付・会計・接待などの係があります。

葬儀の規模が大きくなるほど世話役の人数も増えるため、

喪主に代わって取りまとめるのが世話役代表というわけです。

世話役についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。
葬儀の「受付」を頼まれたときのマナーと対応について

代表以外の世話役は葬儀の最中や直前まで役目を担っていることが多いですから、

代表は上座でもそれ以外の人は出入りしやすい末席に座る方が良いでしょう。

 
世話役代表の左側には、

故人との縁の深い人や社会的地位の高い人が順次座っていくようにします。

故人が在職中に亡くなった場合や退職後の時間が経っていない場合は、

職場の上司や取締役などが上座近くになることが多いようです。

友人・知人については

故人との親交が深い人ほど上座に近いところに座るようにしましょう。

一方、故人が高齢の場合、参列者は遺族・親戚が中心となり、

友人・知人の割合は少なくなります。

親戚の人数が多い時は世話役代表の隣や後方に座り、

その後ろに友人・知人が座ることもありますので、注意しましょう。

座る席がわからないときは…

故人の親戚でも血のつながりがない場合、

他の親戚関係をよく知らないということも少なくありません。

喪主や親しい親戚、葬儀社などにどこに座ればよいのか尋ねてみましょう

わからなければ、とりあえず祭壇右側の下座に席を取り、様子を見てみましょう。

 
また、葬儀の連絡を受けたものの、

故人や遺族との付き合いが深くなかったという場合も、

どこに座ればいいのかわからないことがありますね。

会場の受付で聞くと、どちら側が友人・知人席なのか教えてくれるので、

よくわからなければ下座の辺りに座って様子を見てみましょう

会場に案内係がいる場合は、座るべき位置に誘導してもらえますよ。

 
なお、式の開始の時間が迫っても前の方の席が空いている場合は、

移動してあげる方が親切です。

座席中央部の空席は意外と目立つので、

会場が閑散として淋しい印象を与えてしまいますから、詰めて座ると良いでしょう。

席順を決める理由

では、なぜこのように座る場所を決める必要があるのでしょうか?

1つは、故人との関係性や社会的地位の高さが誰から見てもわかるようにするためです。

これは家長制度や年功序列に重きをおく

日本独特の考えから派生していると考えられますね。

もう1つは、この席の順番がそのまま葬儀における焼香の順番となる点です。

焼香の時に祭壇に向かう人、席に戻る人の動線が乱れないよう、

予めその順に着席しておくということです。

式が滞りなく進むような配慮もあるわけですね。

席順の具体例

それでは、通夜、葬儀・告別式、法要(法事)の席順の例を見ていきましょう。

式のスタイルや弔問客の人数によっては変わることもありますので、ご注意くださいね。

なお、式の流れについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。
葬儀や通夜、告別式のマナーについて

通夜では

通夜は本来、遺族・親戚のみで行われ、友人・知人は告別式に出席するものでした。

しかし、夕方または夜に行われるという通夜の時間帯が、

働く人にとっては日中に行われる告別式よりも参列しやすいこともあり、

現在では通夜の出席者が増加する傾向にあります。

そのため、通夜でも友人・知人の席を設けておくことが一般的になっていますので、

この場合の席順をイメージしておくと良いでしょう。

通夜の席順

喪主・遺族側は参列者のおよその人数を把握して、席順を決めておきましょう。

これには席順だけでなく、会葬礼状や通夜振る舞いなどの準備にも関係しますから、

早めに予測をたてる必要があります。

特に、社会的地位が高い人には関連部署に直接訃報を伝えていると思いますので、

その際に誰が出席するのか聞いておくと良いでしょう。

その上で、必要な数の席を祭壇左側の上座に取っておくようにします。

 
一方、参列する側は式が始まる15~30分前には式場に到着するようにして、

受付で記帳を済ませ、香典を渡しておきましょう。

当日、式場へ行ってみないと祭壇と座席の位置関係がわからないので、

早めに着いていると安心です。

故人との関係性が同じ知り合いがいれば、一緒に着座しても良いでしょう。

受付の人にどの辺りに座ればよいか尋ねてみてもいいですね。

喪主側からの案内が無ければ、

基本的には先着順に前方・祭壇側から詰めて座っていけば問題ありませんが、

上司などが来ていればその人よりも下座になるように席を取りましょう。

焼香は喪主・遺族・親戚が終わってから、

世話役代表・上座の友人・知人へと順番が回ってきます。

一般弔問客は右隣の人が終わったら、続けて焼香していきましょう。

葬儀・告別式では

本来、葬儀と告別式は別のものですが、

最近では続けて行ったり区別しなかったりする方が一般的になっています。

このため、葬儀も告別式も同じ席順であるのが普通です。

どちらも日中に行われるため、友人・知人などで仕事をしている人は、

通夜へ出席することが多くなっているようです。

しかし、勤めている人でも会社の代表として公的に参列する場合は、

告別式に出席することも少なくありません。

このような人は故人の上司などの立場であることが多いため、

上座を用意しておく方が良いでしょう。

葬儀・告別式の席順

喪主・遺族・親戚は参列者よりも早く着座して式が始まるのを待ちましょう。

席順の決め方は通夜と同様です。

ただし、葬儀・告別式のときは祭壇・棺に向かって座るのではなく、

参列者に向かって礼ができるように

正中線で遺族・親戚と友人・知人が向かい合うように座ることがあります

ところが、このような配置の場合に1列目祭壇近くから順に座っていくと、

前列左端の人は2列目右端の人よりも祭壇から遠くなってしまいますね。

このため、喪主とその家族以外の遺族・親戚は

2列目ですが祭壇に近いところに座るというケースも見られます。

できるだけ故人の近くで見送りたいという思いを優先して、

臨機応変に席を決めるのも良いでしょう。

 
一方、一般弔問客は通夜同様に早めに到着して受付で記帳を済ませ、

香典を渡しておきましょう。

規模が大きい式の場合は、一般弔問客用の焼香台が別に用意され、

祭壇前の席よりも後方に置かれていることがあります

この場合、上座はこの焼香台より前にある友人・知人席となり、

焼香台よりも後ろにある席が一般弔問客用の席となりますから、注意してくださいね。

法要では

通夜や告別式などと異なり、初七日法要以降の

一周忌・三回忌などの席では一般参列者はずっと少なくなります。

故人と深い交流のあった友人が出席する程度で、

遺族・親戚のみといったケースも少なくありません。

また、法要は前もって案内をすることが多いので、

出席者の人数もほぼ把握できますから、席順もイメージしやすいでしょう。

法要でも焼香しますので、席はこの順を考えて決めておくと良いでしょう。

 
ただし、葬儀・告別式と同日に行われることが多い初七日法要は

比較的友人・知人でも出席する人が比較的多くなります

席順の基本は通夜や告別式と同じですから、

祭壇近くに喪主(出席していれば世話役代表)、

遺族・親戚、友人・知人と座っていきましょう。

会食の席では

弔事にまつわる会食には、

  • 通夜後の「通夜振る舞い」
  • 初七日後の「精進落とし」
  • 法要後の食事一般「お斎(おとき)」

などがあり、“お斎”はこれらの食事の一般的な呼び方で、

“お清め”ということもあります。

故人の訃報の直後に行われる初七日法要までは出席者が多めですが、

それ以降の法要ではかなり少なくなりますし、

前述の通り人数も把握しやすくなるでしょう。

いずれの場合も法要を行った会場とは別の部屋や場所で行われることが多いため、

新たに席を設けることになります。

共通して言えるのは、僧侶が出席する場合は必ず最上位の上座に通すという点です。

隣には喪主、近くに遺族が座り、僧侶を接待するようにしましょう。

他の出席者は、故人との関係が深い順に上座から着席してもらうようにします。

通夜振る舞いや精進落としの席では、出席者が多い上に喪主は多忙であるため、

世話役代表に対応をお願いすると良いでしょう。

予定していた人が来ない・来たときの対応

弔事は急に訪れるものですが、

参列客にも予測できない事態が起こり急に欠席することは十分にあり得ます。

しかし、上座を用意するほどの人であれば、

良識的に考えても欠席の連絡をもらえる可能性は高いでしょう。

その場合は空席にせず、席を詰めて座ってもらえるように席次を変更しておきましょう。

葬儀社や世話役に欠席を伝え、案内係や受付係にも知らせておいてもらうと万全です。

料理は欠席の連絡が入ったタイミングによってキャンセル可能なこともあるので、

葬儀社に確認してもらうと良いですね。

ただし、本人は欠席であっても代理を立ててくれたり、

同行者に香典を託してくれていたりする可能性もありますから、

会葬礼状や返礼品は念のため準備しておくことをおすすめします。

上座を用意していた人の代理人も同等の社会的地位にある場合は、

そのまま用意していた上座に案内すると良いでしょう。

しかし、代理人が秘書や部下の場合は、一般参列者の方に回ってもらう場合もあります

上座の他の人とのバランスを考えて決めるようにしましょう。