香典の入れ方は?金額や袋、連名などマナーについて

通夜や告別式など弔問するときに持参する「香典」。

でも、宗教や故人との関係性によって不祝儀袋や金額に違いがあるので、

迷ってしまう人も多いことでしょう。

また、お金の正しい入れ方や連名の書き方、郵送してもいいのかなどのマナーもあって、

間違えると遺族に失礼になることもありますよね。

ここでは、香典にまつわる様々な悩みについて、

宗教による違いを踏まえてわかりやすく解説しています。

香典とは

仏教において、香には周囲を浄化する作用があると考えられてきました。

このため、儀式などで香を焚くことが多く、

弔いの儀式である“葬式”などでも霊前に香を供える風習があります。

また、弔事のときは「香を絶やしてはならない」ともいいます。

これには諸説ありますが、邪気を払うほかにも

「天へと上る煙によって死者を浄土へと導く」「浄土へたどり着くまでの食事」

といった意味合いがあるようです。

このため、地域にもよりますが、特に四十九日までは香を大量に必要とするため、

昔は供え物として香を持参し弔問していたのです。

しかし、現在では夜通し香を焚く風習はなくなり、

香以外にも葬儀に必要な出費が多くあるため、

それを賄うための“現金”を持参するようになりました。

これが「香典」です。

ですから、通夜・葬儀・告別式だけでなく、

その後に行われる法要のときも香典を持参するのがマナーです。

香典の種類

前項で述べた香典の“本来の意味”からもわかるように、

元来は仏教だけで行われていたものです。

しかし、日本人の多くが仏式で葬儀を行うため、

他の宗教でも香典を持参する風習が取り入れられていきました

日本古来の宗教である「神道」だけでなく、

外来の「キリスト教」でも日本では現金を包んで持参するのがマナーになっています。

仏教以外の宗教において「香典」と呼ぶのは適切ではありませんが、

ここではこの表現に統一し、香典の表書きの種類について説明していきたいと思います。

表に簡潔にまとめましたが、細かいマナーなどもありますので、

各項の説明と併せてご覧ください。

 

《 香典の表書きの種類 》
種類宗教 注意事項
御霊前仏教(浄土真宗を除く)
神道
キリスト教(プロテスタントは不可)
仏教では四十九日より前
御仏前 仏教 四十九日以降
御香典 仏教時期を問わない
御玉串料 神道時期を問わない
御花料 キリスト教時期を問わない

御霊前と御仏前

まずは、間違いやすい「御霊前」と「御仏前」の違いを知っておきましょう。

仏教では死者の魂を“霊”と呼び、霊が六道のどこに転生されるのか(六道輪廻)の裁きが

初七日”を初めに7日ごとに行われるとされています。

この最後の裁きが行われるのが7回目にあたる“四十九日(中陰)”で、

遺族はそれまでの期間に香や供物を供えたり法要を行ったりして、

故人の霊が輪廻の苦界から解き放たれ、

あの世(極楽浄土)へ行けるように祈るわけです。

このため、あの世へと旅立つ四十九日より前は“霊”の状態で、

四十九日以降は“仏”と考えるので、

四十九日前なら「御霊前」、

四十九日以降の法要(一周忌、三回忌など)なら「御仏前」とするのが通例です。

 
ただし、国内の仏教徒の中で最も信者が多いとされる『浄土真宗』では

“臨終と同時に極楽浄土に往生する”という既得往生の教えがあるため、

霊としての存在期間がありません

したがって、浄土真宗では御霊前を用いず、四十九日前でも「御仏前」を使いましょう。

なお、「御霊前」は神道、キリスト教でも用いることができますが、

それぞれに適した表書きがありますので、

できれば専用の表書きを使うようにしましょう。

 
現金を包む袋は、不祝儀袋(黒白または双銀で結び切りの水引)を用いましょう。

ただし、蓮の花があしらわれたものは仏教専用、

ユリの花や十字架はキリスト教専用ですから、気をつけてくださいね。

御香典

香を供えるという風習に基づいた表書きである「御香典」は

仏教の宗派も時期も問わずに使えます

しかし、香を供えない神道やキリスト教には使えないので、注意しましょう。

御玉串料

神式の通夜や葬儀などの儀式では、“玉串奉奠(たまぐしほうてん)”が行われます。

これは仏式での焼香にあたるものなので、

参列者は「御玉串料」として現金を持参するのが習わしです。

神道では、通夜や葬儀の時だけでなく、

その後の法要の時も表書きは「お玉串料」となります。

一般的な不祝儀袋も使いますが、正式には神道専用の真っ白な水引を用います。

御花(おはな)料

もともとキリスト教では香典を渡す習慣はありませんが、

日本では「御花料」として現金を包んで渡します

仏教では香の代わりとしての香典ですが、

キリスト教ではお供えする花の代わりに…という思いが込められています。

しかし、偶像崇拝を禁止する厳格なカトリックでは供花を断られるケースもあるため、

生花を送るよりも御花料として喪主に渡す方が安心かもしれませんね。

同様の理由から表書きは「御供花料」ではなく、

単に「御花料」とした方が良いでしょう。

 
キリスト教式では通夜・葬儀・告別式だけでなく、

その後の追悼の儀などいずれの場合も「御花料」として持参します。

お金を包む袋は一般的な不祝儀袋のほか、

白い封筒で無地のもの、ユリの花・十字架があしらわれたものなどが用いられます。

ただし、蓮の花は仏式用ですので、使わないようにしましょう。

御供花(おくげ)料

仏式において、香典とは別に供花代を渡したいときに使います。

「御花料」でも使えますが、ユリや十字架があしらわれたものはキリスト教専用です。

包む際には、不祝儀袋か白い無地の封筒に表書きして使いましょう。

香典でそれなりの金額を包み、その上で少額を御供花料として包むのであれば、

不祝儀袋を使うと中身と釣り合いがとれず、失礼になってしまいます。

このような場合は白無地の封筒の方が適切でしょう。

御供物(おくもつ)料・御供(おそなえ)

御供物料」や「御供」とは、

お供えする線香・菓子・酒・果物などを持参する代わりに現金を包んだものです。

御供花料と同じように香典とは別に渡しますが、必ずしも用意する必要はありませんし、

地域によっては現金ではなく品物を持参し、後で分け合う風習の所もあります。

友人・知人なら知らなくても問題ありませんが、

親戚関係の場合はマナー違反にならないように気をつけたいですね。

持参する際は一般的な不祝儀袋か白無地の封筒を用いますが、

少額の場合は封筒の方が中身との釣り合いが取れます。

迷ったとき・故人が無宗教のとき

表書きは宗教や時期によって適切なものを選ぶのがマナーではありますが、

色々な表書きがあるので迷ってしまうかもしれませんね。

そんなときは宗教だけ意識して、次の表書きを選ぶと良いでしょう。

   仏教 : 「御香典」
   神道 : 「御玉串料」
   キリスト教 : 「御花料」

 
また、故人が無宗教なので上記のいずれにも該当しないという場合や

自由葬の場合もありますね。

このような時は

   「御霊前」
   「御供花料」
   「志」

のいずれかを表書きにするのが良いと言われています。

死者の魂を霊と呼び「御霊前」とすることは、

先方が無神論者であったとしても失礼には当たりませんし、

お花をお供えしたいという気持ちや故人を偲ぶ気持ちを

「御供花料」・「志」として表すこともマナー違反にはなりません。

香典には故人への思いや遺族の負担を軽くしたいという気持ちが込められていますので、

何らかの形で持参すると良いと思います。

金額の相場と袋の選び方

香典として持参する金額は、故人との血縁や関係の深さ

社会的地位の上下関係などで異なってきます。

明確な金額は定まっていませんが、一般的な相場について表にまとめましたので、

目安にしてくださいね。

なお、自分の年齢が高くなるほど包む金額が多く、若い人ほど少ない傾向があります。

すでに先方から不祝儀を受け取っているのであれば、

その金額を目安にするのも良いでしょう。

 

《 香典の金額の目安 》
贈る相手(故人)相場の目安(円)
5万~10万円
兄弟・姉妹 5万~10万円
祖父母1万~3万円
叔父・叔母(父方・母方とも)1万~3万円
甥・姪 3万~5万円
友人・知人3千~3万円
ご近所3千~1万円
職場関係5千~1万円

 
また、香典を入れる袋を選ぶときは、

中に入れる金額と釣り合いが取れていることも大切です。

特に、少額なのに袋だけ豪華というのはマナー違反になりますから、

表の相場を参考に用意してくださいね。

地域による違いはありますが、一般的には次のように選ぶのが良いとされています。

 

《 不祝儀袋の選び方の目安 》
金額袋の目安
千円~5千円水引や表書きが印刷されている
封筒や不祝儀袋
1万円~3万円水引付きの不祝儀袋
5万円以上紙の部分が和紙など高級感がある
水引付きの不祝儀袋
(厚みがあっても入れられる)

最近の不祝儀袋の包装には入れる金額の目安が書かれているものも多いので、

参考にしてもいいですね。

 
また、入れるお札は同じ種類のもの(千円札なら千円札のみ、

一万円札なら一万円札のみ)を入れた方が良く、

2以外の偶数枚数で入れない方が良いでしょう。

ただし、奇数でも「9」は“苦”を連想させるので、避けた方が無難です。

例えば、一万円未満の場合は、千円、二千円、三千円、五千円は問題ありませんが、

六千円~九千円は常識的ではありませんので避けることをおすすめします。

一万円以上は7万円という金額も問題ありません。

もしも“1万円では少ないし2万円では多い気がする”というような場合は、

御香典として1万円包み、

それとは別に御供花料や御供物料として3千円ないし5千円包むと良いでしょう。

表書き・裏書き・中袋の書き方

不祝儀袋を用意したら表書き・裏書きなど必要なことを書きましょう。

記入する目的は、遺族側が上包みと中袋を別々にしても

誰からもらった物かわかるようにするためです。

ですから、上包みだけでなく中袋にも氏名を忘れずに記入しましょう。

また、弔事には親戚が集まるため、

名字だけでなくフルネームで記入するようにしてください。

ここでは一般的な書き方を紹介しますが、地域によって異なることもありますので、

その場合は地域の風習に従って記入するようにしてくださいね。

筆記用具

まずは筆記用具を用意しましょう。

表書きには筆や筆ペンなどの毛筆を使いますが、

正式には通夜、葬儀・告別式、初七日までは薄墨にし、

以降は普通の濃さの墨を使うのがマナーです。

サインペンなど太めの線が書けるものであれば代用できるとも言いますが、

書くときは便利でも、受け取る側から見れば失礼と捉える人も多いのが実情です。

不祝儀袋を用意するときに、一緒に筆ペンを購入することをおすすめします。

筆と墨で書くのがいちばんではありますが、

頻繁に使うものではありませんから、100円ショップの筆ペンでも十分ですよ。

自分で薄墨を作る場合は、薄くなり過ぎないように気をつけてください。

 
また、裏書や中袋に書く住所や氏名(フルネーム)は小さく書くことが多いため、

こちらは万年筆(なければサインペン)でも大丈夫です。

でも、多くの筆ペンが太筆・細筆の両用になっていますので、

細い方で書くのが良いでしょう。

ただし中袋の表に金額を書く場合は太い筆が適しています。

以下の各項も併せてご覧ください。

表書き

まずは御霊前・御仏前・お花料などといった「表書き」を書きましょう。

最近は不祝儀袋に複数の表書きが印刷された短冊が入っているものもあるので、

この場合は印刷された文字の濃さに合わせて名前だけ記入します。

どちらも中央に書きますが、袋の上下に一文字分のスペースを設け、

水引の位置よりも表書きが上、氏名が下に来るように配置しましょう。

氏名は少し小さめに書く方がバランスよく見えますよ。

香典の表書きの例

夫婦で贈る場合は夫の氏名のみか、妻との連名のどちらでも問題ありません

夫の代理で妻が参列するときは、夫の氏名を中央に書き、その左下に「内」と添えます。

会社名を入れる場合でも氏名が中央にくるようにし、

社名は少し小さい文字で右上に配置します。

 
夫婦・同僚などで連名にする場合は3人程度であれば一番目上の人を中央に書き、

その左側に名を連ねていくのが正式な書き方ですが、

不祝儀袋に付属している短冊を用いる場合や、

人数が多いときは左右の人数がバランスよくなるように書きましょう。

また、連名にせず「○○一同」としたり、

代表者の名前とその左下に「外一同」としたりする方法もあります。

この場合は中袋の中に全員の住所・氏名と

それぞれの金額を書いた紙を入れるようにしましょう。

中袋

中袋の書き方

中袋には入れた金額、贈った人の住所・氏名を書き入れます。

最近は既に項目が印刷されたものも多いので、

その場合はその通りに記入しましょう。

なければ、中袋の表側に大きく金額、裏側に住所・氏名を縦書きで記入します。

金額は毛筆の太字、それ以外は毛筆の細字で書くと見栄えがよいのですが、

難しければ住所・氏名は万年筆で代用しても良いでしょう。

 
また、金額を書く時の数字ですが、

1・2・3…などの算用数字ではなく漢数字(旧字体)で書くのが正式です。

できるだけ次のように書きましょう。

 

《 数字の書き方 》
算用数字1235710100010000
漢数字(旧字体)仟(千)

例えば「3,000円」なら「参仟円(参千円)」、「10,000円」なら「壱萬円」、

「100,000円」なら「拾萬円」、「200,000円」なら「弐拾萬円」という具合です。

なお、単位の「円」は「圓」が旧字体になりますが、最近では「円」の方が一般的です。

金額の最後に「也」をつけるのはやめましょう。

また、横書きで金額を書き込む欄が設けられている場合は

算用数字のままで構いません。

裏書き

中袋があれば裏書は特に必要ありませんが、

中袋がない場合は、上包みを閉じた状態で裏側の左隅に住所と金額を縦書きします。

氏名は表側に書いてあるので、裏には必要ありません。

筆記用具は細筆、なければ万年筆などを用いましょう。

パソコン・スタンプの利用は?

字を書くのが苦手なので、表書きなどを書きたくないという人もいることでしょう。

最近は自宅で手軽に印刷できるため、

不祝儀袋の表書きをパソコンで作って印刷するという方法もあります。

また、毛筆風の書体で作られたスタンプも販売されています。

ただし、これらの利用については賛否両論あるのが現状です。

表書きが印刷された袋を使うのであれば、

氏名が印字であってもさほど抵抗感がないかもしれませんが、

受け取る側がどう感じるかはわかりません。

自分と故人・遺族との関係性や、先方の家風などから判断するのが良いでしょう。

いずれにせよ、弔問すれば受付係の前で芳名帳に記帳することにもなりますので、

不祝儀袋だけ印字にしても…という見方もあります。

 
個人的には、通夜や葬儀・告別式などには礼をつくすべきと考えるので、

たとえ字を書くのが苦手でも心を込めて書けばそれで良いように思います。

きれいな表書きで贈りたいという気持ちもわかりますが、

故人を偲びつつ一文字一文字書くことが供養につながるのではないでしょうか。

お金の入れ方と持参の仕方

ここではお金の入れ方や包み方、持参の方法を紹介していきましょう。

お金の入れ方

通常の不祝儀袋は中に入れる白い封筒(中袋または中包み)が付いていますので、

この中に紙幣の向きを揃えて入れます

ちなみに、新札は不幸を待って準備していたかのように受け取られるため、

古いお札を使いましょう。

新札しかない場合は一度折り目を付けてから、開いて入れます。

お札の表は肖像が描かれている側(二千円札では守礼門の図柄)なのでご注意ください。

お札を揃えたら中袋を裏返し、お札の表を上にして入れます

こうすると封筒とお札の表が逆になってしまいますが、

「顔を伏せる」=「悲しみの表現」となり、

葬儀会場の人も金額を確認しやすいので、マナー違反にはなりません。

お金の包み方

袋に書いた金額と中身が間違っていないことを確認したら、

上包みである不祝儀袋に入れましょう。

手順は次の通りです。

不祝儀袋の使い方の図解

不祝儀袋の使い方

  1. 水引を外して不祝儀袋を開き、中央に中袋の表が上になるようにして置きます。中袋がない場合はお札の表を上にして重ねて置きましょう。
  2. まず、不祝儀袋の右側を折り、次に左側を折ってその上に重ねます。
  3. 続いて下側を折り、上側をその上に重ねるように折ります。
  4. この状態で裏返し、水引を掛けます。真ん中よりもやや下で留めましょう。


不祝儀袋の裏側を見ると、上側の部分が覆いかぶさるようになっていますね。

これには“悲しみを受け流す”という意味が込められています。

逆に下側がいちばん上に重なっていると

“悲しみを受け止める=不幸がもう一度起こる”となって、

縁起が悪いことになり遺族に対してマナー違反です。

持参の方法と渡し方

不祝儀袋をそのままバッグなどに入れて持参するのは、

とても失礼なことです。

弔事であれば紺・グレー・紫などの地味な「袱紗」に包んで持参しましょう。

持っていなければ、小さな風呂敷や無地の地味なハンカチで代用してもいいですね。

包み方にも作法があるので、次の手順で行いましょう。

包み方の作法

  1. 袱紗に付いているツメが左側に来るように、ひし形に置きます。
  2. 不祝儀袋を中央よりやや右側に置き、袱紗の右側を折ります。
  3. 続いて下側、上側と折り、最後に左側を折って端を裏側に回し、ツメで留めます。


持参した香典は、通夜や葬儀・告別式の会場にある“受付”で

記帳するときに渡すのが一般的です。

渡す直前に袱紗を開き、手早く折りたたんで、

その上に相手が名前を読める向きで不祝儀袋を置き、差し出します。

受付がない場合は遺族に直接渡しますが、作法は同じです。

ただし、祭壇に直接供える場合は、

作法は同じですが香典の向きは名前が手前側(自分)から読めるように置きましょう

その他のマナー

最後に「いつまでに渡せばいいのか」「郵送でも失礼でないか」

「辞退されたときは?」など香典にまつわる疑問についてまとめておきましょう。

いつまでに渡す?

事情があって通夜や葬儀・告別式に参列できないこともあります。

また、後から訃報を聞いたということもあるでしょう。

この場合、遅くなってもさほど問題にはなりません

前述の通り、香典は故人や遺族に対する気持ちの表れですので、

後日弔問し、線香を上げさせてもらって、香典を渡すと良いでしょう。

 
時期については、一般的には

四十九日の法要が終わるまでに渡すのが礼儀とされています。

これを過ぎると遺族が“香典返し”の手配に入るため、

間に合わないと二度手間を掛けさせることになってしまうからです。

あらかじめ弔問できないとわかっているときは、

代理の人を立てるか、参列する人に預かってもらうという方法もあります。

 
逆に、訃報を聞いてすぐに香典を渡すのは良くありません

訃報を予測していたり待っていたりするような誤解を与えてしまうことになる

可能性があるからです。

遺族側も心の準備ができていない状態ですから、

金銭のやり取りはふさわしくないとも言えますね。

郵送でも良い?

遠方で不幸があったときや、前項のように弔問できないときは、

香典を郵送しても大丈夫です。

いつか弔問しようと思って日が経ってしまうより、

できるだけ早く弔意を届けた方がマナーにかなった対応といえるでしょう。

郵送する場合は必ず現金書留にし、自宅宛てに送りましょう

現金書留は本人でないと受け取れないため、葬儀場に送ると迷惑をかけてしまったり、

最悪受け取れなかったりというケースもあるからです。

できれば香典と一緒にお悔やみや弔問できないお詫びの手紙を入れると良いでしょう。

辞退されたら?

訃報を受けた時に「ご厚志辞退」といわれることがあります。

これは、香典、供物、供花をすべて受け取らないという意味ですから、

故人や遺族の意志を尊重して持参しないのがマナーです。

なお、「御供物、御供花を辞退」の場合は供花と供物は受け取りませんが、

香典は受け取ってもらえます

対応に悩んだ時は香典だけ用意して、受付の状況をみて判断すると良いでしょう。